合格に近づくための戦略を知るZ会が選ぶ「差がつく一問」東大英語編 東大の問題量は膨大であるため、難易度の高い問題や記述問題にどれだけ時間を割き「解ききる」か、その時間配分が合否を分ける決め手になるのでしょう。2019年度は昨年ほど大きな出題傾向の変化は見られませんでしたが、東大英語は設問形式が決して一定ではないため、変化に惑わされないことが大切です。

差がつく一問_第1弾(京大英語編)

まずは、2019年度入試を俯瞰しよう はじめに、問題構成や出題傾向を押さえて、「自分が受ける入試問題」を想像しましょう。

I 【難易度:標準】
●出題形式・テーマ
長文読解(仮想現実)

●問題の内容・分析
一見すると読みやすい文章だが、記述問は設問該当部の文意を日本語で表現しようとすると苦戦するものばかり。ざっくりとした大意がとれるかではなく、緻密な読解力、つまり本文を本質的に理解できているかが問われている。

II 【難易度:標準】
●出題形式・テーマ
長文読解と自由英作文(写真のデジタル化により生じた変化)

●問題の内容・分析
長文読解とともに出題された,初登場の意見陳述型自由英作文に戸惑うことなく対応できたかがポイントであった。長文自体はなじみのあるテーマだっただけに手早く読み込み,自由英作文の内容を検討する時間をしっかり確保したかった。

III 【難易度:標準】
●出題形式・テーマ
和文英訳(マイノリティ)

●問題の内容・分析
2017年度以来の京大らしい和文英訳が復活。英語にする前にまず抽象度の高い日本語を訳しやすい日本語へ変換する「和文和訳」の力が問われた。また、「少数者」や複数回登場する「マイノリティ」を文脈に応じてどのように訳すかも難しかっただろう。

合否の分かれ目は?

ここに注目 解くべき一問は、大問2(A)●どんな問題?

 

あなたなら、どう解く?目標点は?

実際に京大を受験したZ会員の先輩が、「再現答案」を作ってくれました! さらに、その答案をZ会が添削。過去問演習を効果的に進めていただくために、以下のポイントを解説します。

  • 合格に必要な目標点は?
  • ここで差がつく!間違えやすいポイントは?
  • 京大英語攻略のために必要な対策は?

 

京大対策のプロであるZ会の科目担当者が徹底分析。合格への戦略が立てられます。
この続きは9月下旬より公開予定です!

京大対策にみがきをかけよう! 過去5年分もの過去問に取り組み、添削のプロから指導を受ける。『過去問対策 京大』 過去の「解きっぱなし」はNG。自分の答案に自分を伸ばしてくれる指導をもらおう! 「取組→提出→添削指導」のサイクルで京大合格ルートを着実に歩み出せる!1科目から、今すぐお申込みOK!

    いつ始めるのが正解?最近のはとっておくべき? 【コラム】過去問を解くメリット