カコモンにTRY!

慶應義塾中等部の国語にTRY!

「カコモンにTRY!」は、過去の中学入試で出題された問題のなかから、中学受験コースの皆さまに挑戦していただきたい問題を紹介するコーナーです。
ぜひ、お子さまと一緒に取り組んでみてください。

※ 5年生以上で習う漢字には文章の後に読み仮名(がな)をまとめています。

今回の問題をご紹介する理由

ことわざ・故事成語は入試でも頻出ですので、早くから取り組んでいる方も多いでしょう。とはいえ数が多いため、丸暗記しようとして挫折しがちです。そうならないために、意味や言葉の成り立ちと関連づけて覚えましょう。そうすれば、正確な知識として定着させることができます。
今回紹介するのは、問題文の中で使われていることわざ・故事成語とよく似た内容のものを、語群から選択する問題です。似た内容のことわざを関連づけて学べる、よい問題となっています。ぜひ解いてみてください。

■ 読み仮名

故事成語(こじせいご)、頻出(ひんしゅつ)、挫折(ざせつ)、正確(せいかく)、知識(ちしき)、紹介(しょうかい)、似(に)た、内容(ないよう)、語群(ごぐん)、選択(せんたく)、解(と)いて

※ 5年生以上で習う漢字には文章の後に読み仮名をまとめています。

  • 今回のレベル ★★★

★:3・4年生も理解できる基礎的な問題
★★:4・5年生ががんばって解ける問題
★★★:5・6年生向けハイレベル問題

■読み仮名

理解(りかい)、基礎的(きそてき)

※ 5年生以上で習う漢字には文章の後に読み仮名をまとめています。

問題

 

2020年度 慶應義塾中等部 国語 大問三

 

 

■読み仮名

体格(たいかく)、優等生(ゆうとうせい)、簡単(かんたん)、諸君(しょくん)、比較(ひかく)

※ 5年生以上で習う漢字には文章の後に読み仮名をまとめています。

攻略法

【解答】

ア 5
イ 9
ウ 2
エ 6
オ 7

【解説】

まずは、かたかなの部分を漢字に直しながら、意味を確認しましょう。使われている語句には必ず意味があります。どうしてその語句が使われているのかを考えてみると、全体の意味がわかりやすくなります。それでは、各問について見ていきましょう。

アの文に登場する「歳月人を待たず」という故事成語は、「年月の流れは非常に早く、人を待ってくれない」、つまり「現在の時を大切にして努力するのがよい」ということを表しています。この内容に合う故事成語は5の「光陰矢のごとし」です。「光陰」は月日を意味し、月日が経つ早さを、飛ぶ矢の速さにたとえています。

イの文に登場するのは、「柔よく剛を制す」という故事成語で、「柔軟性のあるやり方で、弱い者がかえって強い者に勝つ」ことを意味します。この内容に合うことわざは9の「柳に雪折れなし」です。柳は枝が柔らかく、雪が積もっても他の木のようには折れにくいことから、「柔らかくしなやかなものは、堅いものよりもかえって物事に耐えることができる」ことを意味します。他にも「柳」を使ったことわざで、「柳に風」があります。意味は、柳が風になびくように「逆らわずに受け流すこと」です。このように「柳」は、「柔軟」「しなやか」の意味でよく使われるということも覚えておきましょう。

ウの文に登場するのは、「弘法も筆の誤り」ということわざです。書道の名人である弘法大師にも、時には書き誤りがあるということから、「どんなにその道に優れた人にも失敗はある」ことを意味します。この内容に合うことわざは2の「河童の川流れ」です。その道に優れた人の失敗を、泳ぎの得意な河童が水に流されることにたとえています。「猿も木から落ちる」も似た意味のことわざです。

エの文に登場するのは、「登竜門」という故事成語で、中国の竜門という急流を登った鯉は竜になるという伝説から、「出世や成功のための関門」を意味します。この内容に合う語句は6の「立身出世」で、意味は「成功して有名になり、高い地位につくこと」です。

オの文に登場するのは、「提灯に釣り鐘」ということわざです。問題文にもある通り、見た目の形は似ているが重さが全く異なることから、「物事がつり合わず、比較にならない」ことを意味します。この内容に合うことわざは7の「雲泥の差」です。大きな差があることを、雲(天)と泥(地)にたとえています。

もし、ことわざ・故事成語の意味がわからない場合は、問題文の文脈から意味を推測することもできますよ。問題文全体に目を通すようにしましょう。

■読み仮名

確認(かくにん)、語句(ごく)、歳月(さいげつ)、非常(ひじょう)、現在(げんざい)、光陰(こういん)、経(た)つ、柔(じゅう)、剛(ごう)、制(せい)す、柔軟性(じゅうなんせい)、枝(えだ)、柔(やわ)らか、堅(かた)い、耐(た)える、逆(さか)らわず、弘法(こうぼう)、誤(あやま)り、大師(だいし)、優(すぐ)れた、得意(とくい)、猿(さる)、登竜門(とうりゅうもん)、鯉(こい)、提灯(ちょうちん)、釣(つ)り鐘(がね)、異(こと)なる、泥(どろ)、文脈(ぶんみゃく)、推測(すいそく)

※ 5年生以上で習う漢字には文章の後に読み仮名をまとめています。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

5・6年生向け カコモンにTRY! 特別版 2021年春入試問題紹介の解答解説5・6年生向け カコモンにTRY! 特別版 2021年春入試問題紹介の解答解説

カコモンにTRY!

5・6年生向け カコモンにTRY! 特別版 2021年春入試問題紹介の解答解説

3・4年生向け カコモンにTRY! 特別版 2021年春入試問題紹介の解答解説3・4年生向け カコモンにTRY! 特別版 2021年春入試問題紹介の解答解説

カコモンにTRY!

3・4年生向け カコモンにTRY! 特別版 2021年春入試問題紹介の解答解説

雙葉中学校の理科にTRY!雙葉中学校の理科にTRY!

カコモンにTRY!

雙葉中学校の理科にTRY!


Back to TOP

Back to
TOP