オリジナル添削シリーズ 英作文講座【学校専用】

 

 

5つの特長

特長1:日本人英語学習者に最適な添削指導

ネイティブが定めた添削基準に沿い、日本人添削者が赤字をいれることで、
英語の実用性を担保しながら、日本人学習者が躓きやすいポイントを丁寧に指導します。

 

特長2:詳細な評価項目

「課題達成」「言語使用の適切さ」「論理構成」「文法」「語彙」の評価項目で細部まで評価します。
スペルや文法の誤りにとどまらず、「自分の意見が読者に伝わるか」を重視しています。

 

特長3:幅広い用途に対応

実施回数が選択可能で、年間カリキュラム作成まで対応しているため、授業内の実施から休暇中の課題まで、幅広い用途でお使いいただけます。
また、1課題に対して複数回の添削も承っていますので、赤字を踏まえた書き直しに対しての評価も行うことができます。

 

特長4:豊富な課題

「レベル別英作文課題」「英検対策課題」合わせて100以上の課題から、習熟度別に、学年別に、コースごとに、といった状況に合わせて課題をお選びいただけます。
目安語数も30語ほどから200語まで幅広くご用意しています。

詳細は、「課題一覧」でご確認いただけます。

 

特長5:成績データのご返却

課題実施後には、受講者の成績データ一覧とともに、集団としての全体的な分析資料をご提供いたします。
また、有料となりますが、課題ごとに受講者全体に対する添削者所感をお付けすることも可能です。
詳しくは、「お問い合わせ」いただくか、営業担当にお尋ねください。

 

サービスの構成

問題

問題には、英作文を作成していくにあたっての「ポイント」が示されています。英作文を作成する際にご活用ください。

解答用紙

問題とは別に解答用紙をお送りいたします。こちらの解答用紙に解答をご記入いただき、ご提出ください。
ご提出いただいた解答用紙に添削指導を行います。

解答例

英作文という特性上、模範解答ではなく解答例という形で参考となるような例文をご提供させていただきます。添削済答案をご返却いただく際にご活用ください。

成績データ

受講者の成績データ一覧とともに、集団としての全体的な分析資料もお付けして、Excel形式にてご提供いたします。
(追加料金なし)

 

 

導入事例

学校様の導入事例

東京都
東京成徳大学中学校・高等学校
河村 陽介 先生

導入概要
・受講学年:中学2年生~高校3年生 全生徒

タイトル
「書く」への抵抗感をなくすために、低学年からの英作文活動

取り組み概要
・英作文を書くことへの抵抗感の軽減
・先生方の「書く」指導を軽減し、別の取り組みに時間を割く

 


詳細はこちら

 

その他の導入例

休暇中の課題として

夏休み、冬休み、春休みのほかに5月の大型連休や入試期間を利用して1~2課題ずつを受講。
授業内には時間がとりにくい、200語近いエッセイも、じっくり時間をかけて取り組むことが可能です。

〇エッセイ人気課題:A2.2レベル都市の比較、B1.1レベル 科学技術の導入に関する賛否、
          B1.2レベル Official Languages、B1.2レベル The Olympic Games

 

授業内課題として

毎月1課題、年間で10課題ほどを授業内で実施。宿題で加筆や、赤字を参考にした書き直しを行う。
豊富な課題から自由に課題を選ぶことができるので、エッセイや要約、写真の説明など幅広い問題の演習を行うことができます。

〇課題タイプ:エッセイ、要約(物語、論説)、写真の説明、メール文面など・・・

 

 

導入された先生の声

この商品がきっかけとなって英語指導における生徒との距離が縮まりました。
また、あれだけ丁寧に添削指導をいただいたことで確実に書く力がついたと感じました。
実際に、英検や外部模試の自由英作文の出来を見ても、悪くない結果になっていきました。
決して安くはないものの予想以上に好評だったので、現在の早慶上智を志望校にしている生徒には、
高校3年次にも、課題のレベルを上げたうえで、あらためて取り組ませたいです。

 

 

課題一覧

レベル別英作文課題
CEFR-J A1.2~B2.2まで、合計100課題ご用意しておりますので、生徒様のレベルに合わせて、柔軟に課題をお選びいただけます。

英検対策課題
英検準2級・2級対策にご活用いただけます。実際の英検の形式同様、16点満点で評価します。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ

小学校~高校の先生・職員の方

【東京営業所】

03-5296-2830月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:03-5296-2842

【大阪営業所】

06-6195-8550月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:06-6195-8560

大学の先生・職員の方/法人の方

03-5289-7808月〜金 午前10:00〜午後6:00
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:03-5296-2842
Web:
≪大学の先生・職員の方≫
≪法人の方≫