京大文系数学 10点アップのためのアドバイス

京大数学の特徴として「小問による誘導のある問題が少ない」ということが挙げられます。
すなわち、ヒントに頼ることなく自分で解法の糸口を見つける力が必要です。
この力を身につけるために、まずは京大文系数学で頻出の分野についてアプローチの仕方を整理しましょう。

 

◆図形問題

京大では図形問題は頻出で、ここ数年だけでも2018年度第2問、第4問、2017年度第3問、2016年度第4問などが該当します。
図形問題はいろいろな見方ができますが、その中最適な方法を選ぶことが重要です。

図形問題へのアプローチとしては
●座標を導入する
●ベクトルを用いる
●三角比や初等幾何の性質を利用する
といったものがあり、たいていの問題はどの方針でも解くことはできます。

しかし、どの方針を用いるかによって解答にかかる時間や計算の煩雑さは変わってきます。
限られた時間の中でミスなく解答するには、解法の選択が重要なのです。

 

◆場合の数と確率

場合の数と確率もほぼ毎年出題されている分野です。漸化式を導き解くことで確率を求めるタイプの問題がよく出題されますが、単純に場合の数を求めて確率を考えるタイプの問題など、様々な方針が考えられます。
場合の数と確率の問題では、具体的に実験して、題意を把握することが重要です。はじめから漸化式を立てようと思って取り組むのではなく、問題の状況や求めたいものによって最適な方針を選択しましょう。

 

◆整数問題

京大の整数問題は、発想が難しい難問というよりも、整数の性質や扱い方を理解できているかを試す標準的な問題であることが多いです。

具体的なアプローチとしては
●約数や倍数の関係に着目する
●余りに着目する
●値の範囲を絞る
などが挙げられます。問題に応じてこれらを使い分ける必要があります。

さて、ここまで頻出分野のアプローチの仕方を説明してきましたが、これらを覚えただけでは自分で解法の糸口を見つけることはできません。知っていることと実際にできるということは違うからです。

実際に自分で解法の糸口を見つけられるようになるためには、入試問題に即した問題演習に取り組み、その中でどの解法がよいのかを意識して解く経験を積むことが必要です。よくある参考書や問題集の問題を解くことだけでは、個々の解法が身についているかのチェックができるだけで、このような経験を積むことは難しいです。

その点、Z会の『直前予想演習シリーズ』は、入試問題に即したオリジナル問題に2回分取り組めるので、自分で解法の糸口を見つける力をつけるのに最適です。

 

◆最後の追い上げに効く!Z会の直前対策講座 申込受付中!

○Z会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズ
京大の入試傾向をふまえた予想問題を2回分出題。
解答解説には「採点基準」を掲載。減点や失点のポイントが明確にわかります。
圧倒的な即応度だから、入試直前対策に最適です!
『直前予想演習シリーズ』の詳細はこちらから

○Z会の映像 大学受験生向け講座
個別試験へのラストスパートに役立つ、直前講習の申し込み受付中!
入試に即応したオリジナル問題の演習と解説講義で、問題への取り組み方・解き方を伝授します!
Z会の映像 大学受験生向け講座の詳細はこちらから