法律科目はある程度理解していたので、講座はさらにそれらを固める、また試験対策用の細かい知識を入れるという姿勢で受講した。

【2017年合格】
国家総合職

千葉 悠平さん

大学生

「国家総合職(法律)本科 2017年合格目標講座」を受講(2016年8月〜)

総合職のレベルでやっていけるのかという不安はあったが、細かく丁寧に教えていただき、十分やっていけた。勇気を出して決断してよかった。

最初、公務員を目指そうと考えたのは、本当になんとなくでした。周りに公務員志望の友人が多かったため、話を聞いて少し魅力を感じていました。
もちろんこの時点で公務員のみに絞ったわけではなく、民間企業を考えつつ、並行して学習を進めました。

大学では法学部に所属しており、法律科目にはもともと関心がありました。また授業やテストは真面目に受けていたため、法律科目はある程度理解しており、講座はさらにそれらを固める、また試験対策用の細かい知識を入れるという姿勢で受講しようと考えました。

そこでネットで調べると値段もあまり高くなく、必要な科目を学べるこの講座が目に入り、これに決めました。
国家総合職対策講座にしたのは、せっかくやるなら一番レベルの高いところを目指したいと考えたためです。自分程度に総合職のレベルでやっていけるのかという不安はありましたが、細かく丁寧に教えていただいたので十分やっていけました。勇気を出して決断してよかったと思いました。

図書館にパソコンを持っていき、1日ひとつ講義を受け、終わったらその場で復習し、学んだことを定着させるようにした。

講座は8月から始めました。周囲は既に勉強を進めていたので、遅れを取り戻せるよう夏休みから1日8時間平均くらい勉強しました。
やり方としては、図書館にパソコンを持っていき、1日ひとつ授業を受け、終わったらその場で復習し、学んだことを定着させるようにしました。また既習部分のテキストは繰り返し何度も何度も読みました。

勉強中は公務員試験のために頑張るというよりも、好きであった法律科目につきどんどん詳しくなっていくのが楽しいと感じていたため、特に苦しいとは思いませんでした。
行政法などは、テキストがかなり詳しく書かれていたためテキストさえ完璧にすれば9割くらいの問題はできるので、テキストはかなり有効活用できると思いました。

授業で担当の先生がお薦めしていた副教材は必ず購読し、少しでも多く知識を入れた。苦手科目は必ず毎日取り組み、慣れるようにした。

学習の進め方は、1日ひとつ講義を受け、終わったらその場で復習し、学んだことを定着させるようにしました。また既習部分のテキストは繰り返し何度も何度も読みました。時折過去問を使ってアウトプットを行いながら、反復学習をしました。

授業で担当の先生がお薦めしていた副教材は必ず購読し、少しでも多く知識を入れました。
また苦手科目(自分の場合は数的処理)は必ず毎日取り組み、慣れるようにしました。

教材はテキストがかなり詳しいものがあった(特に行政法)ので、そういう教科はテキストを中心に読みこみました。逆に民法などのテキストは基本的なポイントのみが記載されていたので、その場合は「判例百選」などの副教材を利用して学習しました。

Z会の講座では法律科目しか学べなかったので、追加オプションとして、総合職用の経済科目などもあればいいなと感じました。

※講座でご用意していない科目は、オプション講座(有料)としてご受講いただけます。

千葉 悠平 さんの受講講座

(年度版のため、2018年合格目標講座をご案内します)

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)