重要なのは暗記ではなく思考。通信教育で思考力がさらに高まった。

【2017年法科大学院入試(既修者・飛び級)合格】
2016年開講初年度講座受講生、講座スケジュールを1年前倒して合格!

J.Gさん

大学生

「2016年開講司法試験講座」を受講(2016年4月〜)

1年独学したが、自分に何の力がついたのかと不安になり、受講を決めた。

私が中村講師の講座を受講したのは大学2年生になってからです。1年生のころから通信講座を受けたいと思っていたのですが、受講料が高いため、独学で勉強をしていました。大学の成績(GPA)自体は良かったのですが、1年独学してみて、自分にはこの1年を通して、何の力がついたんだろうかと思いました。そして、司法試験の道を諦めて、別の道に進もうかと迷っていました。

そんな折、中村講師の4Aを知りました。受講料は高いと感じましたし、自分が司法試験に合格できるのかが不安であったことから、受講するかどうか迷っていましたが、ここで勇気を出してトライするかどうかが司法試験を挑戦する人と諦める人の差なのではないかと思い、思い切って受講することにしました。

中村講師は受講者の思考力を高めようと講義を展開してくれる。

論文解法パターン講義の良いところを述べます。中村講師の講義では、受講者と一緒に答案構成を作成するような形式になっていたので、中村講師と一緒に答案構成をしながら作成方法を学ぶことができます。また、これは通信だからこそできることでしたが(通信でなくても多少はできるともいますが)、講義の中で中村講師は、講師自身はすでに答えを知っている上で講義をしているはずなのに、あたかも知らないふりをして、受講者自身に問題となっていることへの答えを考えさせようと誘導します。そこで私は講義を止め、自身で考えながら講義に参加していました。このように中村講師は一方的に知識等を受講者に言うのではなく、受講者の立場に立って、受講者の思考力(暗記力でなく)を高めようと講義を展開しています。これらが受講して良かったと感じたことです。

最低ライン・合格ラインがすぐにわかるテキストで、独学時にはわからなかった、書くべき内容の判断ができるようになった。

論文解法パターンテキストでは、答案例の中身が「最低ライン」「合格ライン」「加点事由等(かけなくても合否に影響がない)」によって構成されています。受講者は上記3つを見て、これは最低ラインだから絶対書けないといけないんだなとか、これは合格ラインだから合格するためには必要なんだなとか、これは加点事由だから勉強の優先順位としては低いなというような判断ができます。独学していたころには、何が必要で何がいらないのかといった判断はできませんでしたが、答案例を通して、何が必要かがわかることは、試験に合格するための勉強をする上で重要なことだと思うので、答案例が上記3つにより構成されていたことは私にとってとても良かったことでした。

通信教育でも、Webの質問メールで、勉強する中で生じた疑問を解消できた。

勉強をしていて、分からないことや疑問に思うことは、たくさんあると思います。そんなときには大学の先生に聞いたり、図書館で自分で調べたりすることもできますが、テキストから生じた疑問は講師に聞くべきであると思います。ここで、便利なのがTAC WEB SCHOOLの質問メールです。勉強で出た疑問をいくつも質問することができますし、質問のやり取りが記録されているので、同じ疑問にぶち当たった時でも再度、その記録されたやり取りから、疑問を解消することができます。

又、私は勉強外で疑問に思うことを質問した際、中村講師の実務的な経験に基づく意見を質問メールを通して聴けたときもあるので、良かったです。

重要なのは暗記ではなく思考。

私が勉強中に気を付けたことは、とにかく暗記ではなく、思考することです。独学時代はよく何かを覚えるという作業をしていたと思います。しかし、それだと全く力がつきません。なぜなら暗記したことはしばらく時間がたつと忘れてしまうからです。しかし、何も覚えていないのでは論文の試験では通用しません。だからこそ、覚える必要があります。一見矛盾しているかのように感じると思いますが、ここでの覚えるというのは何かを暗記して、覚えるのではなく、学習を繰り返すことによって自然と体に身につけるということです。例えば、1+1=2というのは、誰もが答えを思い出すまでもなく、反射的に2という答えが出てくるかと思いますが、まさにその感覚に近いです。勉強したことを思い出すというよりは自然と出てくるという感じです。ここまで来ればもはや忘れることはないと思います。

又、勉強中は、どんな勉強をしていてもそうですが、暗記ではなく、思考、つまり考えることに集中していました。なぜかというと、試験では、事前に受験生が暗記してきたことではなく、その日初めて見る問題に対して、どのように考え答えを導き出すのかということが見たいのだと思っているからです。もしそうであるとするならば、勉強中から思考するようにした方が良いですよね。又、暗記は試験において、思い出せなかったり、記憶違いがあったりして裏切られますが、思考は裏切りません。

しかし、これはあくまでも私の意見ですので参考程度に。最後に、法律の勉強は楽しいものですので、いっぱい楽しんで勉強をしてください。中村講師の講義はその楽しい勉強の手助けになると思います。頑張ってください!

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)