【理科】中3範囲の復習 ~天体~

サンプル映像
サンプル映像はこちらからご覧ください。

※「ユーザーサイト無料体験版はこちらから」→「映像視聴:どの講座の学習をはじめますか」で、見たい講座を選択してください。
※上記よりサンプル映像をご視聴いただければ、ご受講いただいた際の受講環境は満たされていることになります。【必ずサンプル映像をご視聴してからお申し込みください】
※Z会の映像全講座のサンプル映像をご覧いただけます。

講座の内容

この講座では、中学3年生の学習範囲である「天体」の単元を学習します。1・2回目の授業では、要点解説と基本~公立入試レベルの演習問題解説によって分野の鍵となるポイントをおさえ、3回目の授業では、公立入試レベル~難関国私立レベルの演習問題解説によって応用力・演習力を身につけます。授業で扱うのは、太陽の表面のようすや天体の日周運動などに関する観察・実験問題や、地球から見える月・金星の位置や形を考える問題など、入試でよく出る問題や、思考力が必要とされ、得意・不得意で点数に差がつく問題ばかり。Z会が選んだ良問と、高校入試のエキスパートであるZ会の講師による、入試で役立つ重要ポイントが盛り込まれた解説映像で、「天体」の分野を攻略していきましょう!

●授業時間・回数:90分×3回

※予習:要

講師からのメッセージ

丸山 大介

丸山 大介

皆さんは中学校の理科にどのような印象を持っているでしょうか。範囲が広く、覚えることも多く、しかも計算問題もあって大変だ、と思っているかもしれませんね。確かにそうかもしれません。でも、理科の問題の根本にある考え方は案外単純だったりします。入試は目の前ですが、何を理解し、何を覚えればよいのか。そして、勉強していく先に何があるのか。こうしたことを授業では伝えていきたいと考えています。頑張っていきましょう。

 

【指導方針】

天体は身近な現象で、興味のある人も多いでしょうが、入試ではかなりの難問も出題される分野です。まず、基本的な知識を覚えること。そして、自転、公転という天体の運動を理解することが大切です。とはいえ、頭の中で考えるだけでは立体的に運動する天体を捉えることは大変です。簡単な図を描いて考えることが大切です。どのような場合に、どのような図を描いて、そしてその図をどのように使っていくのか。これを学んでいきましょう。

1 太陽・地球、天体の日周運動
2 天体の1年の動き、惑星・衛星
3 総合演習

講座料金

9,100円(税込)

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

会員の方へ

ユーザーサイト無料体験はこちら

(サンプル映像をご覧いただけます)