2019年度 NEW TREASURE 研究会 のご案内

英語教育の不易流行 〜大学入試改革・学習指導要領の改訂をふまえて〜

●お申し込み(3会場共通)
締め切り:2019年8月13日(火)17:30 ※東京会場は定員に達しました
 Webで クリックして申込サイトへ移動します
 Faxで  申込書(PDF)をダウンロードしてお送りください 





●プログラム

京 都 8月17日(土)13:30〜



東 京 8月18日(日)13:00〜



名古屋 8月25日(日)13:00〜 




●2018年度 NEW TREASURE研究会 の概要
各会場の実施報告(PDF)をご覧いただけます。
東京会場
大阪会場

 


 京 都 会 場
2019年8月17日(土)
13:30〜17:30
 キャンパスプラザ京都 第4講義室(京都駅下車 徒歩5分)※アクセス
 定員:50名
 受付開始:13:00 
 お申し込みはこちらから
 13:30-14:30
採用校による活用事例のご紹介(1)
 Reasoningを重視したListening、Speaking指導について
■奈良学園登美ヶ丘中学校・高等学校 村山 翔大 先生
教員歴15年目であり、現任校は4年目です。NEW TREASUREのGrammar本文を用いたListeningとSpeakingの指導方法についてお話しいたします。「4技能」「ICT教育」といった昨今の英語教育界における潮流と、伝統的な文法重視型の英語指導との妥結点を模索してきました。old fashionな考え方の私が行ってきた試行錯誤が、少しでも皆様のお役に立つことができれば幸いです。
 14:35-15:35
採用校による活用事例のご紹介(2)
 大学受験とNEW TREASURE 〜元進路担当者の素人中学英語奮戦記〜
■洛星中学校・高等学校 子安 克実 先生
在職15年間のうち、進路主任7年、高3担当12年。ほぼ入試問題しか見てこなかった教師が、16年目に初めて中1担当(しかも担任)になりました。日々カルチャーショックを味わいながら、NEW TREASUREを片手に、いかに6年後に繋げるか試行錯誤しながら授業準備をする日々の体験を、大学入試問題に求められているものを如何にNEW TREASUREを使って獲得するかという考察を交えてお話しできればと思います。
 15:45-16:25
Z会編集担当より
 NEW TREASURE改訂で目指す、新時代に必要な英語力とは
英語の「4技能」がクローズアップされがちな今、Z会は4技能を真に支える「語彙」「文法」の指導法を改めて見直しています。それに合わせて、NEW TREASUREのよいところは踏襲しつつ、これまでのご要望や新しい変化に対応すべく、改訂を予定しています。今回は、デジタル教材を活用した新しいサービスや改訂内容についてご説明いたします。
 16:30-17:30
採用校による活用事例のご紹介(3)
文脈を楽しむSummarizing
■東山中学高等学校 森将哉先生
NEW TREASUREの本文およびreadを用いて行う要約の指導をご紹介いたします。英語の授業を通じて、ストーリーを楽しみ、言語に少しでも敏感になってもらえればという思いのもと、「言葉遊び」を目指した授業を行っております。Retellingへ繋ぐ現在の取り組みと合わせてお話させていただければ思います。
18:00- 懇親会(有料) ※参加費は3,000円(税込)です。







お申し込み(3会場共通)
締め切り:2019年8月13日(火)17:30
 Webで クリックして申込サイトへ移動します
 Faxで  申込書(PDF)をダウンロードしてお送りください 

 



会場アクセスキャンパスプラザ京都 

 


東 京 会 場
2019年8月18日(日)
13:00〜17:30
会場:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター ホール10A ※アクセス
定員:70名
受付開始:12:30
お申し込みはこちらから
13:05-13:55
採用校による活用事例のご紹介(1)
NEW TREASUREを活用した基礎英語力UPのための取り組み
〜アウトプット活動や大学入試につなげる土台作り〜
■安田学園中学校・高等学校 大西 洋平 先生
安田学園中学校・高等学校では、語彙や文法の習得、予習⇒授業⇒復習といった学習法の習得のような基礎英語力をしっかりと身につけることを重視した指導を行っています。その土台があってこそ、スピーキングやライティングといったアウトプット活動が成り立つという総意のもと、英語教育に取り組んでおります。実際の指導例をご紹介させていただきながら、結果につながる指導法を参加者の先生方と一緒に考えていきたいと思っております。
14:00-14:40
Z会編集担当より
NEW TREASURE改訂で目指す、新時代に必要な英語力とは
英語の「4技能」がクローズアップされがちな今、Z会は4技能を真に支える「語彙」「文法」の指導法を改めて見直しています。それに合わせて、NEW TREASUREのよいところは踏襲しつつ、これまでのご要望や新しい変化に対応すべく、改訂を予定しています。今回は、デジタル教材を活用した新しいサービスや改訂内容についてご説明いたします。
15:10-16:00
採用校による活用事例のご紹介(2)
理解しやすい授業を作る教具と指導法の組み合わせ
■開智未来中学・高等学校 宮下 元気 先生
「新出単語の導入→KeyPoints例文の解説と定着→Grammar英文の解説と定着→Readの読解と言語活動」という教科書1レッスン分の流れに沿って、デジタル教科書や自作ハンドアウトの活用法、これまでに授業で行った言語活動を紹介します。学習項目や学習者の学力に合わせて、最適な教具、指導法を上手に組み合わせることが、理解しやすい授業を作る上での必須条件であると考えます。あっと驚くような斬新な手法はありませんが、自分なりの授業づくりの工夫や、授業を通して得た気づきを共有させていただきたいと思います。
16:05-16:55
採用校による活用事例のご紹介(3)
ICTを用いた反転学習とNEW TREASURE文法問題集の活用
■三田国際学園中学校・高等学校 尹 龍貴 先生
校では、白板に向かって先生が文法を説明するといった従来の指導方法を使用せず、ICTを活用した反転授業を取り入れています。生徒が自宅で学習した内容を授業内においてNEW TREASURE文法問題集と結び付け、グループ活動などを通じてよりアクティブに文法を学んでいます。生徒自身が授業を通じて英語の学び方を学び、より自律的な学習者が育つ環境を作っていますので、その効用と課題について皆様と考えていきたいと思っております。
18:00- 懇親会(有料) ※参加費は3,000円(税込)です。





 

●お申し込み(3会場共通)
締め切り:2019年8月13日(火)17:30 ※東京会場は定員に達しました
 Webで クリックして申込サイトへ移動します
 Faxで  申込書(PDF)をダウンロードしてお送りください 





会場アクセスTKP東京駅セントラルカンファレンスセンター





 
名 古 屋 会 場
2019年8月25日(日)
13:00〜17:30
会場:TKP名古屋駅前カンファレンスセンター カンファレンスルーム6B ※アクセス
定員:30名
受付開始:12:30
お申し込みはこちらから
13:00-13:50
採用校による活用事例のご紹介
「伝統×革新」 〜洛南英語教育に見る、変わらないもの、変わるもの〜
■洛南高等学校附属中学校 遠藤 宗 先生
大学入試改革のため“だけ”に大幅な指導方法の変更をしない!これが洛南の英語科の考え方です。英語の本当の面白さ、深さを実感できるような授業になるよう日々試行錯誤しています。その中で見つかった失敗と成功を包み隠さずお話しさせていただきます。
14:00-15:00
参加校によるグループワーク(1)
ご参加いただいた先生方を少人数のグループ(指導されているStage別を想定)に分け、グループによる意見交換と発表を行います。まず、各校の指導理念や環境の違いなどを共有いただいたうえで、以下のようなテーマを中心に議論をすすめる予定です。 
  「NEW TREASUREの使い方と工夫について」 
  「指導と評価について」 
*ご参加の先生方のご意向で変更となる場合がございます。
*議論を深めるため、可能でしたら自作プリントや小テストなどをご持参ください。同じStageを指導されている他校の先生方との忌憚のないやり取りを通じて、次につながる授業改善のヒントをお持ち帰りいただきます。
 
15:30-16:10
Z会編集担当より
NEW TREASURE改訂で目指す、新時代に必要な英語力とは
英語の「4技能」がクローズアップされがちな今、Z会は4技能を真に支える「語彙」「文法」の指導法を改めて見直しています。それに合わせて、NEW TREASUREのよいところは踏襲しつつ、これまでのご要望や新しい変化に対応すべく、改訂を予定しています。今回は、デジタル教材を活用した新しいサービスや改訂内容についてご説明いたします。
16:20-17:20
参加校によるグループワーク(2)

引き続き、参加校によるグループワークを行います。
 
18:00-  懇親会(有料)  ※参加費は3,000円(税込)です。