私塾界ソリューションセミナー2018レポート(1)英語4技能編

文部科学省では、中学・高校で学ぶ内容を定めた新学習指導要領の英語授業において「読む」「聞く」「話す」「書く」の「4技能」を総合的に学ぶこととしています。英語4技能育成に対応した授業の試行錯誤が進み、また、全国の小学校ではプログラミング教育の必修化に向け、民間での各教育サービスの展開がされています。子どもたちを取り巻く学校現場や塾はどうあるべきなのでしょうか? 2018年9月17日(月・祝)に開かれた「英語4技能・プログラミング教育 私塾界ソリューションセミナー2018」の様子を2回にわたりレポートします。1回目では英語4技能編をお届けします。
セミナー概要

私塾界ソリューションセミナー2018
「英語4技能試験に対応する授業のつくり方」
2018年9月17日(月・祝)
【会場】赤坂インターシティコンファレンス
【主催】株式会社私塾界/全国私塾情報センター
【共催】株式会社ベネッセコーポレーション
【特別セミナー】ベネッセコーポレーション
【ワークショップ】「英語4技能対策授業のつくりかた」(宮崎公立大学 麻生雄治教授)

第1部 ベネッセコーポレーションによる特別セミナー

ベネッセコーポレーションによる特別セミナーからスタート。大学入学共通テストの試行調査(プレテスト)の出題内容の確認などが紹介がされました。

◆プレテストのポイントをチェック

2018年2~3月に、高校2年生を対象に実施された、大学入試センターによる新入試の試行調査(プレテスト)。主なポイントは以下であると報告されました。

  • 筆記(リーディング):大問6題から構成。解答時間は80分と現行の試験と変わらないものの、指示文が英語のみになり、正解が複数ある問題も登場。情報処理のスピードアップ、普段から多様な素材に意識的にふれておくことが必要と考えられる出題でした。
  • リスニング:大問6題から構成。解答時間は30分。問題音声が1回だけ流れる問題、2回流れる問題が混在する方式で実施されました。対話の場面や状況が日本語で示されるなど、聞き取る対象を理解してから聞く出題がみられました。正解が複数ある問題も登場。実際の日常の場面やコミュニケーションを想定した、「社会とのつながり」を意識した出題でした。

また、この他にも、ベネッセコーポレーションによる「学習指導基本調査」(2016)では、高校の授業における学習活動について2010年と2016年を比較すると、グループ活動・表現活動を取り入れた授業の割合が増加するなど、他教科と比べ英語の指導方法の変化度合いが大きいことが報告されました。学校によっては、高校1年時の1学期から「英語表現」にエッセイライティングを導入したり、授業にペアワークやグループワークを積極的に取り入れ、アウトプットを徹底したりするなど、4技能を意識した取り組みが増えてきている事例が報告されました。

お問い合わせ
※総合探究講座は、お申し込みの人数が定員に達しました。すでにご受講されている会員のサービス維持のため、新規のお申し込みを締め切らせていただきます。

お問い合わせ

現在、非常に多くのお客様よりお申し込み・お問い合わせをいただいており、順番にご対応させていただいております。ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。
*お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。
*下記のお問い合わせ先は、Z会の通信教育 お客様センターとは異なります。
*曜日・時間帯によってお電話がつながりにくい場合があります。

Web上でのお申し込み方法、Z会Asteriaの対応端末・推奨環境、ログインやアプリに関するお問い合わせ

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322月曜~土曜
10:00~20:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

Z会Asteriaのご受講・講座内容
に関するお問い合わせ

【Z会Asteria事務局】

0120-83-0022
月曜~土曜
10:00~12:00
13:00~18:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら