「英語4技能講座」Online Speaking~「困った!」時に使える表現~

初めてのOnline Speaking。「先生とちゃんと話せるかな…」「英語で話すのは緊張するな…」と不安に思っている人もいるかもしれません。でもDon’t worry!(心配しないで!)「困った!」時に使える表現を紹介しますので、レッスンの前に確認してみてくださいね。

 

「先生が何を言っているのかわからない!」

Sorry?  (何とおっしゃいましたか?)

音声を聞く

 

Slowly, please.(ゆっくりお願いします。)

音声を聞く

 

Sorry? はイギリスでよく使われる表現です。これだけでも先生には伝わります。語尾(ことばの最後)を上げて言うのがポイント 。

 


 

「先生の言っていることが理解できたことを伝えたい!」

OK!(オーケー!)

音声を聞く

日本語でも使うことがありますね。他にもI got it.やAll right.といった表現でも「分かりました」という意味を表現できます。

 


 

「レッスンシートに書いてある文字が読めない!」

アルファベットの名前ごとに読んでみましょう。
例えば、‘Elizabeth’という文字が読めない時は
E-L-I-Z-A-B-E-T-H’のように、
それぞれ分けて読んでみます。

そうすれば、きっと先生が読み方を教えてくれます。

 


 

「考える時間がほしい!」

Well ….(えーと …。)
音声を聞く

 

Wait a moment, please.(ちょっと待ってください。)
音声を聞く

 

黙っている時間が長くなると焦ってしまいがちですよね。そんな時は間をつなぐことばを知っておくと便利ですよ。

 


 

「音声の接続が悪い!」

I can’t hear you.(聞こえません。)

音声を聞く

 

接続が悪いとレッスンに支障をきたしますので、チャットボックスを使って状況を伝えてもよいかもしれません。

 


 

 

自分の言いたいことを最初からすべて英語で表現するのは難しいので、まずは自分の状況を簡単なことばでも先生に伝えることを心がけましょう。そして少しずつ表現の幅を広げていけるとよいですね。

そしてOnline Speakingはあなただけのプライベートレッスンなので、先生の言っていることをすべてわかったふりをする必要はありません。勇気を出して、わからないことやゆっくり言ってほしいことを伝えることがコミュニケーションを円滑にし、レッスンを活用するカギになりますよ。

それでは、いっしょにがんばりましょう!

お問い合わせ

 

2020年度のZ会Asteria英語4技能講座の受講を申し込む

 

数学新系統講座、総合探求講座は21年度のサービス体系の見直しにより、新規受付を停止いたしました。英語4技能講座は引き続きご受講いただけます。

 

2021年度Asteriaのお申し込みは 2021年2月1日(月)より承ります。Webサイトよりお申し込みください。

Z会ではコース体系の見直しを行い、現在の Asteria をリニューアルすることになりました。リニューアル後の「Asteria」は、今までは iPad のみでの受講でしたがZ会専用タブレットでの受講も可能となり、価格もよりお求めやすくなりました。