先輩たちの「Z会の映像」直前講習 活用法

難関大に合格した先輩たちは、入試直前期にどのような対策をしていたのでしょうか。
ここでは、先輩が実践したZ会の活用法と、合格の決め手となったポイントを紹介します。

 

合格イラスト

直前講習で最後の伸びを実感できた!

慶応義塾大学 法学部合格
千葉県佐倉高校卒業
T・Y先輩

近くに予備校や衛星授業を行っている教室がなかったため、首都圏で他校の生徒が受けているような授業を受けてみたくなり、Z会の映像を受講しました。
高2の冬からZ会の映像を受講していましたが、少しずつ授業のレベルが上がっていくのを感じました。それが、この時期にこれくらいの難易度がしっかりと解けるようになれば良いんだと思うことができ、地方に住んでいた私にとっては良い目安となりました。
私が特に伸びを実感したのは直前講習です。たくさんの問題にふれていく中で、難問に当たった際に、原点に立ち返るということを意識させられる授業だったのですが、それが最後の伸びにつながったと思います。

N・S先輩の受講講座(入試直前期)

直前東大英語発展演習(EJ)、直前東大文系数学発展演習(MJB)、直前東大古文特講(LJXB)、直前東大漢文特講(LJXC)、直前東大世界史近・現代史特講(WJX)、直前東大現代地理特講(GJX)

合格イラスト

「良質な問題」と「エレガントな解法」に触れ、苦手な数学を克服。難問を解き切る力がついた!

東京大学 文科二類合格
北海道 私立 北稜高校卒業
Y・K先輩

僕は、苦手な数学の強化に「Z会の映像」を活用。扱われる問題は、それまで見たことのない良質な問題ばかり。定石よりは難しく、かといって難解過ぎない、東大対策に最適な問題だったと思います。一見難しそうな問題も、講師が噛み砕いて解説してくれたので理解しやすく、「自力でも解けるかも!」と感じました。
また、解説テキストは読み応え十分!例えば整数問題で、「1つずつ数え上げず、こうまとめれば3行で答えが出る」といった、「エレガントな解法」が載っていたのが印象的でした。自分では知り得ない、新たな視点を教えてもらえたと思います。
迎えた東大入試本番、数学は、難しい第3問も何とか解けて大成功! Z会で培った、粘り強く考えて答えを出す力があってこその合格だったと思います。

Y・K先輩の受講講座(入試直前期)

直前東大文系数学発展演習(MJB)、直前東大現代地理特講(GJX)

合格イラスト

直前期の腕試しにZ会の映像 直前講習を活用!

九州大学 工学部合格
群馬県立 高崎高校卒業
S・T先輩

私は、冬までは通信教育で受験対策をしていましたが、直前期の腕試しとして、最後にZ会の映像の直前講習を受講しました。学校から帰るとすぐに映像授業に取り組み、問題を解く→映像授業を視聴する→復習というサイクルで学習を進めました。授業は詳しく丁寧な解説で、いくつもの考え方を教えてくれたので、得意科目の数学で色々な解法を身につけることができました。
これから受験をされる皆さんには、不安に思うこともあると思いますが、自分を信じて頑張ってほしいと思います!

S・T先輩の受講講座(入試直前期)

直前難関大理系数学(MMA)、直前難関大物理(PT)、直前難関大化学(CT)

 

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)