読者のひろば

お子さまの憧れの人は誰ですか?

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「Z-SQUARE」読者の皆さまと一緒につくるページです。毎月のテーマにそったアンケートの結果や、皆さまから寄せられたおたよりを紹介していきます。子育てのお悩みに共感したり、ヒントをもらったり……。忙しい日々の息抜きに、ぜひご参加ください。

お子さまの憧れの人は誰ですか?

今月のテーマは「お子さまの憧れの人は誰ですか?」です。8月13日~9月9日にかけて募集したアンケートの結果をお送りします。

 

お子さまの憧れの人

藤井聡太八段

  • もともと将棋が好きで藤井八段には注目していましたが、最近の活躍は子どもにとってもグッとくるようです。将棋界の大人たちがこぞって伝説を語っていて、大学には進学せずただ将棋が強くなりたい等の藤井八段の言葉は小学生男子にとってどれもカッコイイ!!とのことです。
    (東京都・5年・きなこもか)

さかなクン

  • 生き物が好きな息子の憧れの人は、さかなクン。出演されるテレビは必ず見ますし、本も読みます。珍しい魚をわかりやすく解説してくれるし、魚だけでなく海という資源の大切さを伝えてくれるので、親であるわたしも大好きになりました。
    (福岡県・3年・みーこ)

坂本龍馬

  • 毎日2、3分ほどですが、音読をしていてそのなかに坂本龍馬の詠んだ歌がありました。そのときにこんな人物なんだよと写真を見せたら、スーパーヒーローみたいでかっこいいと興味を持ち出しました。スティックを腰に差して、坂本龍馬みたいと言ってスーパーヒーローごっこをしています。
    (アメリカ・1年・無名さん)

お父さん

  • パパはいろんなことができるから憧れているそうです。休日は勉強を教えてくれるし、ゲームも上手だし、クレーンゲームでは必ず何か取ってくれる。娘は何でもできるパパをヒーローみたいに感じているようです。
    (東京都・2年・M.M)

マリー・キュリー(キュリー夫人)

  • 伝記漫画をきっかけに女性科学者マリー・キュリーに憧れるようになった娘。研究に打ち込む姿がかっこいいそうです。偶然ですが母であるわたしも幼少期、キュリー夫人の伝記を読んで科学者になりたいと思っていました。わたしは結局科学者にはなりませんでしたが、ノーベル賞を取りたいという娘の大きな夢を応援したいです。
    (神奈川県・4年・ししゃも母)

池江璃花子選手

  • 娘はプールが大好きで、一生懸命レッスンに通っています。そんななか、池江璃花子選手の強い心に感動したようです。あきらめず頑張る気持ちが大事だと思ったようです。
    (東京都・2年生・しろぶたさん)

お父さん

  • 消防団員をしています。消防士ではなく消防団。ふだんは別の仕事をしていて、火事が起きたときに出動します。火災予防週間に地域の見回りもします。仕事がお休みの日に訓練で家を空けることもありますが、地域のお祭りや行事のときに警戒をしたり、訓練している様子を見たりして、「かっこいい!」と感じているようです。ふだんの仕事はなかなか目にすることはできないけれど、消防団の活躍を見ることができて、「人の役に立つこと」「みんなのためにお仕事をする」ということを肌で感じることができているようです。
    (愛知県・2年・Y.I)

フィンセント・ファン・ゴッホ

  • 絵が好きでゴッホの画集をよく見ています。学習机の側には大きなヒマワリのポスターが飾ってあります。ゴッホの絵がきっかけで絵を描くことが好きになりました。
    (愛知県・5年生・四つ葉☆)

ウサイン・ボルト氏

  • 陸上のオリンピック選手であったウサイン・ボルトが憧れのようです。自身も数年間、陸上クラブに所属しているため、参考になる走り方やエピソードを様々な選手から探すうちに、ボルト氏の努力や自分の弱点を克服してきた姿に感銘を受けた様子です。体型の弱点となる部分と向き合い、ボルト氏が自ら編み出した解決法などを知るうちに、自分の克服したい点も熱心に研究していました。
    (神奈川県・5年生・SY)

 

━ 編集部より ━

身近な人から歴史上の人物まで、さまざまなお子さまの憧れの人を教えていただきました。共通していたことは、どんな分野でも一生懸命に打ち込んでいる人。そんな人は、子どもたちにとって輝いて見えて、憧れの存在になるようです。
9月に入っても暑い日が続いています。今年はいつもと違う夏を過ごされたご家庭も多いと思いますが、皆さまの夏の思い出などもぜひ教えてください。

 

「Z-SQUARE」9月号編集後記

今月の特集は、「子どもを伸ばす住まいづくり ~住み方を考えることは、子どもの育ちを考えること~」です。「子どもは住宅という空間を旅するノマド(遊牧民)のような存在」という先生の言葉に、勉強する場所を日々の気分で変えてみたり、親の本棚に未知の世界を感じたりしたことを思い出しました。小さい頃は家も広く感じましたね。住まいづくりのヒントに、ぜひご覧ください。(しろ)

★「子どもを伸ばす住まいづくり ~住み方を考えることは、子どもの育ちを考えること~」はこちら★

 

今月の「子どもと楽しむ料理の科学」は、「片栗粉と小麦粉の使い分け 唐揚げの衣に使うのはどっち?」です。最近、おいしい唐揚げを提供しているお店を見つけました。唐揚げは作るのが大変なので、スーパーやコンビニでできあがったものを購入することが多かったのですが、お店と同じくらいおいしいものが作れるなら、家でも作ってみたいと思いました。
記事のなかでは、鶏肉の唐揚げのレシピも紹介しています。ぜひ、お子さまと一緒に作ってください。(ミナミ)

★「子どもと楽しむ料理の科学 片栗粉と小麦粉の使い分け 唐揚げの衣に使うのはどっち?』」はこちら★

次回は10月8日(木)更新! 投稿に参加された方にはプレゼントも!

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「Z-SQUARE」読者の皆さまと一緒につくるページです。ぜひ投稿をお寄せください! 投稿していただいた方のなかから毎月抽選で5名様に図書カードをプレゼントいたします。

 ご投稿は★こちら★から

○今月のテーマ(募集期間:9/10~10/7)

今月募集するテーマは「子どもの気になる「癖」」です。保護者の方が気になっているお子さまの「癖」はありますか?思わず笑っちゃうような癖、機嫌が悪いときに出るサインなどお子さまの「癖」にまつわることを教えてください。

○フリートーク

お子さまのおもしろエピソード、子育ての悩み・工夫、オススメの本、ちょっとつぶやきたいことなど、内容はなんでもOK! 掲載された投稿に対する感想やアドバイスも大歓迎です。

※「読者のひろば」は毎月第2木曜日更新です。

 

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

子どもの気になる「癖」子どもの気になる「癖」

読者のひろば

子どもの気になる「癖」

家族に言われてうれしかった言葉家族に言われてうれしかった言葉

読者のひろば

家族に言われてうれしかった言葉

やってしまった……わたしの失敗やってしまった……わたしの失敗

読者のひろば

やってしまった……わたしの失敗


Back to TOP

Back to
TOP