企業・法人様向け ― Z会の通信講座・アセスメント ―

導入実績300社以上研修目的やご要望を元に最適なプランをご提案します

このような課題はありませんか?
勤務エリアや時期の都合で通うのが難しいため、自宅でもできる通信講座を探している
研修コストを抑えつつ、全国全社員に公平・平等にスキルアップの機会を提供したい
内定者~新入社員を対象にビジネスシーンでの活躍を支えるジェネラルスキル向上を図りたい
グローバル強化に向けたTOEIC スコアの昇格要件化などにより、語学力研修を充実させたい
昇格候補者などの能力開発や事前課題に使えるツールを探している
ビジネスシーンでの活躍に必要な課題発見力や探求力の育成やそれらを測る採用試験を実施したい

Z会の通信講座は、TOEIC対策などの語学力向上やビジネス文章力の養成などを目的とした社員様研修メニューとして、これまで300社以上の法人様にご活用いただいています。通信講座以外にも集合研修のアレンジやアセスメントなど、研修の目的やご要望を丁寧にお伺いして最適なプランをご提案いたします。

 

学習スタイルに合わせて効率よく社員のTOEIC®L&Rスコアを上げたい

TOEIC®テスト Adaptie

【Adaptie (アダプティ ) 】

◆Part別の問題演習を中心とした実戦的な学習でスコアアップを目指す、オンライン型の講座
◆搭載された「アダプティブ・ラーニング」エンジンが、1問1問の正誤情報を元に一人ひとりに最適化された出題をします
◆各Partに求められる力「学習ポイント」が設定されており、その理解度と得意・不得意分野が一目でわかります
◆タブレット・スマートフォン対応で、通勤・移動などのスキマ時間も有効活用できます
◆TOEIC模擬試験付き(本番の半分の分量×2回、本番形式×1回)

採用担当者の声 日本航空株式会社 様

訪日外国人の増加やグローバル化に伴い、客室乗務員にとっての英語力の向上は必須です。
そのため、社員個人の自発的英語学習に任せるだけでなく、社員研修の一環としても英語研修を行っています。

英語研修の講座としてAdaptie講座を採用するに至ったのは、
タブレット端末を使用していつでもどこでも勉強ができることが、変則的な勤務体系にマッチしているからです。

実際、受講した社員からは、
・時間や場所に捉われず、無理なく学ぶことができた。
・解説がわかりやすく、自分の弱点が明確になった。
・自らのレベルに合わせて講座の設問が変わるため、受講以前よりもTOEICの勉強に対するやる気と費やす時間が増えた。
など、取り組みやすかったという声を多く聞いています。
さらに、研修期間終了後のスコアにも成果が見られ、効果的な講座でした。

当社客室乗務員には、若手はTOEICスコア600以上、中堅以上には730点以上を求めています。
英語力維持のためにも継続的な学習は必須なので、
今後もAdaptie講座を活用し、継続的に英語研修を行っていく予定です。

このような法人様に特におすすめ

  • ある程度の英語力とTOEIC受験経験があるが、スコアが伸び悩んでいる社員の対策ををしたい。
  • 繁忙期の社員、移動時間が多い社員に配慮して、自主的にすきま時間などを使った効率のよい学習をさせたい

※ご採用事例 1

業界…サービス業
受講人数…約500名
対象・利用方法

  • 接客部門社員のうち、会社が求めるスコアに達していない社員および希望者
  • 受講生は個々のすきま時間などを使って学習をすすめる

※ご採用事例 2

業界…IT業界
受講人数…約100名
対象・利用方法

  • 新卒入社予定の内定者(希望者)
  • 団体管理画面で学習(ログイン)状況を定期的にチェックし、TOEICスコアの進捗とともに英語学習状況を把握

 

TOEIC®LISTENING AND READING テスト 100UPトレーニング

【100UPトレーニング】

◆100点刻みのスコア目標(400~800)ごとに、コースが設定されており、受講生の現在のレベル・目標スコアに応じてコースを選ぶことができます
◆テキストと動画講義で、各レベルに合わせたListening、Reading問題への取り組み方や身につけるべき文法・語彙を、カリキュラムに沿ってバランスよく学習します
◆オンライン上のマイページでは、章ごとの復習問題である「ミニテスト」や各テキストの理解度を測る「確認テスト」に取り組みます

このような法人様に特におすすめ

  • 社員の学習進捗状況を、しっかりとチェックしたい
  • 対象社員のTOEICスコア層が幅広く、個々のレベルに応じて選ばせたい

※ご採用事例 3

業界…公的機関
受講人数…約100名
対象・利用方法

  • 希望者をスコアによって初級・中級・上級に分け、初級は500点突破・中級は600点突破・上級は700点突破の各コース受講
  • 課題の提出期限と独自の修了要件を設定し、受講者の学習状況を定期的にチェック

※ご採用事例 4

業界…電子機器メーカー
受講人数…約50名
対象・利用方法

  • 職能要件で求めるスコア(600)に達していない管理職
  • 現在のスコアにより400点突破・500点突破のいずれかのコースを選び、3カ月間の講師派遣による研修を組み合わせて目標達成を図る

 

 

現場で使えるビジネス英語を身につけさせたい

このような法人様に特におすすめ

  • 実務で英語を使用することを前提として、すぐに現場で使える英語を身につけさせたい
  • 特にTOEICスコア600程度以上の方が、自信を持って英語を使いこなせるようにさせたい
  • 添削という第三者の目を通じて、現在のビジネス英語をブラッシュアップさせたい

実践ビジネス英語-伝える力を最大化するFunction16-

【実践ビジネス英語-伝える力を最大化するFunction16-】

◆「依頼する」「交渉する」「会議の議論を深める」など、16のFunction(機能)に基づき、実際のビジネスシーンで役立つ表現の型を学ぶことで、それぞれの場面で最適な表現が使える実践力を身につけます(カリキュラム(Function一覧)へ
◆Eメールやプレゼンテーションの台本などリアルなライティング課題が課され、添削指導を通して実際に活用する力を鍛えます
◆聞き取りと音読トレーニングを取り入れ、正確に聞き取る力・発信する力を伸ばします

 

英文ビジネスEメール

【英文ビジネスEメール】

◆英文ビジネスEメールの書き方の基礎から、「支払い」「契約」といった実際のビジネスシーンに役立つ、現場に即した表現を学びます
◆提出課題は、受講目的によって「場面設定」タイプと「自由」タイプから選択できます
◆「自由」タイプは、日本語添削と、ネイティブ添削者による英語添削から選択できます

 

 

わかりやすく伝わりやすい、ビジネス文書を書く力を養成したい

このような法人様に特におすすめ

  • 特定の場面や文書の形式・種類に関わらず、社会人として必要とされる文章の基本をしっかりに身につけさせたい
    (主に内定者や新入社員の部門配属前の研修・トレーニングの場で)
  • 従業員の文章力低下を危惧する声は多いが、社内で指導するには労力的負担が大きい・客観的な指導は難しい

仕事で生きる文章力 メール・報告書編

【仕事で生きる文章力 メール・報告書編】

◆文章作成の背後にある考え方を理解することで、文例を自分の力でアレンジして使いこなす実践力と、状況に合った言葉を選んで自分の意見を相手に伝える表現力を身につけます
◆カリキュラムに沿って考え方を学んだ後、提出課題の指示に沿って自身の力で文章を作成します

※ご採用事例 5

業界…IT(システム開発)
受講人数…約100名
対象・利用方法

  • 新入社員研修の一環として採用
  • 5回の提出課題の提出日を社内で設け、3カ月間で修了
  • 人事ご担当者様は団体管理画面を使い、提出状況と添削済みの答案を定期的に確認し、必要に応じて個別に指導を行う

 

仕事で生きる文章力 文章編

【仕事で生きる文章力 文章編】

◆テーマ設定の練習から始まり、他者との議論や独自性の提示へとステップアップします
◆各回とも簡単な練習問題で基礎知識を固めたのち、提出課題の指示に沿って、自身の力で文章を作成します
◆提出課題は、誤字・脱字や文体などへの指導はもちろん、文章をまとめる前のテーマのとらえ方や考察の深め方にまで踏み込んで添削します

 

 

ビジネスシーンでの活躍に必要な課題発見力や探求力を評価・養成したい

課題発見・解決能力テスト

【課題発見・解決能力テスト】

◆AI等の飛躍的な技術進歩など、変化が激しく予測の難しいこれからの時代、集団における活動の中でいかにパフォーマンスを発揮できるかが日々求められています。本テストは複数の立場・見解をもとに、より深く思考し、自ら主体的に意見・見解を構築していく能力を評価、養成するこれまでにない新しいアセスメントテストです。

このような法人様に特におすすめ

  • 「情報を活用し、課題を見極め、主体的に意見を構築する力」といった、今後より「人」に求められる資質を評価・養成したい
  • 切り捨てる採用試験から、組織に必要な人財・資質を見極める採用試験にシフトしたい

全体構成

最初に「解決すべき大きな問い・疑問」を提示。この問い・疑問を考えるにあたって参考になる資料の提示→他者の意見の収集→別の角度からの資料の提示という流れを経て、最終的に自身の結論を論述。

評価項目

論理的思考力を実社会でも活用できる指針となるよう、複合的な評価項目を設定。5つの観点、10項目の切り口で強み・弱みを評価。

課題を見極め、情報を収集する力 論点設定力/課題分析力/情報収集力
論理を構築する力 論理構築力/批判的考察力
意見を構築する力 創造的思考力/提案・提言力
多様な立場・意見を収集する力 多様性受容能力
基本的な言語運用能力 読解力/記述力

 

テーマ例

標準レベル ・メディアによる広告の違い
・食品ロス(食品廃棄)をどうしたら減らすことができるか
応用文系レベル ・コンビニエンスストアの24時間営業
・「LINE」は世界的には普及していないにもかかわらず、日本では多く使用されているのはなぜか
応用理系レベル ・3Dプリンターのような複製技術が私たちの生活をどのように変えるのか
・「少子高齢化社会」や「技術の進歩」が、「人が働くこと」に大きな影響を与えるのはなぜか
発展レベル ・イノベーションを生むにはどのような力が必要なのか

 

 

企業・法人様向けサービス

特別価格

ご受講人数や提供サービス内容に応じた特別価格でご提供いたします。

特別価格

学習管理画面

ご希望の場合には、受講生の成績データや利用状況などを、一覧でご覧いただける専用管理画面をご用意いたします。

学習管理画面

修了証発行

学習期間内に各講座の修了要件を満たした方がご希望の場合には、修了証を受け取ることができます。

修了証発行

TOEIC®団体価格

弊社を経由することで、TOEIC®LISTENING AND READING公開テストを団体価格でお申し込みいただけます。

TOEIC®団体価格

 

資料請求・無料体験/お見積書のご依頼/お問い合わせ

少しでもご関心のある講座がございましたら、資料請求や無料体験、お見積りのご依頼など、下記よりお気軽にお問い合わせください。通信講座を中心に、その他集合研修のアレンジやアセスメントなど、研修の目的やご要望を丁寧にお伺いしながら、貴社の採用教育研修環境のさらなる発展をサポートさせていただきます。

お問い合わせ

お問い合わせ

小学校~高校の先生・職員の方

【東京営業所】

03-5296-2830月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・祝日を除く)
Fax:03-5296-2842

【大阪営業所】

06-6195-8550月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・祝日を除く)
Fax:06-6195-8560

大学の先生・職員の方/法人の方

03-5289-7808月〜金 午前10:00〜午後6:00
(年末年始・祝日を除く)
Fax:03-5296-2842
Web:
≪大学の先生・職員の方≫
≪法人の方≫