小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

提出課題をきちんと出すには?

4年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方など、学年に応じた学習情報をタイムリーにお届けします。
6月号では、通信教育にはつきもの(?)の「てんさく問題/提出課題をきちんと出せない」お悩みについて、解決のヒントをご紹介します。

提出課題を出せないときのパターン別解決法

春が終わり、あっという間に6月になりますね。緊張感が薄れるこの時期に気をつけたいのが、未提出の課題です。高学年になるとクラブ活動や委員会活動などがあり、学校も今までより忙しくなります。「4月号は新鮮な気持ちで喜んで取り組んだけれども、5・6月号は答案提出までたどり着けないかもしれない……」というご家庭もあるのではないでしょうか。今月はそんな「てんさく問題/提出課題」に関するお悩み解決法を、パターン別にご紹介します。

1.忙しくて手をつけられない! →細切れ時間を有効活用

やりたいことで忙しく、学習時間がとれずに答案が提出できない場合は、細かい空き時間を活用しましょう。実は子どもには、1日のうちで勉強に集中しやすい時間があります。それは朝食前、テレビの前、夕食前など、何かの「前」の時間です。時間に制限がかかるので、集中しやすいのです。Z会の「てんさく問題/提出課題」にかかる時間は、小学生コースの場合は30分、小学生タブレットコースの場合は15分ですから、そうした時間をうまく使いましょう。

2.わからない問題がある! →わからないところは教材や辞書を見てもOK

「てんさく問題/提出課題」はテストではありません。もし取り組んでみてわからなければ、教材や辞書などを見て調べて解いてもよいのです。大事なのは「自分で解答を作ってみる」「それを第三者に客観的に見てもらう」ということです。もし完璧主義のお子さまが「わからない問題があるから提出できない」と言う場合は、上記のようにアドバイスしてみてください。

3.まだ習っていない単元がある! →復習用にしてもOK

Z会の教材は、国語・英語以外はお通いの小学校で使用している教科書に沿った内容になっていますが、学校よりカリキュラムが進んでいる場合もあるでしょう。学校の授業進度や教科の得意・不得意によって、予習用・復習用を使い分けることができます。特に学校の授業進度にあわせて、まだ習っていない場合は予習として使えますし、学校で習うまで待って、その後に復習として取り組むこともできます。提出目標日より遅れてしまっても、添削の有効期限は1年間ありますから、お子さまのペースで提出してください。大切なのは、一定のペースを守って提出することであり、必ずしも提出目標日に間にあわせることではありません。

提出を「学習のきっかけ」にしよう

ここまでお読みになった方のなかには、「調べて答えを書いて、提出してもいいの? それって本当に勉強したことになるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。もちろん毎月の教材でしっかり学習し、そのうえで提出課題に取り組む、というのがZ会が推奨する学習サイクルです。しかし、「課題がたまっている状態」というのは、口には出さなくてもお子さまにとってはプレッシャーになっているはずです。そこで頭ごなしに「最初から全部自分でやりなさい!」と完璧を要求するのではなく、保護者の方が実現可能な方法を示してあげ、まずはお子さまに「提出はできた」という自信をもってもらいましょう。「きちんと提出課題を出す」という最低限の約束が守れるようになってから、そのほかの教材の学習にもつなげていき、最終的にはすべての教材をこなせるようになるとよいですね。「何が何でも提出さえできればよい」というわけではなく、提出を「学習のきっかけ」として利用してもらえればと思います。

1年分のたまった提出課題をすべて提出するのは大変ですが、今ならまだ少しだけがんばればだいじょうぶです。これまでの「てんさく問題/提出課題」は早めに片づけておきましょう!

小学生コースをご受講の方へお知らせ

7月号受講特典のお知らせ

受講特典として7月号では『感じたことを記録できる おたまじゃくし隊 読書メモ』をお届けします。
読み終わった感想や好きな一文、「おたまじゃくし隊からの質問」などの項目があり、楽しみながら読書の記録ができるZ会オリジナルのミニノートです。
読書後に感じたことを言葉にして記録することができます。新たな気づきがあるかもしれません。
夏休みの読書感想文の宿題などにもご活用ください。

※小学生コース4年生7月号をご受講の方に、7月号教材に同封してお届けします。

小学生タブレットコースをご受講の方へお知らせ

「保護者アプリ」もご活用ください

スマートフォンをお持ちの保護者の方は、「保護者アプリ」にてお子さまの学習の進捗を確認することができます。
「保護者アプリ」トップメニューから「学習の記録」をタップすると、毎月のお子さまの学習状況(教科ごとの取り組み状況、提出課題の得点、平均点)がわかります。
学習が順調な場合はほめ、滞っている様子があるようでしたら「Z会の学習は進んでる?」など声をかけてあげてください。
Z会員保護者の、「Z会保護者アプリ」フル活用の1日もぜひご覧ください。

※「Z会保護者アプリ」をご利用いただくには、対応のスマートフォンが必要です。詳しくはスタートセット同封の「かんたんログインガイド」をご覧ください。
※iPhoneの方は「App Store」、Androidスマートフォンの方は「Playストア」から、「Z会保護者アプリ」で検索のうえ、インストールしてください。
※保護者アプリの使用方法や各機能の使い方については、Z会小学生学習アプリ「使い方ガイド」をご覧ください。
*iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
*AndroidはGoogle LLCの商標または登録商標です。

次回の更新は6/24(木)です。「4年生・夏の学習の進め方」についてお伝えしますので、お楽しみに!

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

公立中高一貫校受検は考えていますか?公立中高一貫校受検は考えていますか?

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

公立中高一貫校受検は考えていますか?

5教科のよくあるつまずき解決法(4年生)5教科のよくあるつまずき解決法(4年生)

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

5教科のよくあるつまずき解決法(4年生)

高学年に向けた漢字の学習法高学年に向けた漢字の学習法

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

高学年に向けた漢字の学習法


Back to TOP

Back to
TOP