JJX 直前東大日本史近・現代史特講

近・現代史の頻出重要ポイントの講義を行う

入試で頻出の近・現代日本史の最終チェックを行います。近・現代史の中でも、とくに入試で出題されやすい10の頻出重要テーマに絞って講義を行い、政治・経済・外交の複雑な因果関係を整理することで得点力アップにつなげます。また、講義の合間に適宜演習を行うことで、講義内容の復習及び知識の定着をはかります。

【対象大学】 東大・京大・一橋大などの難関国公立大、早大・慶大などの難関私立大

【授業回数】 180分×1回
※「時間」は映像授業だけではなく演習時間を含みます。

夏期講習・冬期講習「近現代日本史(J3S)」と教材内容が一部重複するため、夏期講習・冬期講習のいずれかでJ3Sを受講している場合は受講できません。

 

 

▼サンプル映像

 

 

 

▼講師からのメッセージ

山田 勝

2013年に啓示があり、「俺が日本史だ」というキャッチフレーズをいただいた。ということで、とくに日本史が苦手な受験生の苦手意識を除くことが自分の使命だと思っている。そして日本史を楽しんでもらいたい。なぜか、大人になったほうが歴史に興味を持つようだ。若者は自分のことでせいいっぱいだからかも。だがしかし、自己を含めて客観視できることが、人生を深く味わえるコツだと思うよ。過去の人々と巡りあい、この世の中とは何なのかを考えよう。

 

 

▼受講料金

4,000円(税込)

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)