中1東大数学1MJ

▼講座内容

式・グラフの扱い方や証明の仕方を習得

「算数」から「数学」への切り替えを確実に行い、東大・難関大入試につながる数学学習の土台を作ります。冬期講習では、比例と反比例、合同と証明を扱います。今後の関数の学習の基本となる比例・反比例のグラフの理解を深めること、さらに、論理的にきちんと証明できるようになることを目標にします。最終回では確認テストを行い、解説授業を通して、学習した内容を定着させます。

 

【対象大学】 東大をはじめとする難関大
【授業回数】 120分×5回

※「時間」は映像授業だけではなく演習時間を含みます。

 

 

▼教材見本

 

 

▼講師からのメッセージ

宮崎 賢一

これからみなさんが勉強する内容は、算数ではなく数学になります。では、その違いは何でしょうか。内容としては、数の範囲に負の数(マイナス)が増えること、それから文字式の登場が挙げられます。また、証明問題など、答えだけでなくその答えに至る過程を非常に重視することが増えてきます。そのため、普段から、途中式や考え方、図形などをしっかりとノートに書いていく習慣をつけていきましょう。

 

【指導方針】

毎回の授業では、新しい内容の説明→問題演習→解説の繰り返しの流れで進んでいきます。授業中の演習は、必ずノートにやりましょう。そして、授業の内容をしっかりと定着させるため復習を欠かさずおこない、わからないことがないようにしていきましょう。問題演習の時間については、目安で取りましたが、それ以上にかかっても構いません。その場合、一時停止ボタンをおして、演習をおこなってください。

 

第一回の授業では、講師より、年間の指針を説明しています(オリエンテーション)。その内容を見てみよう!

 

 

▼カリキュラム

1 比例と反比例(1)
2 比例と反比例(2)
3 合同と証明(1)
4 合同と証明(2)
5 確認テスト

年間を通じて学習したい方は年間で学習したい方は、まるっと復習ができる一括受講プラン(12月25日まで申込可能)・分割受講プランがおすすめです。

 

 

▼講座料金

13,200 円 (税込)

 

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)