読者のひろば

子どもの好きなおやつ

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「Z-SQUARE」読者の皆さまと一緒につくるページです。毎月のテーマにそったアンケートの結果や、皆さまから寄せられたおたよりを紹介していきます。子育てのお悩みに共感したり、ヒントをもらったり……。忙しい日々の息抜きに、ぜひご参加ください。

子どもの好きなおやつ

 

 

お子さまのおやつで工夫している点や気をつけていること

  • スポーツ系の習いごとのあとは、お腹が減っているのでお菓子ではなく、おにぎりかおもちをあげています。親子でハマったのは、夫方の実家から送られてくる芋けんぴ! わたしはもともと好きだったのですが、子どもはあまり食べないかと思いきや試しに出してみるとおいしい!と目を輝かせました。それから定番おやつになりました
    東京都・1年・ダヤン

  • おやつタイムは親も一緒に楽しんでいます。たくさん食べすぎないように、各自のお皿に取り分けて用意しています。時間があるときは、一緒に簡単なおやつを作ることもあります。
    (福岡県・2年・りょうこ

  • 小さい頃のおやつは、きゅうりやにんじんをぽりぽり食べていました。幼稚園に上がりお友だちの家でお菓子などをいただくようになり、家ではパンやポン菓子などに変化し、今は水泳を毎日しているので、おにぎりやおもちなどをよく食べています。給食で食べておいしかったというお米のムースが栄養もありそうなので、取り寄せて食べています。優しい味で、家族みんな大好きになりました。
    (奈良県・5年・hana

  • スイミングやサッカーなどの習いごとの前はガッツリしたおやつ、勉強などの頭を使ったあとは甘いおやつを食べたがります。洋菓子も好きですが、大福、だんご、あんみつ、わらび餅などに目がありません。甘いおやつが好きなので、砂糖の取りすぎにならないように、たまにはクッキー、パウンドケーキ、蒸しパン、あんこなどを作りおやつにします。
    (埼玉県・6年・まる

  • 夕飯でお肉を出しがちなので、小魚や小魚せんべいなどを買い置きして、おやつに出してます。
    (神奈川県・2年・ちろこ

  • みたらし団子をおやつにします。一緒に作ることで、作ると食べるの楽しみがあるようです。毎回粉を変えたり、豆腐を混ぜたり、みつを変えたりして、料理から食べるまでワクワクが続くような工夫をしています。
    (広島県・3年・utauta

  • 小さな籠の中に飴やグミ、マシュマロなどの軽めのおやつを、ドライフルーツ、ナッツは小瓶に入れて子どもたちが自分で自分のタイミングで食べてよいことにしてます。おせんべいやポテトチップスなどの大きな袋の物はみんながそろったときに出すようにしています。また、月に数回は手作りのおやつを作るようにしています。
    (東京都・4年・ひろmama

  • おやつに食べようとリンゴを置いておきました。しばらくして戻ると、きれいに芯以外を食べた残りが台所にちょこんと飾られていました。まさか丸ごと1個食べるとは思わなかったことと、自慢げに置いてあったことに、思わず吹き出しました。
    (埼玉県・3年・アオイ)

フリートーク

「Z-SQUARE」読者の皆さまとわかちあいたい日常のエピソードをご紹介するコーナーです。

  • 最近、すっかり大人びてきた息子を見ていて、心身ともに成長、自立していく姿がうれしくもあり、なんだか急に寂しくなります。「ママを抱っこして」と冗談で言ってみたら、サッとわたしの前に来て、「いいよ!持てるよ」と言って、重たそうにしてましたが。なんだか母として照れくさくなってしまうできごとでした。
    (千葉県・6年・シュガ)

  • 先日、子どもが習いごとから帰るときにたくさんの荷物を持って休憩しながら歩いている男性をみかけたそうです。子どもはかなり悩んだようですが、「どれか持ちましょうか?」と声をかけて運ぶのを手伝ったと誇らしげに帰宅しました。男性もかなり遠慮して迷いながらも快く手伝いを受け入れてくれたようです。子どもは、声をかけることが学校の授業で発表するより緊張した!と言っていました。それでも声をかけられたこと、そしてその勇気を汲んで手伝いを受け入れてくださったこと、どちらにも感動しました。
    (大阪府・5年・まほママ)

 

━ 編集部より ━

おやつは「毎日食べる」「ほぼ毎日食べる」を合わせると8割以上でした。食べすぎないように小分けになっているものにしたり、小皿に取り分けたりするなど、食べる量について気をつけているご家庭が目立ちました。なかには、お子さまが帰宅してから保護者の方も一緒におやつの時間を楽しんだり、ときにはお子さまとお菓子作りをしたりしているという声もありました。おやつは親子のコミュニケーションにもなるようですね。簡単にできるオススメのおやつなどがありましたら、ぜひ、教えてください。

 

「Z-SQUARE」2月号編集後記

今月の特集は「小学生の心は6年間でこう変わる 親として知っておきたい発達心理学」です。わたし自身小学生の子どもがいるので、今後の成長への期待や不安など、気になっていることを渡辺先生にいろいろ聞いてみました。思春期も反抗期も、結局日々の積み重ねの先にあるもの。これからどう子どもが変わっていくかを過度に恐れることなく、親子の時間を大切にしていけたらと思いました。ぜひご一読ください!(ふじ)

★「小学生の心は6年間でこう変わる 親として知っておきたい発達心理学」はこちら★

お菓子のレシピによく登場する「メレンゲ」。卵白を泡立てると、なぜふわふわのメレンゲができるのか、不思議に思ったことはありませんか? 今回の記事では、メレンゲができる仕組みを科学的に解説。また、メレンゲで作る簡単クッキーのレシピも紹介しています。お子さまと一緒に作れるレシピとなっていますので、ぜひ、ご覧ください。(ミナミ)

★「子どもと楽しむ料理の科学」はこちらから★

次回は3月11日(木)更新! 投稿に参加された方にはプレゼントも!

おたよりコーナー「読者のひろば」は、「Z-SQUARE」読者の皆さまと一緒につくるページです。ぜひ投稿をお寄せください! 投稿していただいた方のなかから毎月抽選で5名様に図書カードをプレゼントいたします。

 ご投稿は★こちら★から

○テーマ(募集期間:2/11~3/10)

今月募集するテーマは「家族で楽しむ趣味」です。皆さまのご家庭では、お子さまと一緒に楽しむ共通の趣味はありますか? スポーツ、読書、楽器の演奏、ハンドメイド、コレクション……。ささいなことでも、考えてみると家族で楽しんでいたり、夢中になっていたりすることがあるかもしれませんね。ご家庭のようすを教えてください。

○フリートーク

お子さまのおもしろエピソード、子育ての悩み・工夫、オススメの本、ちょっとつぶやきたいことなど、内容はなんでもOK! 掲載された投稿に対する感想やアドバイスも大歓迎です。

※「読者のひろば」は毎月第2木曜日更新です。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

子どものヘアスタイル事情子どものヘアスタイル事情

読者のひろば

子どものヘアスタイル事情

これって反抗期?と思うときこれって反抗期?と思うとき

読者のひろば

これって反抗期?と思うとき

SNSで情報発信していますか?SNSで情報発信していますか?

読者のひろば

SNSで情報発信していますか?


Back to TOP

Back to
TOP