英語4技能講座-“自立した学習者”の背中を押す。Asteriaの「AccessPoint」

学習者の意欲・課題意識により、主体的に学びをデザインすることができるAsteria。
しかし「自立する力」が養われていく過程では、いろいろな困難が待ち受けているかもしれません。
その時こそ、受講生とAsteriaで築き上げる“パートナーシップ”が大きな役割を果たしていきます。

 

 

Access Point 1

初期カウンセリング

入会直後に、学習の進め方などのアドバイスを受講生にメールでお送りしています。

 

Access Point 2

カウンセリング

Z会が受講生に対しメールにて学習上お困りの点がないかなどを確認させていただきます。
学習の進め方や計画の立て方などについて、Z会Asteriaスタッフに相談することもできます。

 

Asteria通信

Z会Asteria事務局からAsteria受講生に送られるWeb通信では、Asteriaの有効な使い方や、ためになるお知らせ、そして勉強の合間にちょっと一息ついていただける内容などをお届けしています。

 

質問回答

Asteriaアプリ内には、学習中に自由に画面を呼び出して書き込むことができる、「ノート」機能があります。その「ノート」機能を使って、自由にZ会Asteriaの学習に関する質問をしていただくことができます。質問への回答は、Z会確認後3営業日以内に閲覧可能となります。

 

Access Point 3

オンラインイベント

オンラインで受講生の皆様に役立つ情報提供イベントを行います。ご自宅からご参加いただけます。これまで、「長期休みの過ごし方」「テストの点数アップのコツ」「参加者みんなで同時に問題を解く」など、さまざまな企画を行ってきました。いつもはひとりで学習を進めている方も、仲間の存在を感じていただくことができます。

 

アセスメント(診断テスト)

『LIPHARE』は、これからの時代に求められる新しい学力=「資質・能力」を測定・評価するアセスメントです。小学生〜大学生・社会人までを対象としたCBT(ComputerBasedTesting)で、時間・場所を選ばず気軽に受験できます。

【英語CAN-DOテスト】(無料)

英語4技能講座の受講生は、新学習指導要領や2021年度からの新大学入試で大きな役割を果たすCEFRレベルで、“使える英語力”を測定する試験を受験することができます。
■日常生活や学校などにおいて、実際に遭遇しうる言語場面に基づいた問題に取り組みながら「使える英語力」を測れます。
■英語力の総合評価、各技能の評価がCEFR-Jレベルで判定され、技能ごとにどのように学習を進めればよいかが客観的にわかります。
■受験結果に基づいて、Z会Asteria英語4技能講座の各技能の学習レベルが変更されるため、効果的に学習を進めることができます。

英語CAN-DOテストの問題例

    お問い合わせ

     

    2020年度 Asteriaの2020年度Asteriaの受講を申し込む

     

    ※総合探究講座は、お申し込みの人数が定員に達しました。すでにご受講されている会員のサービス維持のため、新規のお申し込みを締め切らせていただきます。

     

    2021年度Asteriaのお申し込みは 2021年2月1日(月)より承ります。Webサイトよりお申し込みください。

    Z会ではコース体系の見直しを行い、現在の Asteria をリニューアルすることになりました。リニューアル後の「Asteria」は、今までは iPad のみでの受講でしたがZ会専用タブレットでの受講も可能となり、価格もよりお求めやすくなりました。