読者のひろば

子どもの好きな学校行事

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「Z-SQUARE」読者の皆さまと一緒につくるページです。毎月のテーマにそったアンケートの結果や、皆さまから寄せられたおたよりを紹介していきます。子育てのお悩みに共感したり、ヒントをもらったり……。忙しい日々の息抜きに、ぜひご参加ください。

子どもの好きな学校行事

新年度がスタートしました。4月になっても、新型コロナウィルスの不安は続いております。お子さまだけでなく、保護者の方も疲れやストレスがたまっていると感じることがあるのではないでしょうか。そんなときは、少しでもこの「読者のひろば」で一息ついていただけたら幸いです。

今年度も小学生の子育てをしている保護者の皆さまと一緒に、楽しいページを作っていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

今回のテーマは「子どもの好きな学校行事」です。3月12日~4月8日にかけて募集したアンケートの結果をお送りします。

 

学校行事にまつわるお子さまのエピソード

  • もとはとても走るのが遅く、ダンスもリズムにのれないようなタイプでしたが、1年生の運動会におたふく風邪で出られず、それがとても残念だったみたいです。運動会は年に1回しかないんだ‼ と心底思ったみたいで、2年生以降からは学校で練習が始まり出した頃から、各種目に目標を立てるようになりました。ダンスに使用される曲はYouTubeなどで繰り返し聴いて、歌えるようにしたり、休み時間に友だちと自主練をしたり、日々運動会に向けたトレーニングを意識しながら生活を送っています。とにかく全身で五感をフルに使って楽しんでいるなと感じました。
    (長野県・3年・こりさん)

  • 子どもは走ることが得意なので、それが発揮できる行事の前日はとてもわくわくするようで、して体力温存のため、いつも以上に早く寝ます。わたしが子どもの頃はドキドキしてなかなか眠れなかったので、スッと寝られる娘はうらやましいです。
    (兵庫県・3年・まち)

  • 学校行事は他学年の発表を見たり聞いたり、縦割り参加の場合も多く、子どもにとっても学年を超えて交流できるよい機会になっています。また、高学年になると行事に参加するだけでなく、裏方やお手伝いも増え、役割があることによって行事を終えたあとの達成感もより大きくなっているようです。
    (東京都・6年・ぱんだこぱんだ)

地域独特の学校行事のエピソード

  • 冬の厳寒のなかの「歩くスキーの集い」を毎年楽しみにしています。最低3キロ、高学年になると9キロ、高低のある雪原を滑りますが、気持ちのよい汗がかけるようです。何ごともやる気いっぱいの娘、緊張しつつもどの行事も一生懸命にやっています。
    (北海道・3年・雪の鳥)

  • 「かつしか郷土かるた大会」という行事があります。郷土にちなんだかるたを、3人1チームになってチームで取り合います。学校での予選に勝ち抜くと、地区予選大会、本戦と進みます。かるた大会に向けて、休み時間や放課後、お泊まり合宿までして、チームひとつになって練習する姿に感動します。
    (東京都・4年・ちいぱんまん)

フリートーク

「さぽナビ」読者の皆さまと分かちあいたい日常のエピソードをご紹介するコーナーです。

  • 野球が大好きな息子。ちょっと疲れて勉強がはかどらず、課題をためてしまい気乗りしないで取り組んでいたとき、急遽、午後から野球のグランド練習があるとの連絡が……。それを聞いたとたん、今日は一日かかっちゃうかも、と言っていた課題を2時間で終わらせて野球に行く! と張り切り出したので、「ニンジンぶらさげないとできないのかしら?」とつぶやいたら、「おかーさん、いやだなぁ。ボク、ニンジンなんて別に食べなくても勉強できるよ」と真顔……。おいおい。ニンジンって、そういう意味じゃないけど……。
    (埼玉県・その他・三児の母)

 

━ 編集部より ━

今回の「子どもの好きな学校行事」のアンケートの結果、「社会科見学などの校外学習」が1位でした。ふだん触れることのない工場・施設の見学や体験は、子どもにとって、とても興味深く楽しい行事のようです。
また、「運動会・体育大会系」や「文化祭・音楽発表会」は、友だちと協力して行う練習や準備が心に残る大切な時間であり、本番は緊張しつつも、終わったあとの達成感も大きいようですね。保護者の方にとっても、お子さまの成長を感じることができる楽しい行事の一つではないでしょうか。
これからの学校生活、いろいろな行事をとおしてお子さまは成長していくと思います。ぜひ、そのとき感じたことやお子さまの様子などを「読者のひろば」にお寄せください。

 

「Z-SQUARE」4月号編集後記

2020年度がスタートしました。今月の特集は「『学校』は何を学ぶところか」。2020年度は大学入試改革や新学習指導要領の施行など、教育が大きく変わる節目の年ですが、そもそも「学校」はどんな場所であるべきか、原点に立ち返って考えたいと思い企画しました。子どもたちの学校生活が、誰もが幸せに生きられる社会につながっていくよう願って☆(ゆ)

★特集「『学校』は何を学ぶところか」はこちら★

 

最近は外出が減り、自宅で読書をする時間が増えたご家庭も多いのではないでしょうか。「ブックトーク」では、お子さまだけでなく、大人の方にも読んでいただきたい本をご紹介しています。ぜひ、本選びの参考にしてください。今回ご紹介するのは『ひよこのかずはかぞえるな』です。

★『ひよこのかずはかぞえるな』はこちら★

次回は5月14日(木)更新! 投稿に参加された方にはプレゼントも!

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「Z-SQUARE」読者の皆さまと一緒につくるページです。ぜひ投稿をお寄せください! 投稿していただいた方のなかから毎月抽選で5名様に図書カードをプレゼントいたします。

 ご投稿は★こちら★から

○今月のテーマ(募集期間:4/9~5/13)

今月募集するテーマは「子どもの早寝早起き習慣」についてです。お子さまは早寝早起きが身についていますか? もう少し早く起きてくれたら朝の支度に余裕ができるのに、早く寝かせたいのに寝かせる時間が遅くなってしまう……。そんなふうに思うことはないでしょうか。
早寝早起きができなくて困っていることや、お子さまが早寝早起きできるようになったオススメの方法、生活のリズムが崩れないような家庭内での工夫など、エピソードと一緒にぜひお聞かせください。

○フリートーク

お子さまのおもしろエピソード、子育ての悩み・工夫、オススメの本、ちょっとつぶやきたいことなど、内容はなんでもOK! 掲載された投稿に対する感想やアドバイスも大歓迎です。

※「読者のひろば」は毎月第2木曜日更新です。

 

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

子どもの早寝早起き習慣子どもの早寝早起き習慣

読者のひろば

子どもの早寝早起き習慣

思い出収納どうしていますか?思い出収納どうしていますか?

読者のひろば

思い出収納どうしていますか?

こんな生き物育ててます!こんな生き物育ててます!

読者のひろば

こんな生き物育ててます!


Back to TOP

Back to
TOP