京大国語 10点アップのアドバイス

問題文読解・解答作成のどちらも非常に難度の高い京大国語ですが、得点を伸ばすためには、質の高い演習が求められます。
ポイントを以下にまとめました!

【1】過去問を解いてポイントを押さえる

入試直前になってくると、ぎりぎりまで伸びそうな科目に注力したい!と焦りが出てくる方も多いでしょう。その気持ちはよくわかります。
だからといって、国語にまったく取り組まないという状況は避けてください!
記述問題に取り組む感覚を維持しておかないと、入試本番でつまずいてしまうことも…。
とはいえ、国語にばかり時間を割くわけにはいかない…という方にはがむしゃらに演習量を増やすことよりも、過去問の新しい年度から取り組み、出題の特徴に慣れておくことをおすすめします!

過去問に既に取り組んでいる方も、そうでない方もいると思いますが、問題文・記述量ともに特徴のある京大国語に対応するためには、まず3~5年分程度の過去問に取り組み、出題形式に慣れることが大切です。
解いてみたが、実際にどれくらい得点できているか自信がない…という方は、Z会の『過去問添削』がおすすめです!
自分の答案の弱点・得点を伸ばすために意識すべき答案作成のポイントをプロの視点でアドバイスします!

国語は継続して文章を読まないと加速度的に読解力が落ちていきます。
できれば毎日、復習中心でかまわないので、文章に触れてほしいと思います。

 

【2】知識事項の確認

京大入試でも、漢字問題・口語訳問題など、知識事項が得点に結びつく出題がされることもあります。
そうでなくとも、文章を読解する際に単語・文法知識があやふやなままだと、読解の精度・スピードが落ちます。
一度覚えた知識を忘れない人間はいません。最後に一度見直しておくと安心です。
もちろん、単語帳をぱらぱらめくって「知識の確認のみ」ではダメです。ちゃんと「文章を読解する」ことを忘れずに。

 

【3】時間を計って予想問題に取り組む

地歴や理科の学習が進んでいるなど、ある程度国語に時間を割く余裕がある場合は、京大型の問題に時間を計って取り組むことをおすすめします。初見の文章にどう対応するかのイメージを積んでおくことができれば、試験本番できっちり読解し、得点を積み上げていくシミュレーションができるでしょう。

Z会の「直前予想演習」では、京大入試予想問題2回分がセットになっており、入試直前の演習には最適な分量です
本番で大問3題のセットにどう取り組むか、意識しながら取り組んでみてください。

 

◆最後の追い上げに効く!Z会の直前対策講座 申込受付中!

○Z会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズ
京大の入試傾向をふまえた予想問題を2回分出題。
解答解説には「採点基準」を掲載。減点や失点のポイントが明確にわかります。
圧倒的な即応度だから、入試直前対策に最適です!
『直前予想演習シリーズ』の詳細はこちらから

○Z会の映像 大学受験生向け講座
個別試験へのラストスパートに役立つ、直前講習の申し込み受付中!
入試に即応したオリジナル問題の演習と解説講義で、問題への取り組み方・解き方を伝授します!
Z会の映像 大学受験生向け講座の詳細はこちらから