【数学】ノートでつながれ!第二弾「この問題,どう解く?」

7/22~8/1 の間、「この問題、どう解く?」キャンペーンを行いました。
たくさんの方から、いろいろな工夫の Discovery Note が届きました!ありがとうございます。

届いた Discovery Note の中から、特に素晴らしかったものを厳選し、Z会数学スタッフのコメントをつけてご紹介いたします。

Discovery Note はいつでも受け付けていますので、学習の際の「気づき」を送ってくださいね。
「気づき」を深めるコメントを添えてお返事いたします。
たとえば
「この問題はあの方法でも解くことができそう!」
「この考え方は、以前に学んだあの考え方に似ている!」
といった「気づき」を深め、積み重ねていくことで、数学の力をぐっと伸ばすことができますよ。

 


 

ここで、この分配法則を図で表すとどうなるか考えてみましょう。
つまり、九九の「○ × △」を長方形の面積の「(縦)×(横)」に読み替えて、面積を求めるという考え方です。

この図に出てくる81 個の小さな長方形(正方形も含む)の面積が、九九の表に出てくる81 個の数に対応していますね。
すると、大きな正方形の1 辺の長さが45となるので、その面積は

452 = 2025

と求められますね。分配法則は、このように面積と関連付けて捉えることもできますよ。

 

 

このほかにも
青森・あいり
東京・オリバー3世
長野・まっちゃ
神奈川・あゆ
宮城・koko
兵庫・Sun flower
神奈川・GOLD
兵庫・ポン
など、多くの方から届きました。
たくさんの Discovery Note をありがとうございました!

今回ご紹介した Discovery Note では、いろいろな見方、いろいろな考え方が出てきましたね。
ほかの人の工夫を知ることで
「こうやって考えることもできるんだ!」
「この考え方は、あの考え方につながっているんだ!」
といった「気づき」があったのではないでしょうか。
そのような「気づき」を大切にしながら、数学を楽しんでください。
また、面白い発見や気になることがあったら、是非 Discovery Note で教えてくださいね。

お問い合わせ

 

2020年度のZ会Asteria英語4技能講座の受講を申し込む

 

数学新系統講座、総合探求講座は21年度のサービス体系の見直しにより、新規受付を停止いたしました。英語4技能講座は引き続きご受講いただけます。

 

2021年度Asteriaのお申し込みは 2021年2月1日(月)より承ります。Webサイトよりお申し込みください。

Z会ではコース体系の見直しを行い、現在の Asteria をリニューアルすることになりました。リニューアル後の「Asteria」は、今までは iPad のみでの受講でしたがZ会専用タブレットでの受講も可能となり、価格もよりお求めやすくなりました。