発展編のカリキュラム




毎月2つのテーマに取り組みます。それぞれのテーマでは、例えば「ロボットにチアリーディングを行わせたい」といったシチュエーションを設定し、そのためにはロボットにどのような動きをさせればよいかを考え、プログラムを作成します。ロボットの組み立ても、簡単なものからスタートし、少しずつ高度なものを作成していきます。
 
【発展編】
※カリキュラムは変更になる場合がございます。
Vol.1 ロボット犬モリー/ロボットレース
Vol.2 ロボットダンス/フィギュアスケート
Vol.3 ボールゲーム/チアリーディング
Vol.4 四本足ロボット/スピードスケート
Vol.5 ボウリング/障害物競走
Vol.6 ガイド・ボット/レインボー・ゲート
Vol.7 パス・ファインダー/ゴリラ・タウン
Vol.8 スマート・ガード/ゴリラ・コミュニケーション
Vol.9 アメイジング・フラワー(1)/アメイジング・フラワー(2)
Vol.10 ファンキー・フィッシュ/ファンキー・フィッシュ
Vol.11 スマート・アーム(1)/スマート・アーム(2)
Vol.12 スマート・アーム(3)/スマート・アーム(4)
Vol.13 ソートロボット/デリバリーロボット
Vol.14 スマート・ナビゲーター/スマート・カー
Vol.15 子犬と遊ぼう
Vol.16 DJミキサー/フライト・シミュレーター
Vol.17 フライト・トレーニング/無人飛行機
Vol.18 スマートカード・リーダー
Vol.19 コードをまなぼう/コードでコーディー
Vol.20 コードで走ろう
Vol.21 コードで感じよう
Vol.22 ストリート・ビュー・カー
Vol.23 カラーソーター
Vol.24 2年間のまとめ

発展編で扱うキット-マインドストーム® EV3

マインドストーム®EV3には500を超えるパーツがあります。その中でも頭脳となるのがこのEV3。これによって、モーターを動かしたり、センサーから情報を受け取ることができます。 モーターは2種類あり、Lモーターのほうが大きな力を出すことができるのでタイヤなどを動かすのに使い、Mモーターはロボットアームなどを動かすのに使用します。 また、異なる機能をもつ4種類のセンサーを使い分けることで、ロボットの複雑な動きを表現することができます。

※レゴ®スクールを含むレゴ社の正規代理店で扱われているもの(型番が「45544」のもの)は,Z会で扱うキットと同一となります。それ以外の型番の場合,含まれる部品が異なるため,教材内容と対応しておりません。
 

発展編 教材見本

▲発展編テキスト「Robot Adventure ワークブック」

毎月届く「ワークブック」をよく読んで、ブロックやプログラムの組み立てを習得していきましょう。
*内容は変更となる場合がございます。

▲発展編テキスト「Robot Adventure 保護者用ガイド」

必要に応じてお子さまをサポートしていただけるよう、ワークブックの各ページに対応した「保護者用ガイド」もご用意しています。
*内容は変更となる場合がございます。

発展編 料金

・カリキュラム:全24回(2年間)
申し込みの時期に関わらず最初のテーマから順に教材をお届けいたします。
 
※本講座の受講契約は、1カ月単位で自動更新される仕組みとなっております。
※キット代は初回のみの費用となります。 
※キットのみのお申し込みは承っておりません。
※本講座でプログラミングを行うには、iPad(別売)が必要となります。
※価格は変更になる場合がございます。 
 

Produced by Zoshinkai Publishers Inc. under license from the LEGO Group.
LEGO, the LEGO logo and MINDSTORMS are trademarks of the LEGO Group.
©2017 The LEGO Group.