小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

学習サイクルを身につけよう

3年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方・保護者の方のかかわり方など、学年に応じた学習情報をタイムリーにお届けします。
今回は、学習効果を高める復習方法についてご紹介します。

皆さまのご家庭では、問題演習に取り組んだあと、どのようにしているでしょうか。まちがえた問題はどうしていますか?
一度解いた問題は、次に取り組んだときも、確実にできるようにしておきたいところです。そのために大切なのは、「しっかりと復習をすること」です。

小学生コースをご受講の方はこちら!

サイクルを身につけるなかで復習を

復習のメリット

学校の授業というものは、おおむね、以前に学習した内容を理解している、ということを前提に進んでいきます。難しいと感じる単元も、これまでに学習した内容に新しい知識・内容が上積みされたものです。この、「これまでに学習した内容」をしっかりと理解していれば、新しく難しい学習内容に取り組む際も、スムーズに理解することができます。
そのためには勉強したことをやりっぱなしにするのではなく、勉強した内容を見直す時間=復習の時間を設けましょう。具体的には、問題演習をし、まちがえた問題にしても、できた問題にしても、何度取り組んでも解けるようにするということが理想です。

  1. まずは、『エブリスタディ』に取り組み、しっかりと問題演習をする
  2. 『答えと考え方』を読みながら、丸つけをする
  3. 必要に応じて解き直しをする

以上のステップをこなせるようにしましょう。

『エブリスタディ』に取り組む

まずは、『エブリスタディ』に取り組みます。学習内容をきちんと定着させるために、練習問題までしっかりと解きましょう。『エブリスタディ』は学校の勉強の予習用としても復習用としても活用することができます。未習の内容については、無理をせず、学校で習ってから取り組んでもかまいません。

『答えと考え方』を読みながら、丸つけをする

問題を解き終えたあとは、なるべく早く丸つけをしましょう。

そのときに、『答えと考え方』の答えのところだけを見て丸つけをするのではなく、必ず解説も読むようにしましょう。まちがえた問題については「どうしてまちがえてしまったのか」、正解だった問題については「自分の考えた過程は正しかったか」ということを確認します。算数などでは、別の解き方についても説明していることがありますので、新しい知識も得られます。

さて、3年生の段階ですと、おうちの方が丸つけをされているご家庭も多いかもしれませんね。慣れていないうちはそれでかまいませんし、保護者の方に丸つけしてもらえるのを楽しみにしているお子さまもいらっしゃるでしょう。その場合もできればお子さまに丸つけしている様子を見せ、やり方を伝えるようにしてあげてください。

ただ、高学年で自学自習できるようにするためには、できるところから少しずつ自分で丸つけができるように練習していくことも大切です。記号選択問題などは比較的丸つけがしやすいので、お子さまに任せてみてはいかがでしょうか。お子さま一人で丸つけをするということには、「自分が理解できていないポイント」を自分で認識できるようになるというメリットがあります。丸つけをするには、自分の答えと模範解答を見比べることになりますし、まちがえた問題については「なぜまちがえたのだろうか」と疑問をもって解説を読む習慣がつきます。こうすることで、「自分が本当にわかっていなかったポイント」をしっかりと確認して復習することができますので、学習効果は大きくなります。

解き直しをする

最後のステップです。まちがえた問題、できたけれどあやふやだった、自信がなかった問題は、もう一度解き直すようにします。できれば、丸つけを行ったあと、すぐに解き直しをしましょう。そして次の学習回のときに、もう一度解けるかどうか確認します。

まちがえた問題を見返すことは、新しい問題に取り組むことに比べて、お子さまにとって少しつまらないことかもしれません。やる気の出ないお子さまもいらっしゃると思いますので、「勉強になったね。これで次からまちがえないですむね」など、温かい言葉をかけてあげるようにしてください。

少しずつ習慣づけをする

復習というのは、なかなか面倒な作業ですが、一度学習したことのある内容なので、それほど時間をかけずにできるものです。最初のうちは上手にできないかもしれませんが、少しずつ時間をかけて習慣づけていただきたいと思います。

小学生タブレットコースをご受講の方はこちら!

復習の習慣を身につけて、学力アップ!

小学生タブレットコース3年生が始まり2カ月が経とうとしていますが、お子さまの学習は順調でしょうか。初めはドキドキしながらタブレットを操作していたお子さまも、毎日の学習サイクルが確立されてくるころかと思います。 今月号では、タブレット学習での復習の仕方についてお伝えします。

小学生タブレットコース3年生の教材のしくみ

小学生タブレットコースの学習は、1回分の学習が要素ごとに「要点」→「確認問題」→「解き直し」の小さなサイクルに分かれているので、一つひとつの要素を確実に理解したうえで、学習を進めるようになっています。また、問題を解くとすぐに結果がわかり、問題に応じて解説も表示されるので、重要なポイントがしっかり確認できるようになっています。そして、「確認問題」のあとは、回全体の理解度を確認する「練習問題」に取り組みます。

まちがえた問題は解き直して、わからないを残さないようにしましょう

問題に取り組んだあとに表示される結果画面で、まちがえた問題を解き直すように促されるので、お子さまもスムーズに解き直しまで終えることができます。また、まちがえた問題を別の日に解き直したい場合には、学習画面・もくじ画面から該当する教材・学習回を選ぶことで取り組むこともできます。

▲すべて正解だった場合やまちがえた問題の解き直しが終わっている場合には、上記のようなメッセージが表示されます。

「学習診断レポート」で学習をふりかえる習慣をつけましょう

小学生タブレットコース3年生では、毎月24日ごろに「学習診断レポート」を配信します。これは、「まとめテスト」に取り組む目安のタイミング。お子さまが自身で、ひと月の途中で学習進捗や理解度を確認し、ふりかえる機会を設けています。はじめのうちは、「学習診断レポート」を十分に活用できないお子さまもいらっしゃるかもしれないので、保護者の方も一緒にご覧ください。「学習診断結果」のグラフに、3(★)がありましたら、その教科をよく理解できている証拠です。自信をもって「まとめテスト」に臨むように声をかけてあげてください。進捗状況が思わしくない場合や理解できていないところが多いときは、「カレンダー」で、お子さまと一緒に学習計画を見直したり、間違えた問題を解きなおすようお声がけください。

※「学習診断レポート」は 「Z会MyPage」 の「学習の記録」からもご確認いただけます。
▲「学習診断結果」
※配信された「学習診断レポート」を見て学習に遅れがある場合には、残り約1週間でどう今月の学習に取り組むか、お子さまと一緒に学習計画を見直すとよいでしょう。
▲「取り組み」

「理解度別ふりかえり問題」で理解の定着をはかります

ひと月の学習内容の総括として「まとめテスト」に取り組みます。取り組み後にすぐに自動採点され、解説が表示されるのでつまずきポイントをその場で確認できます。「まとめテスト」のあとには、「理解度別ふりかえり問題」に取り組みます。テスト結果に応じて異なるレベルの問題が出題されるので、苦手なところは確実につぶし、得意なところを伸ばせます。

自ら学ぶ意欲を育てる「とくべつ問題」

「もっと学習したい」というお子さまに、プラスの学習として取り組める「とくべつ問題」をご用意しています。追加で取り組むかどうかは自分で決めることができ、「今月はもう少しがんばってみよう」というお子さまの気持ちを後押し。通常の学習回で取り組む問題と少し傾向がちがった問題が出題されることもあるので、お子さまのやる気や挑戦心をくすぐり、自ら学ぶ意欲を育てます。「要点」→「確認問題」→「解き直し」という小さなステップで理解したあと、「練習問題」「まとめテスト」「理解度別ふりかえり問題」さらに、「とくべつ問題」でもそれぞれ「解き直し」のステップがあります。表示される問題を解いていく過程のなかに、こうしたふりかえりのプロセスが含まれているので、自然と理解が定着します。

次回の「学習Topic」は6/23(木)更新です。「3年生・夏の学習の進め方」についてお伝えする予定です。お楽しみに!

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

「夏休みとくべつ学習」で3年生前半の復習はバッチリ!「夏休みとくべつ学習」で3年生前半の復習はバッチリ!

小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

「夏休みとくべつ学習」で3年生前半の復習はバッチリ!

【3年生】夏の学習の進め方【3年生】夏の学習の進め方

小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

【3年生】夏の学習の進め方

学習に役立つZ会のサポートサービスのご紹介学習に役立つZ会のサポートサービスのご紹介

小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

学習に役立つZ会のサポートサービスのご紹介


Back to TOP

Back to
TOP