読者のひろば

1日の始まりは朝ごはん!

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「さぽナビ」読者の皆さまと一緒につくるページです。毎月のテーマにそったアンケートの結果や、皆さまから寄せられたおたよりを紹介していきます。子育てのお悩みに共感したり、ヒントをもらったり……。忙しい日々の息抜きに、ぜひご参加ください。

1日の始まりは朝ごはん!

ご入学、ご進級おめでとうございます。新しい学年がスタートしました。お子さまたちが新生活に慣れるまで、保護者の方も気持ちが落ち着かないことが多いですね。
さて、今回の「読者のひろば」は、3月14日~4月10日にかけて募集した、「朝ごはん」についてのアンケート結果をご紹介します。

 

 

朝ごはんのお悩みや工夫していること

  • 前の日に明日の朝何を食べたいか必ず聞いておきます。そうすると、朝から子どもの機嫌がよく、1日が楽しくスタートできます。面倒ですが、聞かずに作り、朝から険悪モードのまま学校に送り出すよりはいいので続けています。
    (兵庫県・2年・まるでぶ)


  • 息子(小1)は朝が弱いうえに、食べることにあまり興味がないので、朝食を食べさせることは赤ちゃんのころから苦労しています。それでいて、空腹になると機嫌が悪くなるため、しっかり食べさせないといけないので大変です。
    (東京都・1年・ET)

  • 平日はパターンを決めて手早く作っています。休日は『おじいちゃんとパン』という絵本のおいしそうなパンをまねして子どもと一緒に作ったりもします。
    (東京都・5年・リー&にゃお)

  • 朝は忙しいので子どもが自分で用意できるものと手順を整えておきます(パン、ハム、チーズ、バナナ、野菜ジュースなど)。子どもは起きて着替えたら自分で朝ごはんを用意して食べています。
    (東京都・3年・パパの帽子)

  • 家族全員で食べています。子どもが3人小学生なので朝早く食べてもらいたいのですが、1人が話し出すとみんなが話し始めます。時間ギリギリまでしゃべりながら食べがちなので、朝から「早くしなさーい!!」と怒ることになります。
    (愛知県・5年・モコちゃんママ)

  • 食べたがらないときは、無理に食べさせず、お腹がすくことを経験させています。テレビをみながらのごはんは時間がかかるので、消したり、録画したりしています。
    (福岡県・3年・みき)

  • 朝ごはんの時間帯に家族でこども新聞を読みながら記事を話題にしています。新1年生の次女が新聞を読むのが好きで、うれしい反面、新聞のせいで朝ごはんがまったく進みません。長女はさっさと食べて朝学をしているのですが、次女は朝学の習慣を定着させられるか、そもそも学校に間に合うのか心配です。
    (大阪府・2年・のららん)

  • 平日はあまり多くしすぎず早く食べられるようにしています。野菜は汁物に多めに入れています。下の子が1年生になりましたが、上の子ほど早く食べられないので小学校が始まってから間に合うか心配です。
    (東京都・2年・S)

オススメ朝ごはん

  • <残ったカレーのアレンジ>
    ①カレーの残りを水でのばしてネギ類と麺つゆと片栗粉を足して、カレー南蛮(そうめん、そば、うどん)にします。
    ②グラタン皿に、牛乳と混ぜたごはんの上にカレーをかけ、最後にとろけるチーズ二枚を広げて魚焼きグリルへ。カレーチーズドリアにします。
    <残りごはんアレンジ>
    シラスや鰹ぶしなどを混ぜてからおにぎり型にして冷凍。後日焼おにぎりにします。
    (神奈川県・4年・ららこ)


  • <お味噌汁>
    昆布と水を沸かし、沸騰したところに具を入れ、味噌をとかし、鰹節を砕いたものを最後に入れます。だしをきっちりとらなくても十分おいしい味噌汁になります。
    (石川県・1年・H)


  • <アレンジパン>
    食パンの中をくり抜き、バターをしいたフライパンで焼きます。くり抜いた部分に卵を落としてかきまぜて広げ、その上からスライスチーズをのせ、くり抜いたパンをはめます。
    (山口県・1年・なっち)

 

━ 編集部より ━

アンケートからは、主食は「ごはん」より「パン」を選んだ方が多く、お子さまが朝食にかける時間は「15~30分」が61%といちばん多い結果となりました。パンが多くなる理由として、お子さまが朝食はパンの方を好む、ごはんは食べるのに時間がかかるなどがありました。また、朝はしっかりと時間をかけて食べるようにしているご家庭が多いようです。

保護者の方たちの朝食の工夫としては、休日にゆでた野菜やおかずなどを冷凍しておく、オーブントースターとグリルを併用するなどの短時間で作る工夫や味噌汁やスープにたっぷりの野菜を入れたり、くだものを必ず用意したり、ごはんとパンを交互にしたりするなど、お子さまの食べやすさや栄養面を考えた工夫も聞かれました。忙しい朝ですが、朝ごはんは1日の始まりですね。ぜひ、これからもおすすめのメニューなどがありましたら、教えてください。

「さぽナビ」4月号編集後記

ご自身も小学生のお子さまをおもちの犬塚先生。教育心理学の知見を、ぜひ保護者の方にも広く知って活用してほしいとのことで今回ご登場くださいました。わが子のこととなると、つい感情的になってしまいがちですが、焦らず、子ども自身のメタ認知力を伸ばすかかわりを心がけたいもの。Z会は、「知識を得る→問題を解く→復習する」の黄金サイクルが自然に身につくシステムになっているので、ぜひご活用くださいね!(そう)

★「「わかったつもり」にならない学習習慣」はこちら★

 

今回のZOOM UP!では、絵本作家の宮西達也さんにお話をうかがいました。宮西さんの絵本は、読むと胸があたたかくなる名作ばかり。今回の取材を機に読み返してみたところ、子どものころに読んだときとは、ぜんぜん違う印象をもったことに驚きました。(りん)

★「絵本作家 宮西達也さん」はこちらから★

次回は5月9日(木)更新! 投稿に参加された方にはプレゼントも!

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「さぽナビ」読者の皆さまと一緒につくるページです。ぜひ投稿をお寄せください! 投稿していただいた方のなかから毎月抽選で5名様に図書カードをプレゼントいたします。

 ご投稿は★こちら★から

○今月のテーマ(募集期間:4/11~5/8)

今月募集するテーマは、「家庭学習いつやる? 時間はどれくらい?」です。お子さまが家庭学習に取り組む時間帯はいつですか? また1日どれくらい時間をかけていますか? 今回はお子さまの家庭学習について教えてください。

○フリートーク

お子さまのおもしろエピソード、子育ての悩み・工夫、オススメの本、ちょっとつぶやきたいこと、「さぽナビ」へのご意見などなど、内容はなんでもOK! 掲載された投稿に対する感想やアドバイスも大歓迎です。

※「読者のひろば」は毎月第2木曜日更新です。

 

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

家族で読書を楽しもう!家族で読書を楽しもう!

読者のひろば

家族で読書を楽しもう!

お子さまの話し相手は誰ですか?お子さまの話し相手は誰ですか?

読者のひろば

お子さまの話し相手は誰ですか?

夏のおすすめレジャー夏のおすすめレジャー

読者のひろば

夏のおすすめレジャー

Back to TOP

Back to
TOP