添削指導で学んだことを試験当日に生かせたことが合格につながりました。

【合格】
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 教育科学専攻(2019 春)

S.Oさん

東京理科大学 理学部第一部数学科 卒業見込み

「基礎からの大学院英語」を受講(2018.2〜)

添削がとても丁寧で、また自分の疑問点などを質問できて解決できるので選びました。

大学は理学部数学科で数学を学んでいましたが、あるとき教育学を研究したいと思うようになり、大学院の教育研究科を目指しました。

自分のやりたい研究ができる大学が文系の教育学部を併設する大学であり、試験も英語・専門科目・面接でした。特に英語は大学2年以来ほとんど触れておらず、英単語や英文法もかなり忘れていました。多くの教育学研究科の大学院の試験では洋書の一部分を全訳する問題が出題されます。しかし、英単語や英文法など基礎を忘れている自分にとっては高校レベルも補って、かつ英文解釈の力をつけなければいけませんでした。

特に英文解釈は、自分の間違っている癖や和訳力を自分で気づきにくく、独学では直しづらいと思い、「基礎からの大学院英語」を受講しました。Z会は高校生のころ受講しており、添削がとても丁寧で、自分の疑問点などを質問できて解決できるので選びました。

英文解釈や和訳の添削指導でたくさんのことを学びました。


単語力は壊滅的で、1単語につき1つの意味しか知らないといった現実を踏まえ、高校レベルの英単語集(速読英単語必修編)を一気にやり直して復習しました。その次に大学院に必要な英単語集で毎日同じ1500単語を繰り返して単語を覚えたところで、Z会のテキストの例題を解いて文法や英文構造を学びました。

英文解釈では1つの英単語につき適する訳語を選ぶことが必要で、添削の際に「こう訳したほうがいい」など自分では気づけなかったことを学びました。さらに、和訳から英文構造を指摘していただき、なぜこのような英文構造になるのか添削を通じて学ぶことができました。

大学3年の冬から受講しましたが、自由な時間はかなりありました。ただ、一人暮らしだとどうしても家で怠けてしまうので、大学の図書館や近所の図書館で勉強しました。教育学や人文系の院試は理系学部よりも遅く、周りで就職が決まったり、理系大学院に合格したりする中、自分はまだ院試が終わらないことで、時にはつらくなり孤独を感じることが多かったのですが、めげずに続けて良かったと思います。

面と向かって英語に触れて、もっと勉強しないと!と思うようになりました。

試験直前期は今までやってきたことを復習しました。英単語は毎日1500単語のルーティンを試験当日まで続け、英文解釈は自分の解いてきた英文を見て、間違えた語句や文法を見直しました。

試験当日は、英語からで、初めから自分の知らない英単語が出てきましたが、焦らずに英文構造をとらえて何とか訳すことはできたと思います。試験を終えてみると、一応すべて訳せたかなというできでした。自分の知らなかった用法や和訳の仕方などは自分一人では学習できなかったことです。受講したことで試験当日にも生かすことができたことが合格につながったと思います。

英語は高校から触れてないに等しいくらいでしたが、こうやって面と向かった英語に触れて、もっと勉強しないと!っと思うようになりました。特に海外の学会や論文、洋書をこれからも読んで学んでいくため、英語は必須です。英語という科目を学ぶから英語で(専門を)学べるよう、これからも学んでいきたいと思います。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)