【発展編】3-b チアリーディング

Q1. ☆問題☆

今回は、大きいハートと小さいハートを交互(こうご)に表示させるプログラムを作ったよね。「ドキドキする」スピードを速(はや)くするためには、どうすればいいのだろうか。次の中からふさわしいものを選んでね。

  • ○ そのような方法はない
  • ○ 待機ブロックで待機する時間を長くする
  • ○ 待機ブロックで待機する時間を短くする
  • ○ たくさんの表示ブロックを使う

正解

  • そのような方法はない
  • 待機ブロックで待機する時間を長くする
  • 待機ブロックで待機する時間を短くする
  • たくさんの表示ブロックを使う

こう考えよう

待機ブロックで待つ時間は、「次のハートを表示するまでの時間」だよね。だから、ここが短ければ短いほど、速くドキドキすることになるよ

Q2. ☆問題☆

次のプログラムを実行すると、大きいハートと小さいハートを交互(こうご)に表示して「 ドキドキ」してくれるよ。何回ドキドキしてくれるかな。

image-1
  • ○ 1回
  • ○ 2回
  • ○ 8回
  • ○ 止めるまで続く

正解

  • 1回
  • 2回
  • 8回
  • 止めるまで続く

こう考えよう

∞は「無限大」で、ここでは、「ずっと」の意味だったよね。だから、プログラムを止めないと、いつまでもドキドキし続けるよ。

Q3. ☆問題☆

ループブロックでは、くり返す回数を決めることができたよね。それでは、次のようにしてプログラムを作ったら、どのような動きをするか、次からふさわしいものを選んでね。実際に試してから答えてくれてもいいよ。

image-2
  • ○ 5秒間くり返す
  • ○ 5時間くり返す
  • ○ 5回くり返す
  • ○ 5ブロックだけくり返す

正解

  • 5秒間くり返す
  • 5時間くり返す
  • 5回くり返す
  • 5ブロックだけくり返す

こう考えよう

見てわかったかな。だいたい5秒間くり返すよ。このほかにも、ループブロックでは「センサーの値が○○になるまでくり返す」ということもできるんだ。これから先のワークブックでは、そのような使い方もするよ。