難関大国語T(L3TK/L3TF/L3T)

▼講座内容

京大志望者、一橋大志望者、難関国公立大志望者に

【対象大学】 京大(L3TK)・一橋大(L3TF)・北大、東北大、筑波大、名古屋大、阪大、神大、広大、九大等難関国公立大(L3T)
●難関大国語T(京大対応)

京大入試に頻出のジャンル別、設問パターン別の読解演習を通じて、現代文・古典の両分野において正しい読解力を養い、京大国語に通用する力の完成をめざします。

●難関大国語T(一橋大対応)

近代文語文・要約問題の対策を含め、一橋大入試に頻出のジャンル別、設問パターン別の読解演習を通じて正しい読解力を養い、一橋大国語に通用する力の完成をめざします。

●難関大国語T

難関大入試に頻出のジャンル別、設問パターン別の読解演習を通じて、現代文・古典の両分野において正しい読解力を養い、国公立大国語に通用する力の完成をめざします。

 

【授業回数】 180分×5回

【要予習】 テキストで予習を行ってから授業をご覧ください。

※本講座の(L3TK)(L3TF)(L3T)は教材内容が重複するため、同時に受講できません。
 

 

▼教材見本・サンプル映像

教材見本とサンプル映像をあわせてご覧ください。

教材見本

 

サンプル映像(本科II期の映像です)

 

 

▼講師からのメッセージ

小嶋 はるか小嶋 はるか

国語は出来るようになるまで時間がかかります。語彙力、文化や歴史といった背景知識、そして読解する論理的な思考力も必要です。雑な勉強では確実な力は望めません。小手先のテクニックではなく、王道のやり方でしっかりとトレーニングしたほうがいい。一文一文をしっかり理解すること。文と文の論理関係をとらえること。分からない言葉は辞書でしっかり調べて。そして本文の主張(内容)を把握すること。「ラクな方法」にだまされてはいけない。私が授業で皆さんにお伝えしたいのは、真摯に与えられた文章に向き合うこと。一緒に国語を楽しみましょう。
 

【指導方針】

この講座は、実戦的な演習講座です。難関国立大学の記述型問題を、時間内で正確かつスピーディに解くようにすることを目的とします。知識の土台を確認しながら、どう読み、どう答えるかを解説していきます。がむしゃらに読解演習をしてただ「当たった」「はずれた」と一喜一憂するだけでは、思考につながりません。示された解答と自分の解答を比較し、何が違うのか、どう答えることが求められているのかをじっくり考えましょう。解説で示すことは、学習のきっかけに過ぎません。それをもとに、自ら積極的に知識を獲得していってください。
 

第一回の授業では、講師より、年間の指針を説明しています(オリエンテーション)。その内容を見てみよう!

 

▼カリキュラム

難関大国語T(京大対応)L3TK
難関大国語T L3T
難関大国語T(一橋大対応)L3TF
1 現代文(評論)/古文 現代文(評論)/古文
2 現代文(評論)/古文 現代文(評論)/古文
3 現代文(評論)/現代文(小説) 現代文(評論)/近代文語文
4 現代文(評論)/古文 現代文(評論)/近代文語文
5 現代文(評論)/古文 現代文(評論)/現代文(要約)

 

 

▼講座料金

19,900 円 (税込)
 

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)