よくある質問

ご受講に関する質問

  1. Q1.通信教育と教室の違いを教えてください。
    A.自学自習・添削課題をより手厚くフォローします。
    教室では、Z会グループの塾専用教材を用いて、授業および添削指導を行います。添削指導を授業担当講師が行うことで、正答率の低い問題を解説したり、個別に質問を受け付けたりといったより綿密なフォローアップが可能です。通塾回数は週1回からとなっていますが、授業のない日も、自習室や大学生チューターによる質問対応を利用することができます。自学自習や添削指導を重視する点は通信教育と同じですが、教室では対面という点を活かし、より一人ひとりと距離の近い指導を行っています。
  2. Q2.週1回からの通塾で大丈夫でしょうか。
    A.自学自習をサポートする体制を設けています。
    自学自習に取り組んでいただくことを前提にして、カリキュラムを組んでいます。自習用教材「計算日記」「漢字日記」は、授業テキストと連動したカリキュラムになっているので、知識の定着をスムーズにはかることができます。取り組み状況は毎週教室でチェックするので、やりっぱなしになってしまうこともありません。 授業がない日にも自習室をご利用いただけます。集中できる環境で勉強すると同時に、わからないところをチューターに質問することも可能です。自宅で質問したい場合、「manabo」をご利用いただくことで、わからない点をすぐに解決できます。 上記の自習サポート体制とプロ講師の授業・添削の相乗効果で、学習効果を高めていきます。
  3. Q3.テストの結果によって、入会できない場合もありますか。
    A.習熟度に合わせて、ご提案させていただきます。
    入会テストは国語・算数・理科の基礎学力を測るものです。その3教科(学年・受験校によっては2教科)の総合力と各教科の力を見させていただいております。とりわけ小6生の集団授業については、結果によりご受講をご遠慮いただくこともございます。一方で、季節講習は入会テスト不要で受講していただけますので、集団授業への合流を目指して、季節講習をご提案させていただく場合もございます。
    結果の如何に関わらず、これからの学習について、Z会スタッフからアドバイスをさせていただきます。現状を把握するために、まず「入会テスト」をご受験ください。

国公立中学校に関する質問

  1. Q1.国立のみを志望している場合、いつからどのような対策を始めればいいですか。
    A.出来るだけ早く対策を始めましょう。
    国立の入試問題は小学校の指導要領内とはいえ、実際には小学校の勉強だけでは対応できるものではありません。また、国立の入試は総じて入試日程が遅く、難関私立受験者の併願先となる場合が多いため、高倍率・高得点の争いになります。以上の理由により、ライバルとなる難関私立受験者と変わらない勉強の量と質が求められます。
  2. Q2.神戸大学附属中等教育学校を目指す場合は、何を受講すればよいですか。
    A.受験の基礎力をつけるため、難関国私立クラスをご受講ください。
    神戸大学附属特設は季節講習および小6の9月度からのスタートになりますが、受検勉強は早めに始めておくのが望ましいでしょう。「適性検査」という形式であっても、教科別の知識や計算力というのは必要になりますし、とりわけ神戸大学附属中等教育学校はそういった教科別の能力を問う面が多々見られます。
    適性検査に求められる読解力・記述力のベースを国語で養成し、他の中学受験生と差がつきやすい算数の対策を万全にしておきましょう。社会や理科は選択領域や他の受験校で必要になる教科に合わせてご受講ください。