東大世界史W3J

▼講座内容

体系的な講義+例題解説+論述対策

「春期講習」では、中華文明の成立から元代までの中国およびその周辺諸地域について集中的に扱います。まずは、論述に必要な視点から世界史をとらえ直した体系的な講義を行います。その上で、例題の解説講義を通じて、論述に必要な視点や考え方を身につけます。さらに、授業内容に関連した論述問題を毎回解くことで、東大の問題に対応できる力を定着させていきます。
 

【対象大学】東大
【授業回数】 120分×5回

※「時間」は映像授業だけではなく演習時間を含みます。
 
【要予習】テキストで予習を行ってから授業をご覧ください。
 

 

▼教材見本・サンプル映像

教材見本とサンプル映像をあわせてご覧ください。

教材見本

 

サンプル映像(本科I期の映像です)

 

 

▼講師からのメッセージ

柴山 滋柴山 滋

この授業を受講する多くの受験生は、論述対策を目的としていると思います。論述問題に解答するには幅広い正確な知識が必要な他に、それらの知識が有機的に結合していることや正しい発想ができることが大切です。論述には過程・影響・意義などを述べるいくつかの形式がありますが、そのための基本的なこととしてテーマに沿って必要な史実とそうでないものを判断して書く内容を決めていく能力が必要となります。この講座を通じてそのような能力を養っていくようにしましょう。
 

【指導方針】

東大の問題は合計800~900字程の論述が課されるので、それに対応するため本講座では主に例題中の論述問題の解答・解説を中心に行います。そのためテキスト中の要点や知識確認問題などは取り扱わないので、その部分は自分で予習をして、授業に臨んでください。各例題はそれぞれ考え方、内容、留意点などの部分に分けて解説を行い、解答に必要な道筋を提示します。また授業後には各例題について自ら実際に書いてみることで、書くこと自体に慣れるようにしましょう。
 

第一回の授業では、講師より、年間の指針を説明しています(オリエンテーション)。その内容を見てみよう!


 

▼カリキュラム

1 中華文明の成立
2 南北朝と隋唐帝国
3 唐宋変革期
4 中国の周辺民族
5 モンゴル帝国と元

 

 

▼講座料金

13,400 円 (税込)

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)