2019年度 大学院
24/28

22Z会で学んでここがよかった英文解釈は自分の間違っている癖や和訳力を自分で気づきにくく、独学では直しづらいと思い、Z会の講座を受講。英文解釈では1つの英単語につき適する訳語を選ぶことが必要で、添削の際に「こう訳したほうがいい」など自分では気づけなかったことを学びました。さらに、和訳から英文構造を指摘していただき、なぜこのような英文構造になるのか添削を通じて学ぶことができました。試験当日は、初めから自分の知らない英単語が出てきましたが、焦らずに英文構造をとらえて何とか訳すことはできました。受講したことで試験当日にも生かすことができたことが合格につな がったと思います。英文解釈や和訳の添削指導でたくさんのことを学びました。名古屋大学大学院教育発達科学研究科(2019年入学)【受講講座】基礎からの大学院英語S.Oさん合格具体的な学習方法としては、添削答案提出後、返却された添削内容や指摘を2、3週間かけて自分で再調査したりして振り返りました。この過程で、気づかなかった新しい発見や勉強すべきポイントが絞られたことで、非常にためになったと感じます。 計画書の中で具体的な調査指標を示すことや、端的に研究目的を説明すること、また、なぜその研究を進めたいかの部分について客観的に指摘していただき、専門家が読む時の注意点に沿ったわかりやすい研究計画書にすることができたと思います。添削指導を振り返ることで、気づかなかったことを発見できました。筑波大学大学院生涯発達専攻(2019年入学)【受講講座】臨床心理士志望理由書・臨床心理士研究計画書haradaさん合格ひと通り研究計画書ができたところでZ会に提出し、戻ってきた添削結果を踏まえて、その都度修正を行いました。自分では気づかなかった間違いの指摘、研究計画書の書き方や参考資料に関するアドバイス、意図していることをどう文章化すればよいかの提案等の添削内容に加えて、モヤモヤすることや思うように書けなかったことを研究計画書提出フォームの感想欄に記入すると、一つひとつ丁寧に答えてくれたので、助かりました。実際の面接は研究計画書をベースに行いますが、たくさんの知識もつけながらしっかりと作成したことで、どんな質問がきても自分の言葉で答えることができました。自分の力で研究計画書を完成させたため、面接も自分の言葉で答えられた。【受講講座】大学院志望理由書・社会科学系研究計画書くまのプーさんさん慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科(2018年入学)合格2019年度合格実績※「大学院入試講座」「臨床心理士指定大学院講座(現 心理系大学院講座)」を受講し、2019年入学の合格報告をいただいた大学院の一部を掲載。その他はキャリアアップコースWebサイトにてご確認ください。大阪大学大学院、岡山大学大学院、京都大学大学院、九州大学大学院、神戸大学大学院、埼玉県立大学大学院、筑波大学大学院、東京大学大学院、東北大学大学院、名古屋大学大学院、名古屋市立大学大学院、一橋大学大学院、横浜市立大学大学院学習院大学大学院、慶應義塾大学大学院、東京理科大学大学院、同志社大学大学院、日本女子大学大学院、 法政大学大学院、立命館大学大学院、早稲田大学大学院[国公立][私立]

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る