差がつく一問_第2弾(東大文系数学編)

 

2019年度の合否を分けた「差がつく一問」は?

Z会では、2019年度の受験生の答案を独自分析。合格者と不合格者の答案を比較し、「どの大問の出来が合否を分けたのか」を検証しました。それにより導き出された「差がつく一問」は…?

差がつく一問は、

≪第1問≫

問題のPDFはこちら

問題の概要や他の大問についてはこちら

実際の答案&添削を見ながら、差がつくポイントを確認しよう!

以下の答案は、実際に入試を受験したZ会員の先輩がつくってくれた再現答案です。目標点(合格ライン)には達していません…。
まずは、実際の答案をZ会の添削指導付きで見てみましょう。そのうえで、Z会の分析を読み、どこで差がついたのかを確認していきましょう。

※満点・目標点はZ会の分析による。志望科類(学部)によって、過去問添削の成績表に表示される目標点と異なっていることがあります。
目標点とのギャップをどう埋める?

この答案は問題の誘導にうまく乗り、qrpで表したあと、微分法を用いて関数の増減を調べています。この方針は正しく、計算も正確です。
惜しかったのは、pqrの範囲を求めるところ。確かにPQRは正方形の辺上の点ですが、面積の条件があるため辺上をすべて動くことはできません。qrの式から、pqrのとりうる値の範囲を求める必要があります。
正しく範囲を考察できていれば満点だったと思われる答案だけに、ここでのミスは非常にもったいないです。変数を設定したときには、その範囲にも注意するようにしましょう。

受験生全体の解答傾向は?

この問題は合否に関わらず平均点は高めで、まったく手をつけられなかったという人はほとんどいませんでした。むしろ、最後の答えを出すところまでたどり着いている人が非常に多いです。しかし、その全員が満点だったというわけではありません。
差がついたのは、上で紹介した答案のように、設定した変数の範囲についての考察の有無。この問題で最後の答えまでたどり着いた合格者のうち、およそ75%の人が範囲の考察をしっかり行っていました。一方で、不合格者では半分以上の人が範囲の考察に誤りがありました。
合格者の多くは細かい条件まで見落とさず、取るべき問題でしっかり得点を重ねています。それに対し、不合格者は大筋が合っていても減点されてしまっている答案が多いです。平均点が高めの難しくない問題だからこそ、このような減点が合否を分ける致命傷になる可能性もあります。

 

Z会で、合格に直結する東大対策を!

Z会分析担当者からのメッセージ

できたつもりになっていても、実は減点されているということはよくあります。これを自力で判断するのは困難なので、自分の答案を別の人に見てもらうとよいでしょう。
また、東大合格を目指すなら、基本事項を押さえておくことはもちろん、学んだ基本事項のうちどれを使えばよいのか、どのように組み合わせて解けばよいのかを意識して問題を解く経験を積みたいところ。それには、分野にとらわれない問題をたくさん解くことが重要で、実は過去問が最適な問題集です。
「記述力」を鍛えること、過去問を解くことの2つを同時にこなせる講座として、過去問添削をぜひ活用してください。

 

ほかの科目の「差がつく一問」を見る
 

【コラム】過去問を解くメリット