小学生コース/小学生タブレットコース1年生学習Topic

【1年生】 学習に行き詰まりを感じたら……

お子さまの入学から半年がたちました。基本的な生活習慣が整い、学校の宿題や習いごと、Z会のある生活スタイルができつつあるところでしょうか。
秋は夏の疲れが残っていたり、つまずきやすい重要単元が待っていたりと学習面での心配が増える時期。この時期に起こりやすい「ちょっとした行き詰まり」の解決法をご紹介します。

忙しくて取り組めない

お子さまも、おうちの方と同様に毎日お忙しいことでしょう。夏の疲れが残るこの時期はあまり無理をしないこと、お子さまご自身が楽しく学習を進めていくことが大事です。が、この時期の学習内容には重要単元も多いことから、学習時間もある程度は確保しておきたいですね。学校の進度と合わないなどで、一時的に提出が滞ってしまうことがあった場合も、1カ月の中で学習時間が確保できていれば、徐々に「Z会を毎月1回提出する(小学生コース1年生の方)」、「月末にはまとめテストに取り組む(小学生タブレットコース1年生の方)」といったサイクルが身についてきます。おうちの方もゆったりかまえて焦らず見守っていきましょう。

教材がたまってしまったら

「たまる」ことはおうちの方にとっても、お子さまにとっても負担に感じられることが多いようです。「負担感を早めに解消する」コツを伝授いたします。

小学生コースの方

まずは今の教材を優先して、前の月のものは時間の余裕がある日に取り組もう

たまったものを片づけてから今月分を、と思っていると、秋になってようやく整いつつある学習ペースまで崩してしまう場合があります。ひとまず現状のペースを守り、まずは、今月の教材に取り組むことを優先しましょう。やり残してしまったものは週末や長期休みに取り組む、苦手に感じ始めている部分だけ取り組むことにするなど決めて、お子さまの状況に合った工夫をしていただければと思います。

「てんさくもんだい」のみ取り組んでも、「提出目標日」以降に提出してもOK

低学年の段階では学校で習っていない単元を先に勉強することに抵抗を感じるお子さまもいらっしゃるでしょう。その場合は無理に先に進める必要はなく、習ったあとで復習として取り組んでご提出ください。

また、取り組む時間が十分に取れない場合は、『わくわくエブリスタディ』が終わっていなくても、「てんさくもんだい」に取り組んでみましょう。「てんさくもんだい」はその月の復習の内容ですので、まったく歯がたたないようなら『わくわくエブリスタディ』に戻りましょう。

「てんさくもんだい」は1教科からご提出いただけますし、それ以前の月のものも提出いただけます。また、努力賞ポイントもたまるので、次の励みになることでしょう。添削有効期限内までであれば、いつでも添削してお返しいたします。

※ 添削有効期限は「てんさくもんだい」の提出目標日の近くに記載しています。
※提出用の封筒は、毎月の教材に加え「スタートセット」で予備分をお送りしています。もし足りない場合はZ会員専用サイト「Z会MyPage」>「申込・変更手続き」>「再発送受付」からご請求いただけます。また、「てんさくもんだい」を二つ折りでお送りいただける大きさであれば、市販の封筒でご提出いただくこともできます。

答案はコミュニケーション

「てんさくもんだい」に答えを書いたあと、口頭で補足することは当然ながらできません。考えたことを紙に書いて伝えなくてはならないのが答案作成の難しさです。しかし、低学年のお子さまは、そこまで意識して取り組んでいただく必要はありません。

それでも、自身の書いた文字に対して担任指導者のコメントが返ってくるというコミュニケーションを重ねるなかで、「家族ではない『よその大人』に伝わるように表現するにはなんて書こうか」「文字は丁寧に書かなければ先生が読めないんだ」という感覚が、無理なく自然に身についてきます。

こうして培われた「答案作成力」が必ず将来の助けになります。

また、「けいけんシート」については絵や文の巧拙を評価するものではありません。お子さまが体験を通して気づき考えたことをふり返り、形に残すことに意味がありますので、気負うことなく取り組んでいただければと思います。

Z会の教材が難しくなってきたと感じたら......

これまでは、理解しきれていなくても感覚的に進められることもあったかと思いますが、秋からの重要単元ではそうはいかないものが出てきます。お子さまによっては、また保護者の方もイライラしてしまうことがあるかもしれません。しかし、まずは「ここからはそういうもの」なのだと親子で受け入れ、焦りすぎないことです。できる問題ばかりに取り組んでいても学力は伸びません。

お子さま一人で取り組む際に飛ばしてしまったり、解けなかったりする問題があれば、丸つけの際に気に留めておき、余裕のあるときに復習するようにしましょう。

小学生タブレットコースの方

まずは今の教材を優先して、前の月のものは時間の余裕がある日に取り組もう

たまったものを片づけてから今月分を、と思っていると、秋になってようやく整いつつある学習ペースまで崩してしまう場合があります。ひとまず現状のペースを守り、まずは、今月の教材に取り組むことを優先しましょう。やり残してしまったものは週末や長期休みに取り組む、苦手に感じ始めている部分だけ取り組むことにするなど決めて、お子さまの状況に合った工夫をしていただければと思います。

「まとめテスト」のみ取り組んでもOK

低学年の段階では学校で習っていないことを先に勉強することに抵抗を感じるお子さまもいらっしゃるでしょう。その場合は無理に先に進める必要はなく、習ったあとで復習としてお取り組みください

また、取り組む時間が十分に取れない場合は、その月の学習がすべて終わっていなくても、「まとめテスト」に取り組んでみましょう。「まとめテスト」はその月の復習の内容ですので、まったく歯がたたないようなら「じゅぎょう」に戻りましょう。

「まとめテスト」は国語のみ・算数のみでもお取り組みいただけますし、それ以前の月のものにもお取り組みいただけます。また、努力賞ポイントもたまるので、次の励みになることでしょう。

プラス学習の設定を見直しましょう

低学年のうちは、ひと月分の学習をその月のうちに終える習慣づけが大切です。もしも、お子さまにとって量が多いと感じる場合には、プラス学習の設定を「必要なし」にしてください。家庭学習は始まったばかり。ここで無理せず、まずは、お子さまが「ひと月分やり終えた!」という達成感を感じられるようにしましょう。
※プラス学習は、Z会員専用サイト「Z会MyPage」にて変更いただけます。
※プラス学習の設定を変更いただいた場合、変更内容は間に合う月の教材・カレンダーから反映されます。配信済みの教材・カレンダーには反映されませんのでご了承ください。

Z会の教材が難しくなってきたと感じたら......

これまでは、理解しきれていなくても感覚的に進められることもあったかと思います。秋からの重要単元ではそうはいかないものも出てきます。お子さまによっては、また保護者の方もイライラしてしまうことがあるかもしれません。しかし、まずは「ここからはそういうもの」なのだと親子で受け入れ、焦りすぎないことです。できる問題ばかりに取り組んでいても学力は伸びません。

お子さま一人で取り組む際にわからなかったり、まちがえたりした問題があれば、余裕のあるときに復習するようにしましょう。

来月の「学習Topic」(10月28日更新)では、習いごとと家庭学習の両立方法についてご紹介します!

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

【1年生向け】 秋から差がつく学習法【1年生向け】 秋から差がつく学習法

小学生コース/小学生タブレットコース1年生学習Topic

【1年生向け】 秋から差がつく学習法

【1年生】秋以降に備えるための復習ポイント【1年生】秋以降に備えるための復習ポイント

小学生コース/小学生タブレットコース1年生学習Topic

【1年生】秋以降に備えるための復習ポイント

【1年生】充実した夏にするための学習計画のコツ【1年生】充実した夏にするための学習計画のコツ

小学生コース/小学生タブレットコース1年生学習Topic

【1年生】充実した夏にするための学習計画のコツ


Back to TOP

Back to
TOP