■大学からの声

【事例その1(國學院大學様)】

 大学入学前の12月下旬〜3月中旬の期間に、基礎〜標準レベルの6課題を希望者へ実施。
 →受講者負担型でも7割以上の学生が受講申込
《ご担当者様の声》
教材の使いやすさや、受講者の学習状況(提出率93.4%)に関しては学内でも高く評価している。
実施後の受講者アンケートからも、文章の書き方が分からなかった学生や、書くことを苦手としていた学生が、
この講座を通じて自信を付けたり、抵抗がなくなったと答えている。
成績データから見られる成長を考えても、次年度以降も継続をしていく予定である。

【事例その2(神奈川大学様)】

大学入学前の12月下旬〜3月中旬の期間に、学部ごとに内容の異なる4課題を実施。
  →万全のフォローで、96%の課題を学生が提出
 《ご担当者様の声》
 難易度の高いテーマに対しても、文章が書けるレベルまで記述力が向上したと思われる。
 指導が非常にきめ細かく、ファカルタスにお願いしてよかった。

【事例その3(立教女学院短期大学様)】

大学入学前の12月下旬〜3月下旬の期間に、現代コミュニケーション学科入学生全員に1課題を実施。
  →提出率は100%!
 《ご担当者様の声》
 立教女学院短期大学現代コミュニケーション学科では、英語・心理学を中心に、コミュニケーション能力の育成を目指しています。日本語は、それらの学びの基盤として重要視しています。
 入学後は、レポートはもちろん、望む進路に進むためにも、自らの言葉で自らの考えを相手に伝える能力は必須です。入学前に小論文に取り組み、日本語の力を自ら自覚することは重要です。また、自分と向き合う良い機会であるという考えから、採択を決めました。
 受講者には、少し難しい課題になるかと予想をしていましたが、課題小論文を書き始める前に、原稿用紙の使い方・問題の解き方など、順をおって進められるテキストは、受講者にとって非常に分かりやすいもので、答案には意欲を持って取り組んだ様子が見られました。
 入学後も赤字に従い、再度書き直しをすることによって、さらに自らの問題と向き合い深められるようにしています。来年度は、課題を一題から二題に増やし、入学後の学びの導入とする予定です。

■受講フローの例

受講生の感想

AO入試に合格してからも、絶えず机に向かうことができてとてもよかったです。
------
アドバイスが沢山書いてあったので、それらを参考にして頑張りたいと思った。
------
あまり小論文を書く機会が無かったので今回勉強になったし、小論文に慣れることができた。これからも定期的に書いていけば、力がつくと思うので続けていきたいです。
------
いつもは考えないことが論題だったので新しい発見ができました。
------
いままでの作文とは違い、根拠と理由を用いて自分の考えを表す論文は、とても難しいものだった。だが、予習での解説と、復習の修正(赤字)を見ることで、少しだが書く力がついたと思う。この講座での経験を、大学でも生かしていきたい。
------
かなり難しいテーマが多かったですが、自分の文章力を見直す良い機会となりました。
今まで知らなかった言葉を知ったり、使ったりすることで、とてもためになった。そして高校時代での小論文ではなかなかいい点数が取れなかったけど、この課題では結構いい点数を取れて、自信にもつながった。とてもいい経験ができた。ありがとうございました。