講座の特長・学習の流れ

MV
MV

「SPIKE™ベーシック編」「標準編」とも、
Z会の学習ノウハウとレゴ®ブロックを融合。
工学的な視点をふまえたプログラミングの力を身につけます。


学びやすい教材

スモールステップで進むから、
理解しやすい。

小学生がプログラミング学習においてつまずきやすいポイントを分析し、テキストに書き込んで要点を確認しながら、次に進めるような教材構成にしています。段階的に理解できるので、お子さまのつまずきを未然に防ぎ、モチベーションを維持します。

スモールステップで進むから、理解しやすい。

オリジナルキャラクターが
お子さまの学習をフォロー。

学習を進めていく中で手が止まりそうなところでは、オリジナルキャラクターがヒントを提示します。また、見落としがちな着眼点や「もっとこうしたらいいよ」といった改善・改良のアドバイスも盛り込んでいるので、ひとつ上の理解につながります。

オリジナルキャラクターがお子さまの学習をフォロー。

「つくって終わり」
にしない学習システム

学習の流れ

手を動かしてモデルを組み立て、実際にプログラムをつくり、試行錯誤する過程が大切です。『ワークブック』ではこの流れを重視しています。

1.組み立てる

まずはレゴ®ブロックでロボットを組み立てよう!

1.組み立てる

2.動かす

『ワークブック』を見ながらプログラミング。ロボットを動かしてみよう!

2.動かす

3.工夫する

『ワークブック』に沿って工夫して、ロボットの動きを発展させよう!

3.工夫する

4.「Challenge!!」にトライ

「Challenge!!」で理解を確認しよう!

4.「Challenge!!」にトライ

「Challenge!!」で振り返り

毎月2回の学習テーマごとに、ドリル形式の「Challenge!!」で学習内容を振り返ります。振り返りを行うことで、あいまいなまま先に進むことがなく、知識をしっかりと定着させます。

「Challenge!!」で振り返り「Challenge!!」で振り返り

「毎月のミッション」で応用力も

「毎月のミッション」では、お子さまの自由なアイデアを形にするお題を用意しています。他の受講生の作品をWebサイトで見ることもでき、お子さまのアイデアがより大きく広がります。

「毎月のミッション」で応用力も

毎月のミッションについて詳しく矢印

いつでもできる
 夢中になれる

好きなときにできる!

カリキュラムは、全12回構成。毎月、その月に取り組む教材を、ご自宅にお届けします。学習テーマは毎月2つ。1テーマ90〜150分の学習なので、習いごとで忙しいお子さまでも好きな時間に取り組めます。

1カ月に2テーマ+ミッション

1つめのテーマに取り組む

90~150

「Challenge!!」で振り返り

2つめのテーマに取り組む

90~150

「Challenge!!」で振り返り

「毎月のミッション」で力試し

好きなだけできる!

教室と違い、時間制限がないので、お子さまが好きなだけ思う存分取り組むことができます。夢中になって取り組む経験が、お子さまの「もっとやりたい!」という気持ちをかきたてます。

好きなだけできる!好きなだけできる!

みんないつやってるの?

週末または時間のあるときにまとめて

まとまった時間の取れるときに、組み立てから「Challenge!!」まで取り組むお子さまが多いようです。1つのテーマを集中して学ぶことができます。

平日にコツコツロボットを組み立て、プログラミングは週末におうちの方と

1つのテーマは4~5つの細かいステップに分かれているので、時間のあるときにコツコツ取り組むこともできます。

講座案内はこちらから

Apple、Apple のロゴ、Mac OS、iPad、Safari は、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。

Produced by Zoshinkai Holdings Inc. under license from the LEGO Group.LEGO, the LEGO logo, the Minifigure and the SPIKE logo are trademarks of the LEGO Group. Used with permission. ©2022 The LEGO Group.