小学生コース/小学生タブレットコース2年生学習Topic

【2年生】楽しく気軽に、理科・社会の土台作りを!

小学校低学年のうちから、自然や社会とのかかわりに関心をもってほしいもの。
今回は、小学生コースの「経験学習」、小学生タブレットコースの「みらいたんけん学習」で、理科・社会につながる学びを楽しむ方法をご紹介します。

小学生コース2年生の方へ

体験をとおして理科・社会の土台を育てる「経験学習」

「経験学習」は「生活科」のねらいをいかしつつ、「理科」「社会」へのつながりを強めたZ会オリジナルの教科です。
実際に体験したことは記憶に残りやすく、「体験したことがある」「ちょっと知っている」ということが、関連事項の理解や関連知識の習得を容易にし、お子さまの自信・やる気にもつながります
これらの経験が、低学年の今、好奇心や感性を育てるのみならず、3年生以降に理科・社会を学習する際の土台としていきてきます。

毎月多種多様なテーマを用意しているので、ぜひ先のテーマもチェックして、楽しみにお待ちください。

※体験テーマはこちらでご確認ください。毎月の『わくわくエブリスタディ けいけん』の裏表紙にも予告を掲載しています。

取り組みのコツをご紹介!

「経験学習」で困ったときは?

しかし、1年生のときと比べてやりたいことも増え、「経験学習」に取り組みにくくなってきてしまったというご家庭もあるでしょう。Z会によく寄せられる「経験学習」についてのお悩みの解消法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

材料が手に入らない

身近な素材を使った体験を多く掲載していますが、ご家庭の生活習慣や地域によっては手に入りにくい素材もあるようです。手に入りにくいと思われるものについては、『わくわくエブリスタディ けいけん』で代替品を紹介しています。
また、『わくわくエブリスタディ けいけん』裏表紙には、1年間のテーマとおもな準備物を掲載しているので、あらかじめ確認いただき、生活のなかで素材となりそうなものが出たとき捨てずにとっておいていただくと、当月慌てて用意せずにすみます。

取り組みの時間が取れない

「経験学習」にかかる時間は約2時間。なかなかまとまった時間が取れないという方もいらっしゃいます。その場合は、体験のうち一部にだけ取り組んでもかまいません。また、「理科のめ」「社会のめ」に目を通すだけでも気づきがあるでしょう。
どうしても当月内に取り組めなかった場合は、長期休みなど時間を取りやすいときにまとめて取り組むのもよいでしょう。「けいけんシート」は「提出目標日」を過ぎても、添削有効期限内であれば講評を記入してお返しします。有効期限は約1年。「けいけんシート」に記載していますので、ご確認ください。

「けいけんシート」の作文が書けない

「体験したときの様子や気持ちを先生に教えてあげようね」と、伝える相手を意識するように声をかけてみてください。作文に苦手意識がある場合は、先生に手紙を送るようなつもりで書くようにするとよいでしょう。いきなり文章を書くのではなく、事前に体験したときのことを鮮明に思い出すような会話をしておくと、表現しやすくなります。
また、文章は短くてもかまわないということをお子さまにお伝えください。担任指導者がお子さまの表現を丁寧に受け止め、よさを見いだしてほめるコメントや、体験をしたときのお子さまの思いや気づきなどを引き出す問いかけなどを添えてお返しいたしますので、まずは、お子さまが自分の力で表現した「けいけんシート」をご提出ください。

「経験学習」の発展方法

体験したあと、お子さまが「もっとやりたい」などと言うようであれば、ぜひその意欲を尊重してあげていただければと思います。まったく同じ体験を繰り返してもまた新たな発見があって興味深いものですが、視点を変えて体験したり、より深く調べたりするなど、発展させて取り組むのがおすすめです。

図書館・書店で調べる

図書館や書店で体験内容に関する本や図鑑を探して調べてみましょう。体験中に疑問に思ったことを書き留めておいて調べ学習に挑戦したり、調べて気づいたことと合わせて体験ノートを作成したりするのもよいでしょう。
保護者の方は、たとえば6月のテーマ「お天気はかせに なろう」であれば、教材内の「おうちのかたへ」の囲み記事などを参考に「テレビや新聞以外にお天気が載っているものは何かな?」など新たな視点を紹介したり、お子さまの疑問や発見を広げたりするようなお声がけをしていただければと思います。

もちろん、大人が何か特別に学ばせようとしなくても、お子さまは体験のなかで多くを感じ、学んでいます。それが言葉などのかたちで表に出ないこともありますが、そっと見守りながら、お子さまがとくに興味をもったことや疑問に思っていることを感じ取り「いつでも受け止めるよ」という姿勢で待つことが、お子さまが自分から学ぶ力をつける何よりの方法となるでしょう。

小学生タブレットコース2年生の方へ

今後の理科・社会学習のきっかけに! みらいたんけん学習「ちしき」

▲7月「音の ふしぎ」

学びのスタート期である低学年の今は、自然や社会とのかかわりに関心をもつことが重要です。理科(自然)・社会に関するさまざまな概念を理解していこうとするとき、それまでに得た知識が興味・関心や理解力のベースになります。つまり、低学年時にいろいろな知識に触れておくことが、3年生からの理科・社会の学習に向かう際の基礎体力となるのです。

小学生タブレットコースの「みらいたんけん学習」は、探求心を刺激する、Z会オリジナル教科。「ちしき」と「しこう」の2つの軸で学びます。今回は理科・社会の学習の土台になる「ちしき」をご紹介します。

知識を得る楽しさを実感。興味の幅が広がる!

「ちしき」は身近なテーマをスタート地点とし、視野を広げたり知識を得たりしたくなるような好奇心を育てるカリキュラムになっています。また、学習指導要領にとらわれないさまざまな内容に触れるので、興味の幅も広がります。

楽しく学んだ記憶が「学びのとっかかり」となって、この先の学習を助け、幅広い好奇心や探求心につながることでしょう。

 

楽しく学んでしっかり定着!

▲8月「夜の せかい ~まち~」

<じゅぎょう>

アニメーション、映像、音声、イラストをタップするしかけなど、目・耳・手を使いながら学習するので、文章だけでは理解が難しい内容も楽しく学ぶことができます。
また学習を進めながらスタンプを発見するしかけで、意欲的に学習に取り組むことができます。

▲6月「おやくだち 天気よほう」

<みらいたんけんレポート>

じゅぎょうのあとは、学習内容や自分の考えを表現する「みらいたんけんレポート」に取り組みます。
学習を振り返ることで、内容の定着をはかります。
保護者の方には、お子さまがレポートに取り組んだことをお知らせするメールが届くので、ぜひタブレットのアルバム画面でレポートを確認し、お子さまのがんばりをほめるお声がけをお願いします。
※提出課題ではありません。
※教材のデザイン・内容は変更する場合があります。

▲7月「音の ふしぎ」

<ひょうしょうじょう>

学習の最後には、学習完了を称える表彰状が表示されます。テーマに沿った表彰状なので、毎月の学習が楽しみになります。

来月の「学習Topic」(6月24日更新)では、夏の間の学習を効果的に進める計画術をご紹介します!

まだZ会員ではない方

おすすめ記事

【2年生】 学習に行き詰まりを感じたときの解決法【2年生】 学習に行き詰まりを感じたときの解決法

小学生コース/小学生タブレットコース2年生学習Topic

【2年生】 学習に行き詰まりを感じたときの解決法

【2年生向け】秋からの学習で差をつける!【2年生向け】秋からの学習で差をつける!

小学生コース/小学生タブレットコース2年生学習Topic

【2年生向け】秋からの学習で差をつける!

【2年生】夏のあいだにここだけは押さえたい! 復習ポイント【2年生】夏のあいだにここだけは押さえたい! 復習ポイント

小学生コース/小学生タブレットコース2年生学習Topic

【2年生】夏のあいだにここだけは押さえたい! 復習ポイント


Back to TOP

Back to
TOP