TOEFL iBT® スピーキングセクションのポイント

スピーキングセクションは他セクションより取り組みやすい?

TOEFL iBT®テストの4つのセクションのうち、スピーキングを苦手と感じる方は少なくありません。
その理由には、

「経験がない」
「どんなことを問われるのかよく知らない」
「英語が口から出てこない」

といったことが多く聞かれます。
しかし、実はスピーキングセクションは、他のリーディング・リスニング・ライティングよりも取り組みやすいセクションなのです。

このページでは、実際に問題に解答しながらスピーキングセクションに取り組む2つのポイントをおさえます。

 

まず、実際の問題に触れてみましょう。

下の「動画を再生する」ボタンを押して、この動画を最初から28秒まで再生して、実際に考えてみてください。
(もちろん実際に話してみても構いません)

 

 

【ポイント1】テンプレートを使って「まったく話せない」状況から脱出できる

テーマは、
「1年のうちでどの季節が最も好きですか。説明には詳細と具体例を含めなさい。」
意外と日常的で、やさしいテーマも出題されることがわかります。

解答するにあたり、次のような構成とテンプレートを知っておきましょう。

■テンプレートに沿って内容の構成を考えてみましょう

たとえば、「夏が好き」という意見に基づいて、テンプレートに沿って解答を考えてみます。

❶ 意見:夏が好き
❷ 理由1:暑いから
❸ サポート例:海で泳ぐことができる。
❹ 理由2:長期の休みがあるから
❺ サポート例:アルバイトができる。お金を稼いだらパソコンを買うことができる

 

■英語でスピーチ原稿を作ってみましょう

このテンプレートを元に、英語のスピーチ原稿を作ってみましょう。

ここでは、わかりやすくするために穴埋めの文章にしてあります。

❶ 主張:Of all the seasons, I like ________ best because of these reasons below.
❷ 理由1:The primary reason is ______________________ .
❸ サポート例 __________________________________________
❹ 理由2:Another reason is ______________________ .
❺ サポート例 __________________________________________

 

■もう一度、動画に沿って自分で作った解答を話してみましょう

最後に動画で取り組み方を確認しておきましょう。

     

    【ポイント2】スピーキングはあいた時間で少しずつ学習を進められる

    ここで、スピーキングセクションの解答時間に着目してみます。

    スピーキングセクションの Task 1 は準備時間15秒、解答時間45秒。
    スピーキングセクション全体でも試験時間は約20分間です。
    1問1問の問題は短いので、すきま時間で気軽に少しずつ学習を進めることができるのです。
    この点で、いざ対策をするとなると腰をすえて学習時間を捻出しなければならない他のリーディング・リスニング・ライティング各セクションに比べて、スピーキングは対策にとりかかるハードルが低いセクションであるといえるでしょう。

    テンプレートを元にしてスピーチ原稿を作ることに慣れてきたら、あとは実際に話し、そしてフィードバックをもらうことが大切です。
    人に聞いてもらうことができればベストですが、もしも機会がなかなか作れなければ、自分の解答を録音して聞いてみることも有効です。

     

    【まとめ】TOEFL iBT® スピーキングセクションのポイント

    【ポイント1】テンプレートを使って「まったく話せない」状態から脱出できる

    テンプレートを用いることで、格段に話しやすくなります。
    声に出して話してみること。スピーキング対策はここがスタート地点です。

     

    【ポイント2】あいた時間で少しずつ学習を進められる

    リーディング・リスニング・ライティング各セクションに比べて、スピーキングは1問1問にかかる時間が短く、
    スキマ時間にでも対策ができます。

    以上の2点を踏まえて取り組めば、スピーキングセクションは必ずしもハードルの高いものではありません。
    恐れずにどんどん声に出して話して、学習に取り組んでみてください。

    添削見本

     

     

    TOEFLスピーキング対策 参考書

    TOEFL iBT® TEST スピーキングのエッセンス

    TOEFL iBTテストのスピーキングセクションのスコアを伸ばしたいけれど、これまでにしてきた問題演習の効果が感じられないという方や、どう対策すればよいのかわからないという方におすすめの分野別対策書籍です。
    高得点者が自然と頭の中で行っている、発想/情報整理→発信のプロセスを集約した「論理マップ」で、Critical Thinkingの基本姿勢を身につけ、スコアアップにつながる論理力を鍛えます。

    テーマ別英単語 ACADEMIC [初級]

    平易な英語を使ったノーベル賞受賞者ユヌス氏の講演からスタート。誰でも知りたいナポレオン・ヒルの成功法則も詳しく紹介。キング牧師の演説が臨場感あふれる生音声で味わえる。
    「アインシュタインは原爆製造に加担したのか?」、「アスペルガー症候群とは?」、「マザーテレサは聖人?」など、充実の背景知識で理解が深まる。専門用語も無理なく覚えられる。

     

    TOEIC and TOEFL are registered trademarks of Educational Testing Service(ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.

    お問い合わせ

    お電話でのお問い合わせ
    年末年始の営業日についてはこちらをご確認ください。

    講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

    【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

    0120-919-996
    月〜金 午前9:00〜午後5:30
    (年末年始を除く、祝日も受付)

    インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

    【Z会テクニカルサポートセンター】

    0120-636-322
    月〜土 午前10:00〜午後8:00
    (年末年始を除く、祝日も受付)

    メールでのお問い合わせ

    講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
    お問い合わせフォームをご利用ください。