個別試験本番の心得

【個別試験本番の心得】
今回は、個別試験の前日・当日の注意点をまとめました。過去に受験生から質問が寄せられた事柄を厳選して取り上げます。

 

◆前日までの準備

【試験前日の勉強】
試験前日に深夜まで勉強するのは禁物です。
いつも通りに勉強したうえで、少し早めに就寝することをおすすめします。
生活のリズムを大きく変えることなく、十分な睡眠をとることが重要です。

【試験会場の下見】
前泊する方は、キャンパスの下見に行くことをおすすめします。
(とくに京大は、京都駅からの行き方がわかりにくくなっています)

また、試験会場に1度行っておくことで、本番の緊張感が和らぐこともあります。
当日に精神的な余裕をもつためにも、試験会場の下見はおすすめです。

 

◆当日の注意点(科目共通編)

【昼休みの過ごし方】
1.昼食をしっかり取ること
2.脳を休めること
3.トイレに行くこと
を忘れずに行いましょう。

そして、午後の試験開始が迫ってきたら、「次の試験科目のモードに入ること」が重要です。
具体的には、「解いたことがある問題をもう1度解いてみる」や「まとめノートなどに目を通す」のがおすすめです。
知識の最終確認をするとともに、今までの努力を振り返り、自信をもって臨みましょう。

【トイレ】
まずは、試験時間中にできるだけトイレに行く必要がない状況を作ることが重要です。
事前の体調管理や食事に気をつけるのはもちろんのこと、当日もさまざまな工夫ができます。
(例:「身体を冷やさない」「休み時間ごとに必ずトイレに行く」「水分(特にカフェイン)を取り過ぎない」など)

ただし、万が一トイレに行きたくなったら、我慢せずに行くことをおすすめします。
トイレを我慢することにより集中力が削がれるので、無理な我慢は禁物です。
タイムロスは手痛いですが、トイレで気持ちを落ち着かせ、残り時間の使い方を考えましょう。

 

◆「Z会東大・京大受験応援」LINEアカウントでも、情報を配信中!

「Z会東大・京大受験応援」LINEアカウントでは、東大・京大に関する最新情報を配信しています。
2月の配信では、東大・京大の個別試験の情報も盛りだくさん。個別試験で意識すべきことや科目別の対策法もお届けする予定です。
東大・京大対策について、さらに詳しく知りたい方は、ぜひ「友だち」登録を!

●「Z会東大・京大受験応援」LINEアカウントの詳細はこちらから

 

◆Z会から受験生へのメッセージ

過去にどんな成績を取っている人でも、最後まで不安は拭えないものだと思います。
実際、気持ちの要素が大きいので、100%完璧の状態で本番を迎えられる人はいません。

不安を解消する最大の武器は、自分自身の「努力」「学習量」「達成感(やりきった感)」です。

みなさんは今まで努力を重ねてきたはずです。試験当日は自分の力を100%信じましょう。
1科目1科目、冷静に取り組み、実力を存分に発揮してきてください!

Z会オリジナルの予想問題で、本番を想定したシュミレーションを!

Z会の『直前予想演習シリーズ』では、東大・京大の入試傾向をふまえた予想問題を2回分出題。
解答解説には「採点基準」を掲載しているので、減点や失点のポイントが明確にわかります。
圧倒的な即応度だから、入試直前対策に最適です!

『直前予想演習シリーズ』の詳細はこちらから