毎月のミッション

テーマに合わせて作る自分だけの作品(ロボット・プログラム)を投稿し、
受講者と共有します。

「毎月のミッション」では、お子さまの自由なアイデアをを形にするお題を用意しています。ほかの受講生の作品をWEBサイトで見ることもでき、お子さまのアイデアがより大きく広がります。優秀作品はWEBでご紹介するので、やる気もアップ!

ミッションは3つの中から、
自由に選べます

与えられた課題をクリアする

自由なテーマで発想力を試す

学んだことを表現する

過去のミッション(例)と
受講者の方の投稿作品

「カギのしくみ」を作ろう

「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」のキットを使いましょう。

ロボットの動きとプログラムがよくわかるように撮影してください。

受講者の作品例

投稿者:ユキダルマの勇者

鍵のところに、手動でこじ開けられるように仕組みをつけました。(ハブが電池切れの時に役に立ちます。)これは、安全な金庫の改良型です。

Z会からの講評例

かなり本格的な「カギの仕組み」を考えてくました。プログラムも本格的。カギがかかった状態、開いた状態、入力している数字が表示されるようになっています。手動でこじ開けるには、黄色のビーム操作するのでしょうか。すばらしい。よく考えられたモデルとプログラムです。

「年末年始」を表現してみよう!

「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!

受講者の作品例

投稿者:ひーた

お餅つきを表現しました。お餅をつく音と動きを合わせる様に工夫したのと、お餅つきの順番待ちの人にソーシャルディスダンシングをお願いしました。

Z会からの講評例

ひーたさんは餅つきの様子を表現してくれました。餅つきを年末にやる家、新年明けてからやる家がありますね。このご時世で餅つき中止! という家もあったかもしれません。せめて、レゴ®ブロックの世界では……!

学んだことをせつめいしよう!

作品の写真や動画とともに、「今回こんなことを学んだよ!」ということを説明してみよう。

受講者の作品例

投稿者:Zaihou

ぼくは花粉症なので、花粉が多く飛ぶか調べるプログラムをつくりました。
今日と明日の天気を比べ、花粉が飛ぶかおおよその量を表示します。
天気によって花粉情報カウントを変えたり、カウントの値で◎、○などを表示したりできるように工夫しました。

Z会からの講評例

Zaihouさんは標準編vol.12の作品。季節感のあるプログラムですね。「花粉情報」。 天気によってとありますが、そのあたりをもう少し説明してくれるとよかったかもしれません(晴れが続くと花粉が多い、でしょうか)。とはいうものの、ただ「天気」を表示するだけではなく、「天気」から得られる情報を自分なりに分析して別の情報として出すという、まさに「情報処理」を行っているすばらしい作品です。

「毎月のミッション」は技術的に優れている作品を評価するだけではありません。求められているのは、アイディアと、アイディアを形にしようとする工夫です。あなたのオリジナリティあふれる作品をお待ちしております!
ご入会後、お気軽にご参加ください!!

Apple、Apple のロゴ、Mac OS、iPad、Safari は、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。

Produced by Zoshinkai Holdings Inc. under license from the LEGO Group.
LEGO, the LEGO logo, the Minifigure and the SPIKE logo are trademarks of the LEGO Group. Used with permission. ©2022 The LEGO Group.