中1東大英語1EJ

講座内容

サンプル映像はこちらからご覧ください。

 

 

 

※「ユーザーサイト無料体験版はこちらから」→「映像視聴:どの講座の学習をはじめますか」で、見たい講座を選択してください。
※上記よりサンプル映像をご視聴いただければ、ご受講いただいた際の受講環境は満たされていることになります。【必ずサンプル映像をご視聴してからお申し込みください】
※Z会の映像全講座のサンプル映像をご覧いただけます。

 

すべての外国語学習に通じる正しい方法で英語を学びます。毎回の単元では、文法事項はもちろん、発音・リスニングも扱います。言語のおもしろさ、英語の語彙や音声を深く知る講師ならではの授業で、英語学習の基礎を築くことができます。

 

ステージ1
【視聴期間】
2015年3月30日(月)
~2015年9月30日(水)
申込受付は終了しました
ステージ2
【視聴期間】
2015年9月7日(月)
~2016年1月31日(日)
申込受付は終了しました
ステージ3
【視聴期間】
2015年1月11日(月)
~2016年4月30日(土)
18回(本科13回+夏期講習5回) 18回(本科13回+冬期講習5回) 9回(本科9回)
90分(最後の5回は夏期講習120分) 90分(最後の5回は冬期講習120分) 90分

 

▼講師からのメッセージ

小林 憲小林 憲

言語は確かにコミュニケーションの道具だろう。でもそれ以前に『思考の核』になるものだ。だって人は言葉を使って考えるんだから。2つの言語を使う能力を手に入れることは、思考の方法を豊にするはず。こんな事を思いつつ僕は最近授業をしている。「どうしたら、話せるの、書けるの、読めるの、聴けるの?」そんな技術的結果を追うためだけに英語の授業はあるのだろうか?どうせなら思考の刃も研ぎ澄まそう!

 

【指導方針】

人間の言語は「音」でできている。「音」を連ねて意味を伝える。第1実践ポイント―英語の「音」をよく聞いて、上手に真似して、意味を伝えられるようになろう。文字は情報を保存する道具だ。第2実践ポイント―正確に、しかも敏速に英語を記述できるようになろう。言語には使用上のルールがある。第3実践ポイント―英語のルールに込められた意図を理解し、正しく使えるようになろう。言語は「思考」そのものだ。「考える」とは何かいっしょに考えていこう。

 

カリキュラム

ステージ1 ステージ2 ステージ3
回数 【本科】 【本科】 【本科】
1 be動詞(1) be動詞と一般動詞 文の要素
2 be動詞(2) 現在進行形 目的語
3 be動詞(3) 名詞の数と種類 接続詞
4 形容詞 名詞と数量表現 総合問題
5 複数形とbe動詞 過去形(1) 比較(1)
6 be動詞まとめ 過去形(2) 比較(2)
7 所有の代名詞 助動詞(2) 比較(3)
8 一般動詞(1) 助動詞(3) 比較のまとめ
9 一般動詞(2) itの用法 総合問題
10 一般動詞(3) There is[are]~の構文
11 疑問詞・命令文 疑問詞表現
12 目的語と人称代名詞 否定疑問文・助動詞応用
13 助動詞(1)can 代名詞
【夏期講習】 【冬期講習】
1 be動詞 現在進行形
2 一般動詞 助動詞(1)
3 人称代名詞 助動詞(2)
4 助動詞・命令文 過去形
5 確認テスト 確認テスト

 

講座料金

17,800円(税込)

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)