Z会Asteria通信〔2020年2月号4週目〕

2月の総合探究講座

2月のテーマは、ずばり「生き方」です。
みなさんは何歳まで生きたいですか?
みなさんは老後になにをしたいですか?

2007年に生まれた人の半数は、107歳を超えて生きると推計されています。
みなさんがこれから送る長い人生で欠かせないものは一体何でしょうか?

協働学習では3つの異なる資料を使って、みなさん自身の老後について考えを深めていきます。

探究学習には、大勢の方の最期をみとってきた、医師の髙宮有介先生(昭和大学教授)をお招きし、よりよく生きるためにはどうすればよいか、豊富な経験をもとにおはなしいただきます。

2月26日(水)20:00からの探究学習ライブ配信をぜひお楽しみに!

今回も事前に質問を募集していますので、髙宮先生に聞いてみたいことを投稿してください!

「長く生きることの医学的なメリットとデメリットは何ですか?」
「人間の寿命はどれくらいのびそうですか?」

などなど、今回のテーマである「生き方」に関連した質問をどしどしお寄せください。

▼質問はこちら!(別サイトにとびます)
https://questant.jp/q/QLC41URQ

3月の総合探究講座

3月からの総合探究講座では「SDGs」について、3ヶ月連続で議論します。

3・4・5月は「SDGs」をテーマにディスカッションをし、6・7・8月はSDGsとも関連の深い学問領域について深堀りしていきます。

「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」とは、「持続可能な開発目標」の略です。

この地球上には解決すべきさまざまな問題があります。
エネルギー問題、気候変動、貧困、飢餓などは、この世界がこの先も続いていくためにはなんとしても解決しなくてはならない問題です。

 

3月のテーマは「水産資源」です。

SDGsでは「海の豊かさを守ろう」というゴールが掲げられています。

日本はこれまで世界有数の水揚量をほこっていましたが、最近は日本近海で魚がとれなくなっています。

このままのペースで日本の水揚量が減り続けると、みなさんが大人になったころには魚を食べるのは至難のわざになるでしょう。

日本ではなぜ魚がとれなくなっているのか?
これからも日本で魚を取り続けるためには何をすればいいのか?
持続可能なかたちで世界の水産資源を活用するには、私たちに何ができるのか?

こうした論点を話すなかで、社会をよりよくするためにみなさんが今できること、社会に出てからできることを深く考えていきます。

 

知的好奇心を刺激する多種多様な参加者、テーマがそろっていますので、みなさんぜひ、協働学習に参加してください!

 

Z会Asteria事務局
z-apps@zkai.co.jp
TEL:0120-83-0022(フリーダイヤル・通話料無料)
受付時間 月曜日~土曜日 10:00~12:00、13:00~18:00 (年末年始を除く。祝日も受付)
http://www.zkai.co.jp/home/z-asteria/

Z会テクニカルサポートセンター
アプリの設定や使い方についてのお問い合わせはこちら
TEL:0120-636-322 (フリーダイヤル・通話料無料)
受付時間 月曜日~土曜日 10:00~20:00 (年末年始を除く。祝日も受付)

Asteria公式Twitter
フォローをお待ちしております!
https://twitter.com/zkai_asteria