Z会プログラミング講座 with LEGO® Education

新規受講のお申し込みはこちら

 

そのよろこびが、学びのスイッチになります

家電やスマートフォンなど、私たちは日常的に、さまざまな形でコンピュータを使っています。この流れは今後ますます加速していくでしょう。

こうした科学技術を活用・創造する力を養うため、世界ではSTEAM教育が広がりつつあり、日本でも2020年より小学校での「プログラミング教育」が必修化されます。
小学校のプログラミング教育で重視されるのは、プログラミングスキルではなく、物事を論理的に考え、技術をうまく使って課題を解決することです。

本講座ではレゴ®ブロックを用い、ロボットを組み立て、課題解決のための必要な動きをプログラミングで実現します。
楽しみながら教材に取り組むうちに、お子さまの課題解決力が自然に伸びていきます。

将来「答えの見えない問題」に直面したときにも、恐れず立ち向かい、解決できる人になってほしい。それが私たちの願いです。

※STEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の5つのことばの頭文字をとったもの。

 <受講者の声>
集中力やあきらめない心 大好きなレゴ®を使った教材で身についてきました

東京都 小学4年生 村川颯馬さまの保護者さま

受講のきっかけ

3年生になり、サッカー、ピアノのほかに何か習い事をと思い、前から気になっていたプログラミングを中心に検討を始めました。ネットで検索すると、Z会にプログラミング講座があることを発見!しかも大好きなレゴ®ブロックを教材としていて、お月謝も予算内、子どももやる気満々だったので、すぐ申し込みました。

どう取り組んだ?

最初の3ヶ月は親も一緒にやっていましたが、今では、わからないところをサポートしながら1ヶ月に2日ほど、時間が取れる日曜日に集中して取り組んでいます。できたロボットを動かす時には家族みんなで楽しみます。するといろいろなアイディアが出てくるので、改良して仕上げていきます。

受講してここが良かった!

まずは、「プログラミングとは何か」という事を知っている、という自信がついたことです。これから小学校の授業で必修となるので、その時に自信を持って楽しくできるのではないかな、と思います。
2つめはチャレンジする心です。できあがったロボットが思った通りに動いてくれなくても、最後まであきらめずに試行錯誤を繰り返して完成に近づけています。
3つめは集中力です。休みの日、朝からプログラミングに1日中取り組んでいる子どもの様子を見ると、集中力をつけるためには、やはり自分が興味があること、楽しいことに取り組むのが1番だなと実感しています。Z会のプログラミング講座を「やってよかった! 成功!」と嬉しくなります。

おトクなキャンペーン中!

新規受講のお申し込みはこちら
新規受講のお申し込みはこちら

  Z会プログラミング講座 with LEGO® Educationのご受講には、タブレットまたはパソコンが必要です。対応機種についてはこちら


「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」の資料をご自宅にお届けします!
ご希望の方は下記よりお申し込みください(無料)。

 

基礎編・標準編両方の資料をお届けします。ぜひご請求ください。
「発展編」2020年7月末日終了に伴い、発展編の資料のお届けはございません。(2020年3月6日更新)

*お申し込みはすべてWeb上で承っております。
*配達可能地域は日本国内に限らせていただいております。海外住所への発送は承っておりません。
▼Web上でのお申し込み方法、Z会プログラミング講座 with LEGO® Educationの対応端末・推奨環境、ログインやアプリに関するお問い合わせはこちら
Z会テクニカルサポートセンター
通話料無料・フリーダイヤル
0120-636-322
※月曜~土曜 10:00~20:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
▼Z会プログラミング講座 with LEGO® Educationのご受講・講座内容に関するお問い合わせはこちら
Z会プログラミング事務局
通話料無料・フリーダイヤル
0120-83-0022
※月曜~土曜 10:00~12:00、13:00~18:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
お問い合わせフォームはこちら
*お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。
*上記のお問い合わせ先は、Z会幼児・小学生コースお客様センターとは異なります。
*曜日・時間帯によってお電話がつながりにくい場合があります。

▼その他のZ会プログラミング講座

Z会では、ご自宅用通信教育講座として「Z会プログラミング講座 with Scratch」もリリースしています。

iPhone、iPad、iPod touch、Safari は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
iOS、iPadOS は、Apple Inc.のOS名称です。IOSは、Cisco Systems,Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

Produced by Zoshinkai Holdings Inc. under license from the LEGO Group.
LEGO, the LEGO logo, the SPIKE logo and MINDSTORMS are trademarks of the LEGO Group.
(C)2019 The LEGO Group.

https://scratch.mit.edu
Scratch はMITメディアラボの Lifelong Kindergarten グループによって開発されました。詳しくはWebサイトをご覧ください。
Scratchの名称、Scratchのロゴ、Scratch Cat、Gobo、Pico、Nano、Giga、Tera はScratch チームの商標です。
MITの名称とロゴは、マサチューセッツ工科大学の商標です。
本サイトでは、®および™を明記しておりません。