中3東大数学3MJ

▼講座内容

苦手にしがちな確率と三角比の考え方を習得

【中3の間に高校数学の学習を始める方が対象の講座です。】

冬期講習では、数学Aの「場合の数と確率」と数学Iの「3角比」を扱います。いずれも高校数学を学習していく上での土台になりますが、苦手とする人が多いです。映像授業と問題演習を通して高校数学の土台を築くだけでなく、東大・難関大入試で問われる「思考力」「論証力」「計算力」もバランスよく身につけることも目指します。最終回では確認テストを行い、解説授業を通して、学習した内容を定着させます。
 

【対象大学】 東大をはじめとする難関大
【授業回数】 120分×5回

※「時間」は映像授業だけではなく演習時間を含みます。

 

▼教材見本

 

 

▼講師からのメッセージ

塩谷 洋太塩谷 洋太

数学の学習で大事なこと!
(1)知ること (2)使うこと (3)忘れないこと
まずは基本事項をしっかりと理解する、すなわち「知ること」が大事!これがあやふやなままでは、努力が結果に結びつきません!
そして、知った知識を積極的に使ってみること!使うことで疑問がわき、さらに深く知るきっかけになり、また、繰り返し使うことで、自然と覚えていきます。知っているだけで使えない知識は無駄です!
最後に、何度も繰り返して忘れられない状態にすること!少しだけやって、知った・使っただけではしばらくすると忘れてしまいます。繰り返し、繰り返し練習して、忘れないことが大事!

 

【指導方針】

目指すは、基本事項の理解と定着です。 理解を深めるために演習問題をやり、定着を図るためにまた演習問題をやる。これの繰り返しです。 基本事項を聞き、テキストの内容と合わせて理解に努めてもらい、それをもとに演習問題を考えてもらいます。その際少しヒントを与える場合もあります。ここで、基本事項を「見ながら」でなく、「少し確認しながら」解くようにしてください。見ながらやると、理解も定着も出来ません。講座を受講してもそれで終わりではなく、そのあと反復練習をして身につけることが大事です。
 

第一回の授業では、講師より、年間の指針を説明しています(オリエンテーション)。その内容を見てみよう!

 

 

▼カリキュラム

1 場合の数
2 確率
3 三角比(1)
4 三角比(2)
5 確認テスト

▼講座料金

13,200 円 (税込)

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)