〔英語〕全国学力・学習状況調査 中3英語を解いてみた~「話すこと」編~

今回は「話すこと」のパートについて掘り下げてみたいと思います。都立高校入試で話すことに関するテストが導入される方針が発表されるなど、Speakingが入試でも問われることが増えてきており、このパートが一番気になるという方も多いのではないでしょうか ?

 

 

「話すこと」の実施方法と問題構成

まずは「どうやって実施されるのか?」に注目が集まると思います。

今回の予備調査では、学校のPCにSpeakingの問題をセットし、生徒一人一人がマイク付ヘッドホンをした上で、PC上の映像ガイダンスにしたがって受験をしたそうです。クラスごとにパソコン室や視聴覚教室に順次移動して「話すこと」の調査に取り組む形です。

「話すこと」の解答時間は約5分。構成は以下のようになっています。生徒がマイクで発話した内容が録音され、その録音データが採点される仕組みです。

・質疑応答(イラストを参照して質問に答える)
・質疑応答(ナオミとリチャード先生の会話に参加する)
・学校紹介

5分という時間を見ると、さほど難しくないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。ただ、上掲の映像ガイダンスにしたがって試験が進むので、当然後戻りはできませんし、制限時間の中での回答になるので、体感としての難易度はだいぶ上がります。

 

 

「学校紹介」の問題を紐解くことで、見えてくる必要な力

学校紹介の問題を紐解いてみましょう。

「シンガポールの姉妹校の生徒とテレビ電話でお互いの学校の様子を英語で紹介する」という場面設定です。本稿を読まれている皆さん、今から1分で内容を考えて、直後に30秒で学校紹介(もしくは職場紹介)、できますか?

実際の試験ではタイマーが画面に表示され、カウントダウンが行われていきます。プレッシャーの中で英文を組み立てて、できる限り発話に持ち込む必要がありますが、「フリーズ」してしまう生徒も多いと予想されます。

「話すこと」に関しては、4技能の中で一番「場馴れ」の必要があると言っても過言ではないでしょう。

日本人英語学習者が不得手とするSpeakingですが、根本には「間違ったらどうしよう」という「ミスへの不安」があるのではないでしょうか。これは幼少期から「正解が1つに定まる問題」に取り組みがちな日本人の気質とも言えそうです。

英語が母語ではない人が英語を話していると「すごい!」となりがちですが、実際日常で行われているコミュニケーションの内容は、日本語に置き換えると「別に大したことない」内容だったりします。最初は、単語や知っている短いフレーズだけでも、コミュニケーションのきっかけには十分なり得ます。

 

 

「自分自身の言葉で発信する」場を設けることの重要性

まずはコミュニケーションの場を定期的に持ち、自分について少しずつ相手に伝える練習を積むこと。地味なアプローチに見えるかもしれませんが、それが何よりの近道です。学校のような「一斉授業」のスタイルでは、テキストの登場人物についての練習をすることはあっても、なかなか自分自身のことについて発話する機会は十分には取れません。そうなると、今回の予備調査で出題されたような「自分自身の言葉で発信する」ことへの対応力は養いきれないのです。

毎月複数回のOnline Speakingレッスンを受けることができ、各レッスンの中で「自分自身について話す」時間が組み込まれているAsteria英語4技能講座。「話す」ことに抵抗をなくすだけではなく、「間違っても大丈夫」「こう言ったら通じた!」などの経験をたくさん積むことができるので、おススメです!

 

 

Z会の英語4技能講座では…iPadで『英語を使う』環境を疑似体験

未来を共創する21世紀型Online Academy Z会Asteria

新大学入試で用いられる語学力の国際指標「CEFR(セファール)」基準で、4技能をバランスよく伸ばせる「英語4技能講座」、統計を含む分野別学習で学ぶ「数学新系統講座」。オンラインで他の受講生と主体的・対話的で深い学び(いわゆる、アクティブ・ラーニング)を実現した「総合探究講座」。知識に加え、社会で必要な力が問われる新入試に向けた一朝一夕では身につかない力を育めます。

※受講にはiPadが必要です。

 

 

 

お問い合わせ
※総合探究講座は、お申し込みの人数が定員に達しました。すでにご受講されている会員のサービス維持のため、新規のお申し込みを締め切らせていただきます。

お問い合わせ

現在、非常に多くのお客様よりお申し込み・お問い合わせをいただいており、順番にご対応させていただいております。ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。
*お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。
*下記のお問い合わせ先は、Z会の通信教育 お客様センターとは異なります。
*曜日・時間帯によってお電話がつながりにくい場合があります。

Web上でのお申し込み方法、Z会Asteriaの対応端末・推奨環境、ログインやアプリに関するお問い合わせ

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322月曜~土曜
10:00~20:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

Z会Asteriaのご受講・講座内容
に関するお問い合わせ

【Z会Asteria事務局】

0120-83-0022
月曜~土曜
10:00~12:00
13:00~18:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら