中学受験コース3年生学習Topic

夏休みを効果的に使うために(1)

いつもより時間に余裕がある夏休みは、これまでの勉強のつまずきを解消したり、ふだんはなかなか取り組めない学習に取り組んだりするチャンスです。そこで、今回はお⼦さまが夏休みを有意義に過ごすための学習のコツについて説明します。この機会に、復習を習慣づけ、今後の学習をスムーズに進められるように準備をしましょう。

※今回の記事でご紹介している3年生の学習内容は、トータル指導プランをご受講いただいた場合のものです。

復習を習慣づける夏

夏は復習を習慣づけるチャンス

夏休みは、「あれもやりたい」「これもやりたい」と課題がいろいろ思い浮かびます。しかし、計画的に進めていかなくては、あっという間に時間が過ぎて、結局何もできなかったということも起こりがちです。せっかくの休みですから、時間を有効に使って、力を伸ばしたいもの。

そこで今年は「復習を習慣づける夏」をテーマに掲げ、今までの学習内容を振り返り、やり残したり、理解が不十分であったりする分野の復習に取り組んではいかがでしょうか。こうした勉強はどうしてもあと回しになりがちですが、今、学習している内容は、受験勉強の基礎となるとても大切なもの。今後、学年が上がるにつれて、日々の学習をこなしていくことで精いっぱいになり、理解が不十分な分野を一からじっくりと復習することが難しい場合も出てくることでしょう。不確かな理解による一つのつまずきが、あとの勉強に大きな影響を及ぼすことも考えられますので、とくに時間のある3・4年生ほど、夏のうちに「復習」を習慣づけておきたいものです。

やり残している教材はありませんか?

ふだんの学習が遅れている場合は、復習よりも先に遅れを取り戻すようにしましょう。多少の遅れであれば追いつくことが十分可能ですので、お子さまにそのことを伝えてやる気を引き出し、この夏休みを機に正しい学習サイクルに軌道修正するようにしましょう。そこで、まずは「てんさく問題」を提出しているかどうかを基準に考えていきます。
トータル指導プランの方は、提出していない「てんさく問題」がある場合は、それらを提出することを第一の目標にしてください。遅れている「エブリスタディ アドバンスト」にしっかりと取り組み、そのうえで「てんさく問題」を提出しましょう。まずは、夏の間に通常のカリキュラムに追いつくことを優先してください。

これまでの教材に取り組むことができたら、「復習」にも取り組むようにしていきましょう。効果的な復習の方法については、次回7月8日(木)の更新でご紹介します。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

3年生後半の学習のポイント3年生後半の学習のポイント

中学受験コース3年生学習Topic

3年生後半の学習のポイント

志望校・受験校を選ぶには志望校・受験校を選ぶには

中学受験コース3年生学習Topic

志望校・受験校を選ぶには

合同説明会の上手な使い方合同説明会の上手な使い方

中学受験コース3年生学習Topic

合同説明会の上手な使い方


Back to TOP

Back to
TOP