高校受験を控えている、中学3年生の保護者の皆さまへ

高校受験生の親が今できること

10月末~11月初めというのは、文化祭をはじめとする学校行事が終わり、生徒会も2年生に引き継いで、いよいよ受験モードになってくる時期ですね。受験に向けてお子さまの体調管理や、精神面でのサポートなど、保護者の皆さんが担う役割はありますが、目の前の学習と向き合うのはあくまでも受験生本人たち。お子様が受験勉強に勤しむのを見守りながら、親としては半年後に迫った高校生活を見据えておきたいところです。
中3の今、お子さまの部活動の引退は記憶に新しいかと思います。「中学3年間はあっという間」というのを実感される方は多いですが、高校生活も3年間。あの忙しい毎日が再びやってきます。学習時間を十分に確保できない理由として「部活が忙しいから」を挙げる高校生は非常に多いです。
公立中学と高校で異なるのが、お子さまの同級生の学力レベルです。来春からは学力レベルがこれまでよりも格段に近い集団の中で学校生活を送ることになります。これまでよりも気の合う友達が多くなるというプラスの傾向はあるものの、中学ではクラスや学年でトップ層にいた生徒たちが集まってくることで見たことのない(低い)順位を経験する子もいる、というシビアな面も。そんな時に焦って叱り飛ばすだけ、ということのないよう、構造的にそうなり得ることを知った上でどっしりと構えたいものです。
さらに、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)、SGH(スーパーグローバルハイスクール)指定校や伝統校を中心に、「自主自立」「質実剛健」のような全人教育につながる学校理念を脈々と受け継ぎ、先進的な取り組みをしている学校が多くあります。高校生活を通して、個人が何か1つの研究課題に取り組むようなスタイルや、教科の枠組みを超えた課題を複数人で扱っていくようなスタイル、また理系分野や英語に特化して生徒たちがどんどん力を伸ばしていけるような仕組みなど、保護者世代にはなかった取り組みが活性化してきています。ただ一方で、塾をはじめとする校外学習の世界では、いまだに旧来の「試験対策」をするものがほとんどで、新しい取り組みによって知的好奇心を刺激されている生徒たちには物足りない一面も。
また、高校受験が地域密着型なのに対し、大学受験は一気に全国区、場合によっては海外へと一気にそのスコープが広がります。お子さまが目の前の学習に集中している中、少し視座を高くして、忙しい高校生活の伴走が可能かつ先進的な校外学習について、目を向けていきたいですね。

英語4技能、数学的思考力、協働学習 常に一歩先を行く人のための学び場

新大学入試で用いられる語学力の国際指標「CEFR(セファール)」基準で、4技能をバランスよく伸ばせる「英語4技能講座」、統計を含む分野別学習で学ぶ「数学新系統講座」。オンラインで他の受講生と主体的・対話的で深い学び(いわゆる、アクティブ・ラーニング)を実現した「総合探究講座」。知識に加え、社会で必要な力が問われる新入試に向けた一朝一夕では身につかない力を育めます。

iPad1台に深淵な学びの世界を凝縮したZ会Asteriaが、未来に向けて進むあなたを導きます。
※受講にはiPadが必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

*お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。
*下記のお問い合わせ先は、Z会の通信教育 お客様センターとは異なります。
*曜日・時間帯によってお電話がつながりにくい場合があります。

Web上でのお申し込み方法、Z会Asteriaの対応端末・推奨環境、ログインやアプリに関するお問い合わせ

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322
月曜~土曜 月曜~土曜 10:00~20:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

Z会Asteriaのご受講・講座内容
に関するお問い合わせ

【Z会Asteria事務局】

0120-83-0022
月曜~土曜 10:00~12:00、13:00~18:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら