学校向けオンライン英会話 導入事例02

授業の先に必ず実戦がある英語教育。実戦を見据えたオンライン英会話の活用

東京都
皇學館中学校
小林 誠治 先生

導入概要
・Active Discussion  中3  20回
・Mind Map Low Beginner / High Beginner 中3  20回
※英語は習熟度で講座を分けているため、講座の生徒にあわせて受講コースを変更。

取り組み概要
・地元にいても、将来必要になる英語(生活のための英語教育)
・授業の成果を試せる実戦実戦の場を用意し、生徒のモチベーションを維持
・ALTの授業とオンライン英会話はコミュニケーションの違いで使い分け

 

オンライン英会話の導入のきっかけ

オンライン英会話は5年ほど前から校内で導入しており、生徒たちの身近にグローバル化を感じる動きがありました。
皇學館中学校は観光地が程近く、お店を営んでいる保護者の方もいらっしゃいます。近年、外国人観光客が増えてきているため、「英語でのコミュニケーションの重要性を感じている」というお話を保護者から伺うことが多くなりました。子どもたちも身近に英語が必要な場面に触れるを見る機会が多いようで、将来、地元に残っても、世界で活躍するにしても、英語を「話す」「聞く」ということに優先順位をおいた英語指導を実践していく必要性があるなと感じました。そこで、ALTの授業や通常の授業だけではなかなか体験することが出来ない発話量を増やすことができるオンライン英会話の導入を決定しました。

 

授業での活用方法

 中学3年生は、週に7時間英語の授業があります。そのうち、2時間はALTの授業、5時間は日本人教員の授業となっており、日本人教員の5時間のうち、1時間をオンライン英会話の授業としています。中学1・2年生はGrammarベースの他社オンライン英会話を活用していますが、中学3年生のS講座とα講座(英語は習熟度に分けて授業を実施)の生徒は修学旅行とガイドツアー、総合的な学習の時間を見越してコースやトピックを選んでいます。

 修学旅行では、シンガポールとマレーシアに訪問しており(コロナ禍の前)、シンガポールでは、現地で活躍する日本人からお話を伺い、シンガポール大学の学生に町をガイドしてもらいます。マレーシアに移動してからはホームステイ形式で村の生活を体験します。この修学旅行にむけてオンライン英会話では事前に「趣味」「洋服」「マナー」「季節」「スクールライフ」「文化・伝統」などのトピックを選んで取り組みを行っています。中学3年生の3学期になると、本校では留学生を招いて町の案内をするガイドツアーという取り組みをしており、実際に自分たちが町を案内する際に必要なる「ホームタウン」「トラベル」「文化・伝統」というトピックを選択し、学びをすすめています。

 中学3年生で導入しているMindMapやActive Discussionの教材は、生徒の思考の広がりを助けてくれるように工夫された作りとなっており、他社サービスからの切り替えを決めました。「文化・伝統」のトピックは同じ内容ですが、前回の学びを活かしたコミュニケーションが取れるため、あ敢えて2回扱うようにしています。英語を話せるようになるということを目的にするのも良いですが、英語力を鍛えた後に生徒たちが世界を広げられるような取り組みにも力を入れたいと考えており、常に授業の内容が修学旅行や学校行事で実戦できるような授業設計をしています。

 また日本に来られる観光客の方は英語圏の人ばかりではなく様々なバックグラウンドや言語を話す方々がいらっしゃいます。最近では、タイのような日本と同じように英語を勉強している方々と英語でコミュニケーションするオンラインミーティングの機会を用意しました。英語圏の人であれば、文法が多少できていなくても意図を汲み取ってくれることがありますが、そうでない国の方とコミュニケーションを取る際には、文法の重要性に気づく場面もあるようです。さらに、自分と同じように英語を学習する方がいるんだということに気づき、「負けずに頑張ろう」とモチベーションを高めた生徒もいました。

 

ALTの授業とオンライン英会話授業のすみ分けについて

 ALTの授業とオンライン英会話はコミュニケーションのタイプによってすみ分けています。ALTの授業では、ペアワークやグループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションなどの取り組みを積極的に行い、オンライン英会話では、1対1のコミュニケーションを重視しています。発話量を増やしたいということはもちろんですが、間違えることも気にせずに、個々のペースで会話を楽しむことが出来るのがオンライン英会話の魅力です。発音の矯正などもしてもらえ、1対多では実現が難しい指導をしてもらうことができています。

 

オンライン英会話導入による生徒の変化

 中学1年生は、話せる材料が少ない段階でオンライン英会話に取り組んでいますが、週1回程度の頻度で取り組んでいるとやはり慣れてきます。「わからないことや間違えにはこだわらず、コミュニケーションを楽しみましょう」と指導しています。何度も使うフレーズは覚えていき、少しずつ質問ができるようにもなってきているため、生徒も楽しくだんだんと楽しくなっているのか、「次はここをもうちょっと頑張ってみたい」と自発的に学習を進めようとしてくれています。

 中学2・3年生になると、外国人と話すことに対しての精神的な抵抗感はほぼ無くなっているように感じています。修学旅行中においても積極的にコミュニケーションを取ろうとしている生徒が多く、学校の成績が振るわない生徒でも一生懸命話そうとする姿勢が印象的で、教室では見みられない姿がみえたのはうれしく感じました。

 学習面ですが、他社の模試においてがリスニングの平均得点がかなり高まってきています。「話す」だけでなく「聞く」ということにも良い影響を与えているのだと思います。また、人数での単純比較が難しいですが、中学3年生でほとんどの生徒が3級を取得している中で、英検2級や準2級を取得する生徒がかなり増えてきたと感じています。

 

今後の取り組みについて

 現在、課題に感じているのは、Speakingの成果を客観的に複数回に渡って測れていないことです。タブレットが1人1台時代となり、個別最適化の学習が叫ばれる中、そのような測定結果を元に、子どもたちにあった学習環境を提供していければと考えています。

 

 学校向けオンライン英会話に戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

小学校~高校の先生・職員の方

【東京営業所】

03-5296-2830月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:03-5296-2842

【大阪営業所】

06-6195-8550月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:06-6195-8560

大学の先生・職員の方/法人の方

03-5289-7808月〜金 午前10:00〜午後6:00
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:03-5296-2842
Web:
≪大学の先生・職員の方≫
≪法人の方≫