【発展編】5-a ボウリング

Q1. ☆問題☆

超音波センサーで測るきょりは、「cm」ではなく「インチ」を使って測ることもできるよ。
(「ハードウェア ページ」で、きょりを表示しているところをタップすると、単位を切り替えることができるよ。)

インチというのは、アメリカ合衆国などで使っている長さの単位なんだ。

 

1メートルは、およそ何インチにあたるかな?

  • およそ25インチ
  • およそ30インチ
  • およそ39インチ

正解

  • およそ25インチ
  • およそ30インチ
  • およそ39インチ

解説

これを調べるためには、たとえば、かべなどまでのきょりが100cmになるようにロボットを置いて、それから単位を
「インチ」に切り替えればいいよ。

そうすると、およそ39インチになるはず。

Q2. ☆問題☆

見本のプログラムと同じはたらきをするプログラムはどれかな。

image-1

正解

解説

問題のプログラムは、どれもきょりを「40cm」と比べてスイッチブロックを使っているね。

だから、

①「きょりが 40cm よりも近いとき(たとえば、30cm のとき)」
②「きょりがちょうど 40cm のとき」
③「きょりが 40cm よりも遠いとき(たとえば、50cm のとき)」

という3つのパターンについて、どんなはたらきをするのか考えてみよう。

すると、見本のプログラムでは

①「きょりが 40cm よりも近いとき」 → 音を鳴らす
②「きょりがちょうど 40cm のとき」 → 何もしない
③「きょりが 40cm よりも遠いとき」 → 何もしない

だね。問題のプログラムの中から、これと同じはたらきをするものを探せばいいんだ。

それは、プログラム Aだよ。

Q3. ☆問題☆

次のプログラムを実行したときのロボットのようすについて、正しく説明している文章はどれだろう?

image-5

次のうち、正しい説明はどれかな。

  • ロボットは、目の前の障害物とのきょりが10cmになるまで前に進む。
  • 目の前5cmのところにかべがある場所でスタートすると、ロボットは何も動かない。
  • ロボットは必ずバックする。
  • まわりのようすによっては、ロボットがものにぶつかってしまうこともある。

正解

  • ロボットは、目の前の障害物とのきょりが10cmになるまで前に進む。
  • 目の前5cmのところにかべがある場所でスタートすると、ロボットは何も動かない。
  • ロボットは必ずバックする。
  • まわりのようすによっては、ロボットがものにぶつかってしまうこともある。

解説

先ほどのプログラムは、次のようなはたらきをするものです。

①目の前の障害物とのきょりが10cmよりも遠ければ、1秒間前に進む。
②そして、目の前の障害物とのきょりが10cmよりも近ければ、1秒間バックする。

問題にあった説明が合っているか、ひとつひとつ調べてみましょう。

「ロボットは、目の前の障害物とのきょりが10cmになるまで前に進む。」
これはちがいます。ロボットを前に進めるのは①ですが、「10cmになるまで進む」のではなく、「1秒間進む」となっています。

「目の前5cmにかべがある場所でスタートすると、ロボットは何も動かない。」
これもちがいます。①では何もしませんが、②ではバックします。

「ロボットは必ずバックする。」
これもちがいます。まわりに障害物がまったくないような場所で実行すれば、ロボットはバックしません。

「まわりのようすによっては、ロボットがものにぶつかってしまうこともある。」
これはその通りです。たとえば、ロボットのすぐ前とすぐ後ろにものがあるときは、バックしてぶつかってしまいますね。