コラム:過去問を解くメリット

【コラム】過去問を解くメリット

入試本番で実力を発揮するために、過去問での演習は欠かせません。
せっかくの過去問。しっかり活かす方法を知り、最大限に活用していきましょう。

 

早めに取り組めばこんなメリットが

メリット1

自分に合った時間配分や解く順番が分かる。だから、本番で実力を発揮できる

本番で十分に実力を発揮するためには、予め自分に合った時間配分や、解く順番を見つけておくことが重要です。得意不得意や時間配分は一人ひとり異なるため、数年分の過去問を解いて自分の基準を作っておきましょう。自分の基準があれば、当日問題の難易度を見て時間をかける問題を選んだり、取り組む順序を入れ替えたりして時間管理ができ、焦らず解答することができます。

東大英語(120分)は3部構成で考える
  • 例えば東大英語の場合、120分の試験時間のうち、試験開始から45分後にリスニング(30分間)が始まります。
  • リスニングの前には問題文を飛んでリスニングに向けた準備をする必要があり、リスニング直後のすぐに他の問題に移れるかどうかが分からないため、前半40分・リスニング40分・後半40分の3部構成と考えておくとよいでしょう。
  • 前半40分と後半40分に、時間のかかる大問をど割り当てていくのかは、自分の苦手な分野、得点を取りやすい問題などによって変わります。時間を計りながら過去問に取り組み、時間配分や德問題を確認しておきましょう。

 

 

メリット2

現在の実力との差が分かる。だから、目標から逆算してやるべきことがわかる

過去問を解けば、目標と実力との差がわかります。解けなかった分野の復習はもちろん大事ですが、記述問題が書ききれない・問題文に書いてある内容の読解が難しいなど、克服に時間のかかる課題を洗い出し、早期から対策をしていくことが大切です。

  • 計画を立てないままに苦手対策をしていくと、時間が不足していしまいます。入試本番までの限られた時間で結果を出すために、目標から逆算して「やるべきこと」を整理しておきましょう。
  • 各大学で公開されている合格者の平均点等のデータを参照し、自分の得意不得意を考慮して、各教科・科目で何点取るのか入試での目標点を決めます。
  • 目標と現在の実力との差を比較して、教科・科目ごとに対策の優先順位をつけます。1日何時間かけられるのか、必要な対策をどの時期に行うのかという計画を、優先順位の高い教科・科目から立てていくことで、優先度の高い対策に時間をかけ、効果的に実力をアップすることができます。

 

 

「過去問添削」のページでは、東大・京大に合格した先輩たちの「過去問を使ってよかった!」の声を紹介中です。
参考にして、合格した先輩に続きましょう!

過去問添削のページへ 

 

 

 

過去問の不安はこう解消

過去問添削 東大・京大トップに戻る