■中学 「プライム数学」シリーズのご紹介

6年一貫数学教育全体を見据え、その初期段階での学習効率の向上させ、本質的理解を促すための準教科書です。
①高校課程の一部を含めた学習効率の良いカリキュラムを組み、問題を配列しています。
②「定番問題」から「思考力を鍛える問題」まで幅広く問題を掲載し、ステップアップとスパイラル学習を無理なく行える問題配列になっております。
③幾何はコマ数が週2単位の学校に授業モデルを合わせていますが、テキストの各章にある発展問題に取り組むことで、週3単位の学校の授業進行にも対応できます。
④問題集単体でも、プライム数学の内容を網羅した学習が可能です。
■高校 「アドバンスト」シリーズのご紹介

「アドバンストシリーズ」の数学α、数学βでは、教科書レベルから難関大入試レベルまで無理なくつなげる独自のカリキュラムを組んでいます。
①数学αは代数・幾何・離散数学、数学βは解析中心のように数学Ⅰ、代数幾何、基礎解析の頃のカリキュラムを参考にまとめました。
②2次方程式の解の配置、直線群の通過領域、グラフの見方、式(文字)の見方など、難関大入試で狙われやすい応用的な内容も掲載しています。
③2次方程式と高次方程式など学年間で分断された内容を統合し、体系的学習を可能にします。
④数学α2では、東大・京大をはじめとする難関大で頻出する整数問題、空間図形を扱う上で知っておくと便利な空間図形の方程式、および確率分布を掲載しています。

中高一貫数学 教材ラインナップ