PJXB 直前東大電磁気学特講

電磁気入試最頻出テーマが確実に解ける

電磁気学は、力学に次いで入試で出題割合が大きい分野。電場や磁場といった視覚で捉えづらい現象が題材となるので、いかに明確に現象がイメージできるかが勝負の分かれ目となります。そこで、良質な入試過去問題を題材に、電磁気学の現象を明確にイメージできるようになる解説講義を行います。合格点獲得に必須の、基本~標準レベルの問題を確実に解く力がつきます。電磁気学に苦手意識をもつ難関大受験生に幅広くオススメします。

【対象大学】 東大、京大、北大、東北大、筑波大、名古屋大、阪大、神大、広大、九大などの難関国公立大、早大・慶大などの難関私立大、医学部

【授業回数】 180分×1回
※「時間」は映像授業だけではなく演習時間を含みます。

 

 

▼サンプル映像

 

 

 

▼講師からのメッセージ

田中 義一

物理はすべての自然科学(数学、化学、生物学、地学)の基礎をなす学問です。その研究テーマは主に自然現象であり、そのメカニズムを解明して数式化し、それを解くことによって未来を予見しようという、理系の学生の心を躍らせる学問です。しかし、対象が自然現象であるがゆえに自己流を許してくれない学問であり、受験生にとっては難解な学問であることも確かです。基本の考え方を正しく身につけて、短期間に確実に実力をつけましょう。

 

 

▼受講料金

4,000円(税込)

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)